ビタミンCは風邪に効果があるのか無いのか両方の諸説を紹介!

スポンサーリンク

 

風邪にビタミンCが効くというのはよく聞きますよね。

でも風邪にビタミンCが効果的かどうかは現在でも諸説が入り交じっているのです。そこで、ビタミンCが風邪の効くのかどうかという点についてご説明しますね。

スポンサーリンク

風邪にビタミンCが効果であるとした説は?

17a

出典:http://suprise.co/

ビタミンCが風邪に効果があると言うのは果たして本当なのでしょうか?この説が出てきたのは、故ライナス・ポーリング博士の説なのです。

彼は、20世紀最大のノーベル賞を二度も受賞した偉人です。彼の説は、風邪にはビタミンCの大量摂取が効くというものでした。

彼は、「ビタミンCと風邪」という自らの著書の中で、風邪を予防には1日に5 gから10gの大量のビタミンCを摂取すると効果的であると著したのです。

さらに風邪に感染したとしても、風邪をひいたと思った直後から1時間に1回500 mgから1000mgずつビタミンCを数時間とることを推奨しました。そうすれば風邪の症状は軽くなり短くすることができるとしたのです。



スポンサーリンク


風邪にビタミンCは効果なのか?

上述の説を検証するために様々な分野で臨床試験や研究が行われました。でもその結果は、まちまちでしたが、半数の研究で博士の方法を支持する結果が得られたそうです。

その結果としてビタミンCの大量摂取という博士の唱えた説は、風邪の予防効果や風邪の治療面である程度の効果が期待出来るとされたのです。

効果があるとされたのは、ビタミンCが身体の防御システムである白血球の活性化に関係しているからなのです。

白血球は、ウイルスの侵入があった場合に真っ先に察知します。そして最初に感染部位にかけつける防御システムなのです。

白血球が細胞に入り込むことで、増殖をしているウイルスを細胞ごと取り囲むのです。その後ウイルスの細胞を破壊してウイルスを駆除します。

その時に白血球が活性化するのは、血中のビタミンC濃度が高いほど効果的だと言われています。この点がビタミンCが風邪に効果があると考えられる理由なのです。

ビタミンCは風邪に効果がないと言われているのは?

17b

出典:http://iku-labo.jp/

一方約9000人を対象に行われたビタミンCと偽薬のプラセボを使用した研究調査があります。この結果では、風邪をひく回数と風邪をひいてから治るまでの日数を調べました。

そして、どちらの結果においてもほぼ変わらなかったという結果でした。これが、ビタミンCが風邪には効果がないと思われている原因の1つかも知れません。

でも全くビタミンCの効果がなかったというわけでもなくて、風邪が治る日数においては6%、風邪をひく回数においては3%少なかったという結果でした。

つまり、ビタミンCは飲まないよりは、飲んだ方が少しは効果があるという結果なのです。

このように風邪に対してビタミンCが効果的かどうかという点では、抗酸化力が高く、細胞のターンオーバーを助けて老化を予防するという役割を果たす力があるので効果としてはありそうですね。

でも喫煙している方は、たとえタバコを1本や2本だけ喫煙していても体内のビタミンCを大量に破壊するのです。

そして、ビタミンCの減少によって白血球の活性化が抑制されますし、のどの粘膜の修復を遅らせることになります。さらにウイルスにも感染しやすくなるのです。

非喫煙者よりも喫煙者は、ビタミンCが破壊されてしまいやすいので、サプリメント等も上手く活用して、日頃からビタミンCを余分に摂る様にした方がいいですね。

また、ビタミンCのサプリ等を飲む時に注意する必要があるのは、飲む時にサプリが入っているビンや袋を開けたらすばやく閉めることです。

1回分が個別になっている粉末タイプのものは良いのですが、カプセルタイプや錠剤の場合には、ビタミンCが酸化しやすいからです。

ビタミンCは、光や酸素に大変弱いくビタミンCのサプリメントが空気に触れて、徐々に酸化してしまってその効力が薄くなるからです。

このような点に気をつけて、ビタミンCを日常的にとり続けると風邪をひいた時に免疫力を助けることができそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す