豆腐の栄養と効果効能!美容への効果的な食べ方とは?食べ過ぎはNG?

スポンサーリンク

 

豆腐は冷奴にしたり、味噌汁に入れたりとさまざまな調理法で食べられます。

また、高たんぱく低カロリーのため女性の方がダイエットする際などよくたべられます。

しかし、豆腐の栄養や効果効能まで詳しく知らないという方もたくさんいると思います。

ここでは、豆腐の栄養や効果・美容に効果的な食べ方など女性に嬉しい情報を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

豆腐の栄養って?

豆腐の栄養って?

豆腐は大豆からできている大豆製品ですが、大豆をそのまま食べるよりより多くの栄養を取り入れることができます。

それでは、豆腐にはどのような栄養が含まれているのか詳しく見てみましょう。

たんぱく質

豆腐に含まれるたんぱく質は【大豆たんぱく質】といわれます。

大豆たんぱく質は「畑の肉」と言われるほど、お肉同様のたんぱく質が豊富に含まれています。それでいてカロリーも低く、体に必要な必須アミノ酸が9種類すべて含まれています。

サポニン

豆腐には、サポニンという栄養が含まれています。

“サポニンって何?

サポゲニンと糖から構成される配糖体の総称である。

サボンソウをはじめとするさまざまな植物で見られ、一部の棘皮動物(ヒトデ、ナマコ)の体内にも含まれる。白色の無定形粉末で両親媒性を持つため、水に混ぜると溶解し、振り混ぜると石鹸のように泡が立つなどの界面活性作用を示す。

引用元:ウィキペディア

このサポニンには、抗酸化作用があるため活性酸素を抑える働きがあります。

レシチン

豆腐に含まれる【レシチン】は、新陳代謝を活発にする脂質のことです。

このレシチンには、血液をさらさらにする働きがあり、脳細胞を活性化させることができます。

大豆イソフラボン

豆腐は、大豆からできているため【大豆イソフラボン】が多く含まれています。

この大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをしてくれます。

カリウム

豆腐にはカリウムも豊富に含まれています。

このカリウムは、体の中に溜まってしまった余分な塩分を排出する働きがあります。

ビタミン

豆腐にはいろいろな種類のビタミンが含まれています。

その中でも代表的なビタミンは、

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンE

などです。



スポンサーリンク


豆腐の健康への効果効能は?

豆腐の健康への効果効能は?

豆腐の栄養について分かっていただけましたか?

このように豆腐にはさまざまな栄養が含まれていますが、どのような効果があるのでしょう。次は、豆腐の栄養による健康への効果効能についてみてみましょう。

生活習慣病予防やガン予防

豆腐には、活性酸素を抑える抗酸化作用がある【サポニン】が含まれます。

この抗酸化作用によって、ガン予防や生活習慣病を予防したり、その他のいろいろな病気を予防するのに効果を発揮します。

便秘解消

豆腐には、腸内にある善玉菌のエサになる【オリゴ糖】が含まれています。

このオリゴ糖がエサになり善玉菌を増やすため、腸の働きを整え便秘を解消してくれます。

老化防止や学習能力向上

豆腐に含まれる【レシチン】には、血流を促し脳細胞を活性化させる働きがあります。

この働きによって老化防止だけでなく、子供の学習能力向上に効果を発揮してくれます。

女性ホルモンの乱れによる症状を軽減する

豆腐に含まれる【大豆イソフラボン】には、女性ホルモンと似た作用があります。

この作用によって、女性ホルモンのバランスを整えることができ、更年期障害や月経前症候群(PMS)の症状を軽減することができます。

このように豆腐に含まれる栄養は、体にとっていろいろ良い効果を与えてくれてくれます。

美容に良い豆腐の効果的な食べ方って?

美容に良い豆腐の効果的な食べ方って?

豆腐の健康への効果効能について分かっていただけたと思います。

ただ、豆腐は健康だけでなく美容に関してもいろいろな効果を発揮してくれます。ここでは、美容に効果を発揮する豆腐の食べ方についてみていきましょう。

主食に置き換えて食べる

豆腐には、体に必要なさまざまな栄養素がたくさん含まれています。

そのため、豆腐を主食に置き換えて食べると血糖値が急に上がることがないので、太りにくくダイエットに効果を発揮します。ただし、豆腐に置き換えるのは3食すべてではなく、1日1~2食までにするようにしましょう。

また、豆腐だけを食べるのではなく、野菜や肉・魚なども一緒に摂取するように心がけましょう。

豆腐と美容に良い食材を合わせて食べる

豆腐はそのまま食べる方が多いですが、味に癖がないため他の食材と合わせてもおいしく食べることができます。

その際、美容に良いアボカドなどの食材と一緒に食べるようにしましょう。ペースト状にして、パンにつけて食べたり、そのまま食べてもいいでしょう。

また、美容に良い野菜や果物のスムージーに豆腐を入れたり、サラダに入れても効果を発揮してくれます。豆腐はそのままでも美容に効果を発揮してくれますが、さらに美容に良い食材と組み合わせることでさらに効果をあげることができます。

調理方法を変えて食べる

豆腐は冷たいまま食べる方が多いと思いますが、豆腐が冷たいと体を冷やすだけでなく体の代謝も悪くなってしまいます。体の代謝が悪くなると、健康だけでなく美容にも効果を発揮してくれなくなります。

そんなときは、そのまま食べるのではなく調理法を変えて食べると効果を上げることができます。

おすすめの調理方法は、湯豆腐にしたり鍋に入れることです。湯豆腐や鍋にすることで、豆腐自体を温めることができ体の代謝をあげることができます。

また、野菜や肉などと一緒にたくさん食べることができるので、栄養バランスを整えることができ、美容に効果を発揮してくれます。

食べ過ぎるとどうなる?

食べ過ぎるとどうなる?

豆腐にはさまざまな栄養が含まれており、体にさまざまな効果を発揮してくれます。また、食べ方によっては美容にも効果を発揮してくれます。

そんな豆腐ですが、食べ過ぎてしまうとどんな症状が出るのか詳しく見てみましょう。

下痢

豆腐は、豆乳を固めるために【にがり】を使います。

このにがりは、海水から塩を取り除いた後に残ったもので、主成分は塩化マグネシウムです。

この塩化マグネシウムは、消化管の水分を吸収されにくく働きがあり、豆腐を食べ過ぎてしまうと、この塩化マグネシウムも摂り過ぎてしまうため下痢を起こしてしまう可能性が高くなります。

貧血

貧血の原因は、主に鉄不足になって起こる【鉄欠乏性貧血】です。

豆腐にも鉄分が含まれていますが、豆腐の鉄分は体に吸収されにくい【非ヘム鉄】です。

この非ヘム鉄は、ビタミンCや動物性たんぱく質を摂ることで吸収されやすくなりますが、豆腐ばかりを食べていると吸収されることがなく貧血になりやすくなってしまいます。

腎臓疾患

豆腐はたんぱく質からできており、そのたんぱく質を多く摂りすぎてしまうと、血液から不要なものをろ過して排出する働きのある腎臓に負担がかかり、腎臓疾患になってしまう可能があります。

生理が遅れる

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンの1つエストロゲンと似た作用があります。

豆腐を食べ過ぎてしまうと、体で作ることができるエストロゲンの分泌が少なくなってしまい、生理を遅らせる可能性があります。

精子の数が減少する

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと似た作用をするため、男性ホルモンの過剰分泌によって起こる薄毛改善や体臭を抑えるのに効果を発揮します。

しかし、豆腐を食べ過ぎてしまうと女性ホルモンと似た作用をするイソフラボンが増えるため、男性ホルモンが低下してします。そうすると、精巣機能が低下するため精子の数が減少する可能性があります。

また、イソフラボンの効果で体が女性化してしまい、筋肉がつきにくくなる可能性もあります。豆腐を食べ過ぎてしまうとこのような症状が現れる可能性があります。

これらの症状をただないためにも、豆腐の食べすぎには注意するようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す