理想の睡眠時間を年齢別に紹介!理由も解説します!

スポンサーリンク

 

十分な睡眠時間を取ることは、健康を維持する上でとても大切なことですよね。
というのも睡眠中には、成長ホルモンが分泌されて肉体の損傷や脳の疲労を修復したりするからなのです。

また乳幼児期から成長期の子供にとってはその間に様々なホルモンが分泌されますから睡眠というのは、心身の発育に関わる非常に重要なものなのです。

では、このように影響の大きい睡眠時間について年代別にその重要性をご説明しますね。

スポンサーリンク

年齢別の必要な睡眠時間とは?

年齢別の必要な睡眠時間とは?

規則正しい生活リズムで生活するためにも心身を健康に保つための睡眠時間

は、しっかりと確保したいですね。では年代別にその必要な時間のめやすや理由等をご紹介します。

新生児や乳児:10時間から18時間

新生児や乳児:10時間から18時間

生後まもない新生児の場合には、体内時計がまだ出来上がっていません。ですから昼夜関係なく場所も選ばず眠るのです。

でも3ヶ月頃になると、一日のリズムに徐々に慣れてくるようです。

赤ちゃんにしっかりと朝の光を浴びさせて、一日のリズムを体で感じさせ慣れさせるようにしてあげる事が重要です。

1歳から3歳:12時間から14時間

1歳から3歳:12時間から14時間

基本的な生活リズムである朝起きて夜眠るというサイクルを大人と同じように形成する時期なのです。

そしてたっぷり睡眠を取ることも必要です。

というのも一生のうちでも大量のメラトニンが、特にこの時期には睡眠時に分泌されるからなのです。

この時期の子供の成長には、特に睡眠が重要なのです。

4歳から6歳:10時間から13時間

4歳から6歳:10時間から13時間

朝の7時頃に起きる場合には、夜は遅くても21時ぐらいまでには寝かせましょう。

でも保育園等では、1時間から2時間程度の昼寝をとっていますので、昼寝時間が長くなると夜の寝付きがどうしても悪くなってしまうのです。

6歳から12歳:10時間から11時間

6歳から12歳:10時間から11時間

小学校に入る時期で本格的な集団生活が開始され、また塾や習い事などに通いますので、かなり個人によって生活スタイルが違ってきます。

この時期にも体が大きく成長する時期で睡眠時間はかなり必要です。

10時間程度は確保したいですね。

しかし、最近の子供達は夜型になっていて睡眠が不足していると言われています。

睡眠不足になると体の成長の妨げになるばかりか脳の働きにも大きく影響を与えるのです。

学習意欲や能力、記憶力等にも感情の制御にも影響を与えますよ。

家族が、十分な量の睡眠が取れるように気を配って生活習慣を身につけさせてくださいね。

13歳から18歳:8.5時間から9.5時間

13歳から18歳:8.5時間から9.5時間

思春期であり成長期を迎えて身長が急激に伸びる時期なのです。

身長を伸ばすためにも成長ホルモンを分泌させる必要があるのです。

この時期もやはり十分な睡眠が必要なのです。

でも生活スタイルはさらに多様化しますので、小学校の頃よりも不規則になりがちですよね。

心身共に大きく成長させるためには、不規則な生活を避けて規則正しい生活を送るようにさせることが重要です。

成人:7.5時間

成人:7.5時間

では、大人になったらどの程度の睡眠が必要なのでしょうか。できれば短時間の睡眠で健康で快適な生活が送れたら良いですよね。

睡眠のサイクルでは、身体が休んでいる状態のレム睡眠と脳が休むノンレム睡眠というものに分かれて、それが約90分の周期で繰り返されていると言われています。

睡眠によって体の回復と脳の中の記憶の整理とを交互に行っているという事になりますね。

1サイクル90分ですので、必要最低限の睡眠時間としては、90分×2で3時間です。

成長ホルモンの分泌や体の疲れを取る時間としては、入眠後3時間となるということですので、最低でも3時間の睡眠時間はどうしても必要ですね。

でも、睡眠時間が短い場合には、90分のサイクルをさえぎってしまうのです。

そのために体調が悪化し、健康面にも悪影響が出ることになります。しかも睡眠時間が少ない人は、脳の老化も早くなって認知力が低下しやすくなるのです。

90分のサイクルを考慮して、

4時間30分(90分×3)
6時間(90分×4)
7時間30分(90分×5)

と、ご自分の体調に合わせて睡眠時間を確保してくださいね。

現在の日本人の平均睡眠時間は、7時間50分程度だとされています。ですが最適な睡眠時間は、個人によって違うのです。

朝起きて目覚めも良く疲れが残っていないのであれば、その睡眠時間が最適といえますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す