成長痛とはどんな痛みなのか?男子と女子どちらが起こりやすい?

スポンサーリンク

 

赤ちゃんは、幼児期や思春期などの過程を経て徐々に成長していき大人になっていきます。
その時、成長する過程で成長痛というのが起こります。

その成長痛とはどんな痛みなのでしょうか?

また、その成長痛は男子と女子どちらが起こりやすいのでしょう。
ここでは、子供の成長や成長する際起こる成長痛について詳しくご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

成長とはどんな痛み?

成長痛とはどんな痛み?

成長という言葉は、人間だけでなく植物・経済などいろいろなことで使われることが多い言葉です。
特に人間は赤ちゃんから大人へとさまざまなことも学びながら大きくなっていきます。

ここでは、成長とはいったいどんなことなのか知っていきましょう。

子供は、いつまでも赤ちゃんのままでいるわけではなく、さまざまな成長過程を過ぎ大人になっていきます。

子供の成長過程で、身長や体重の成長ももちろんですが、さまざまなことを見たり聞いたりして脳も発達させていきます。

子供の成長とは、特に「身長が伸びること」や「体重が増える」ことを言います。

身長が伸びたり、体重が増える時期は3つあります。

①乳児期

3ae40f53dd72a4e388fe55ad5f12ed43_s

0~4歳くらいまでの時期を言い、最も身長を伸びたり体重が増えたりする時期です。

この時期は、成長ホルモンで身長などが伸びるわけではなく、食事の量によって身長や体重が増えるのが特徴です。

②小児期

6f4c5819fa71e096299b7212ed371ce8_s

4~9歳くらいまでの時期を言い、乳児期よりも身長が伸びたり体重が増えたりするのが緩やかです。

この時期から成長ホルモンが出始めるので、成長ホルモンの量によって身長の伸びや体重が増えに影響を与えます。

③思春期

732808557ea3ed0cca827279f3613f79_s

思春期は男子・女子で始まる時期が違います。
男子は11歳前後から始まり、女子は9歳前後から始まります。

この思春期は、身長や体重が急激に成長していきますが、思春期が終わるとともに身長の伸びは止まり、大人の体になっていきます。

 

この3つの時期で、特に身長が急に伸びたりするときに良く言われる「成長期」とは、思春期のことです。

この思春期の成長ピークは2年から3年程度あり、その時期に男子は1年で10㎝程度身長が伸び、女子は1年で8㎝程度身長が伸びます。

この成長が激しい2~3年程度を「成長期」といいます。



スポンサーリンク


成長痛は男子と女子どちらが起こりやすい?

成長痛は男子と女子どちらが起こりやすい?

成長とはどんなことなのか分かっていただけましたか?

この成長する時期に、ケガなどをしていないのに子供から痛みなどを訴えられることがあります。
その成長期に訴えられる痛みのことを「成長痛」といいます。

この成長痛は、成長期の子供なら誰にでもあることですが、男子と女子どちらが起こりやすいのか気になりますよね。

ここでは、成長痛が起こりやすいのは男子なのか、それとも女子なのか見ていきましょう。

 

まず、成長痛がどちらに起きやすいか知る前に成長痛について知っておきましょう。

一般的に成長痛とよく言われますが、このような病名はありません。
正式名称は「骨端症(こったんしょう)」といいます。

骨は成長する際、骨が伸びるために必要な細胞が詰まっている骨の端から成長していきます。

身長が伸びる際、その骨の端にストレスが加わり痛みを引き起こします。
特に痛みを感じやすいのは関節付近です。

2b94310fe83dad5892b66ffcc4f3f07d_s

しかし、その痛みはずっと続くわけでなく、など骨が成長するときなどに起こり、それ以外の時は痛みを感じなかったりします。

成長痛を感じやすい時期は、身長などが伸びる時期と重なっています。

成長痛は成長期の子供に見られる症状ですが、特に良く起こるのは「男子」です。

もちろん、女子でも成長痛が起きないわけではありません。

ただ、成長痛といわれる「骨端症(凝ったん症)」は、激しいスポーツをすることによって軟骨や骨の端に負担がかかり痛みが起きてしまいます。

b4b2eeff198b2c0347c701c0ea3be6a8_s

もちろん女子でもスポーツが大好きで、男子のように積極的に運動をすれば成長痛を起こすことがあります。

しかし、成長期は女子よりも男子の方が積極的に運動をするので成長痛を起こしやすいです。

また、男子は思春期になると大人になるため骨格が女性よりもがっしりした感じになってきます。
その骨格の変化によって、女子よりも男子の方が成長痛を起こしやすいのです。

ただ、決して女子は成長痛を感じないわけではありません。
急な成長や運動などにより、女子でも成長痛を感じる子があります。

まとめ

まとめ①

みなさん、いかがでしたか?

子供の成長は親にとってうれしいものです。
しかし、その成長には成長痛という痛みをともなうこともあります。

この成長痛はずっと続くものではありません。
成長期によって軟骨や骨に負担がかかったり、大人になるために骨格が変化する時に起こります。

成長痛の痛みもずっと続くわけでなく短い間だけ感じることが多いようです。

しかし、痛みがずっと続いたりする場合は成長痛ではなく病気などで痛みを感じている場合があります。
その場合は、成長痛だからと放置せず病院に行くようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す