ビタミンCを取り過ぎた場合に体に起こる影響とは?

スポンサーリンク

 

ビタミンCと言えば、美容や風邪予防にも効果的だといわれている成分ですよね。

でもビタミンCを摂りすぎるのは、体に良くないといわれているのです。

では効果的に摂るには、どの程度摂れば良いのか食物との関連等についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

ビタミンCを摂り過ぎると!

16a

出典:https://www.mrso.jp/

美容や健康に良いといわれてきたビタミンCなのですが、過剰摂取すると悪影響があるのです。それは、たくさん摂り過ぎると下痢の症状がでるのです。

症状を引き起こす量としては、1000㎎を超えると下痢を起こしやすくなります。

また2000㎎の摂取を空腹時するとごくまれですが、吐き気をもよおすこともありますよ。

そして、下痢のような症状を起こして水分が異常に体内から出ていってしまうと、ビタミンCをせっかく摂っても水分不足になり肌にも影響が出るのです。

ビタミンCは、肝臓で一度処理されるのですが、摂取量が多くなりすぎると肝臓に負担をかけることにもなります。そのせいで大変疲れやすくなるのです。

また、尿として必要分以上のビタミンCは排出されますし、過剰に摂取し過ぎると体に負担をかけますから気を付けてくださいね。



スポンサーリンク


ビタミンCの適量な摂取量とは?

ビタミンC不足になっているということもよく言われますが、それはビタミンCというのは、体内で溜めておくことができない成分だからなのです。

そのためビタミンC不足にならないようにするためには、こまめな摂取が必要なのです。

1日に必要なビタミンCの摂取量としては、100mgが推奨されている量です。でも妊婦や授乳中の方は、普段の生活とは違って赤ちゃんに成分が奪われてしまいますから、110mgから150mgと少し多めに増やす必要がありますね。

また、喫煙者の方もビタミンCがたばこ1本吸うごとに25mgも奪われますので、ビタミンCを少し多めに摂取するようにしてください。

また仕事等で不規則な生活になっている方や食生活が偏ってしまうという方は、食事で補うことが難しい場合がありますよね。食事でできればビタミンCを補いたいところなのですが、サプリメントでも補うことが出来ますよ。ただサプリメントは、あくまでもサポート用ですからできれば食事で摂取するようにしてくださいね。そして、サプリメントも過剰に摂取すると体調を崩しますので摂り過ぎにき気をつけて下さい。

日常の食事からビタミンC摂取をするには!

16b

出典:http://zatsugakujp.com/

普段の食生活からでもビタミンCを十分に摂取することはできます。特にビタミンCが豊富な野菜や果物が冬場は豊富ですよ。

例えば柑橘類のみかんは、丁度良い量のビタミンCが1日に2個から3個程度食べると摂取できるのです。また、鍋料理や漬物にしてもおいしい白菜や小松菜等の野菜は大変ビタミンCが豊富なのです。

では日常生活でビタミンCを摂れる食材としては、野菜ではカリフラワーやキャベツ、ほうれん草、赤ピーマン、芽キャベツ、菜の花、にがうり、ちんげんさい、じゃがいも、さつまいも等です。

果物では、レモンやはっさく、ぽんかん、いよかん、キウイフルーツ、いちご、柿、アセロラ、ネーブル、パイナップル、グァバ等です。また、緑茶にも含まれていますよ。

このようにビタミンCの多く含まれる食材を使用して、美味しくビタミンCを摂取しましょう。

でも一度に摂り過ぎるとお腹がゆるくなることがありますので、食べ過ぎには注意してくださいね。

案外ビタミンCの摂り過ぎによる副作用を知らなかった方も多いのではありませんか。

そのような方の中には、この間の下痢した時の原因はビタミンCの摂り過ぎだったかも知れないと、不安に思った方もいるかも知れませんね。

美容に良いと言われるビタミンCですから、特に女性は意識して摂ろうとしますよね。

でも1日に何度かに分けて摂取して、1度に摂り過ぎることがないように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す