ワキガになる3つの原因・特徴とは?食生活の乱れや不潔のせい?

スポンサーリンク

 

“ワキガ”と聞くといきなり鼻につく臭いを思い出す人もいるかもしれませんが、もともと毛穴から出たての汗はにおわないのです。

それなのに、“ワキガ”になるといきなり気になる「臭いになってしまうのは何故なのでしょう。

スポンサーリンク

“ワキガ”が臭う理由

“ワキガ”が臭う理由

毛穴から出た後に放置されると、汗の中の成分が肌の表面の雑菌と混じりあって分解されて、不快な臭いを発するようになります。そこに時間が経つと酸化した皮脂の臭いが加わって、不快度がUPしてしまうのですが、特にワキは蒸れやすいので要注意です。

しかし、いくら蒸れるとはいっても腕や首にかいた汗はあんなに臭わないと疑問に思った方もいるのではないでしょうか。実はワキにはワキの事情があるのです。

皮膚の表面上にジワ~っと出て来る汗はどれも同じように見えますが、実は汗を出す汗腺には2種類あり、ワキを含めた特定の部分には特異な汗腺があるのです。

その2種類とは、

  • 全身に分布して体温調節機能を担っているエクリン汗腺
  • ワキなど特定の部位にあるアポクリン汗腺

です。

なぜ2種類あるかといえば、これらの汗腺の役割が違うからなのですが、そこには生物進化的な深い理由があるのです。

エクリン汗腺から出る汗はほぼ(99%)水分でにおいはほとんどありません。

一方、アポクリン汗腺から出る汗も出た瞬間は無臭なのですが、少し粘り気があり、タンパク質・糖質・脂質・アンモニア・鉄分に加えてこの汗だけを好む菌(コリネバクテリウム)も含んでいます。

この“ワキガ菌”が繁殖するときにワキガの臭いの元を放出するために臭くなってしまうのです。



スポンサーリンク


ワキガになる理由

ワキガになる理由

あの不快な臭いは汗の中のワキガ菌が原因だとして、何故、ありがたくない菌がアポクリン汗腺から出る汗に含まれるのでしょうか。

アポクリン汗腺は、ワキの下の他

  • 肛門
  • 乳輪
  • 性器周辺
  • 耳の奥(外耳道)

とかなり偏った場所に分布しています。これらの場所から察せられるように、アポクリン汗腺は異性を惹きつけるフェロモンのような役割を担っているのです。

動物は本能的に自分とは違うにおいに惹かれますが、それは種の存続と遺伝子の多様性を保つために必要な能力でした。

ただ、人間が進化するにつれ性的信号はにおいより視覚や他の感覚や能力に変わってきたため、アポクリン腺の役割は衰退し、においはすっかり「臭い」となってしまいました。

アポクリン汗腺の量には人種や個人によって差があり、アポクリン汗腺が多い人の方がワキガの臭いも強く、体臭自体強くなる傾向があるようです。ワキの下のアポクリン汗腺が多く、臭いが強くなってしまう場合、“ワキガ”となってしまいます。

実際、アポクリン汗腺の数が多い体質の割合を比較すると、日本人には少なく、欧米人には多いことも納得できます。その上、日本人は世界でも類を見ないほどの清潔好きな民族です。

欧米人が体臭と香水を使いこなすのに対し、日本人は香水を使うこともあるものの、体臭そのものには嫌悪感を示すことが多いため、一層“ワキガ”臭への悩みが深まってしまうのです。

そんな民族的背景を持っているのに、最近では食生活の欧米化により皮脂腺やアポクリン腺が活発になり、ワキガの臭いが強くなっているというから皮肉です。

ワキガになってしまう原因のまとめ

では、一通りワキガの仕組みがわかったところで、原因をまとめてみます。

  1. ワキガの臭いの犯人はアポクリン汗腺から出る汗に含まれる“ワキガ菌”や脂質など
  2. ワキガとして臭うようになるのは“ワキガ菌”が繁殖して臭いを発散するから
  3. アポクリン腺が活発になるとワキガの臭いが強くなるが、臭い強度は食生活による影響

アポクリン汗腺の数は生まれたときに決まっているので増えることはありませんが、汗腺が刺激されることで活発になったり、発汗量が上がってワキガ臭が強くなったりします。

そのため、今まで気にならなかったのに急に臭いが気になりだして「ワキガになった!」と慌ててしまう人がいるかもしれませんが、もともとワキガ体質の人(アポクリン汗腺がある人)は臭いが強くならないように食生活も含めて気を付けておくと良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す