喉に異物がつまって違和感があり息苦しい時の原因と5つの対処法

スポンサーリンク

 

「喉になにかが引っかかっている感じ

「食事をする時に飲み込みにくい」

「喉に異物があるような」

「魚の骨がずっと引っかかっているような」

「喉がつまって息苦しい」

こういった症状はありませんか?

実際、何かを詰まらせたと原因がわかっている場合は直ちに医療機関を受診して異物除去、その他治療をしてもらってください。

詰まらせていないけどこんな症状が出てしんどい。という方は・・・こういった症状が出るには様々な原因、病気が考えられます。

スポンサーリンク

息苦しい原因

1:感染症

感染症
風邪などのウイルスや細菌が原因で咽頭炎や扁桃炎がおこります。

炎症があるところは赤く腫れたりするので、異物感・違和感があったり飲み込み時に痛みが出たりします。炎症が治まると改善します。

2:嚥下障害

食べ物や水分を飲む時や唾を飲み込むときに、ムセたり、異物感があり飲み込みにくくなります。加齢によって嚥下機能が低下したり、脳血管疾患や食道系の病気が原因でなる事が多いです。

嚥下障害があると誤嚥しやすく、誤嚥性肺炎を引き起こす原因にもなります。

3:ヒステリー球(咽喉頭異常感症)

喉の違和感や異物感があり、内視鏡等の検査をしてもらってが特に異常が見つからない場合の病気です。

交感神経のバランスがぐずれることで、食道や喉の周りの筋肉の締め付けが生じるのが原因と言われています。

ストレスや葛藤の時に生じることがほとんどで、

  • 不安や緊張がある時
  • 落ち込んだ時
  • ひどく疲れている時

に発症したり症状が出やすいです。

4:甲状腺の病気

甲状腺は喉ぼとけの下にあるホルモンを分泌している腺です。

甲状腺の病気になると、甲状腺が腫れて喉の周りが腫れてきてりしこりのような物が出来て、異物感がでたりします。また病気によっては声がかすれるなどの症状も出てきます。

「甲状腺機能亢進症(バセドウ病)」

甲状腺から甲状腺ホルモンが過剰に分泌され全身の代謝が強くなる病気です。

喉ぼとけ辺りが腫れたり、全身の代謝が活発になることで、発汗、体のだるさ、動悸などの症状がでます。

「甲状腺癌」

  • 喉のしこり
  • 声がかすれる
  • 息苦しさ
  • 飲み込みにくさ

などの症状がでますが初期段階では症状や兆候が表れないものもあり検査などで発見されることが多いです。

5:喘息

喘息
アレルギー反応などによって気管・気管支粘膜が炎症を起こしている状態。気管・気管支がけいれんを起こして細くなり、息が吐きにくくなります。

そのため、発作時にはのどが詰まる感があり、痰の増加、ゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸音(喘鳴)、呼吸困難が続きます

6:花粉症

花粉により鼻水がでたり目がかゆくなったりしますが、喉に症状がでると異物感やかゆみがでたりもします。

7:食道の病気

・逆流性食道炎

食べたものや胃酸が何らかの原因で、胃から食道へ逆流してくる病気です。

食道に炎症がおきて、胸やけや、胸痛、のどにこみ上げてくる感じやのどの違和感、息苦しさを感じます。

・食道癌

食道の内面をおおっている粘膜の表面にある上皮から発生する癌です。初期には症状が無いことが多く、内視鏡検査等で発見されることが多いです。初期で発見された場合は治る確率が高くなります。

癌が大きくなってくると食道が癌によって狭くなり、食べ物が通りにくくなります。そのため、飲み込みにくくなったり、胸のつっかえ感、喉の異物感などが生じます。また肉の塊などをあまり噛まずに飲み込むと実際に詰まってしまうこともあります。

その他食べ物がしみる感じや、声のかすれ、胸痛背部痛、咳、体重減少などの症状があります。

8:心臓の病気

心臓の病気では胸痛や胸のつっかえ感、喉がつっかえ感、息苦しさの症状が出てきます。

・心筋梗塞

動脈硬化により冠状動脈の血管が狭くなり、血流がほとんど止まってしまい、心筋の一部が壊死する状態です。壊死になるとポンプ機能が低下し、心不全やショックを合併することがあります。30分以上の前胸部の強い痛みや締め付け感、圧迫感などが続きます。冷や汗や嘔吐、呼吸困難の症状もでます。

・狭心症

心臓に栄養を送っている冠状動脈の血流が悪化し、一時的に心臓が酸欠状態なって起こります。急いで歩いた時や運動時に、息苦しさや胸の痛みなどが起こります。安静にしていれば長くても、15分程度で症状が治まります。

9:喉周辺の腫瘍やポリープ

・咽頭癌

咽頭は鼻から食道までつながっている器官で、上咽頭・中咽頭・下咽頭と別れています。それぞれにできた癌によって症状が変わってきます。

その中でも中咽頭癌は、初期症状そして喉の異物感・違和感・軽い痛みがあり、特に食べ物を食べる時に痛みがあると注意が必要です。

・声帯ポリープ

声帯粘膜の毛細血管が傷つき、少しだけ出血することでポリープが生じます。

声の使いすぎや喫煙が主な原因で、風邪により急性声帯炎がきっかけでできることもあります。声のかすれや喉の違和感が症状です。

・喉頭癌

喉頭は舌の付け根か気管までつながっている器官です。喉頭癌は声門の発生する部位によって症状が変わりますが、主にかすれ声や喉の異物感、進行すると声門が狭くなり息苦しいなどの呼吸困難も生じます。

10:乾燥

口や喉の乾燥により喉の違和感や咳が生じます。

11:アレルギー

食べ物や何らかの原因でアレルギー反応を起こして、喉の奥がかゆくなったり、気道が腫れて異物感や違和感や息苦しさなどの呼吸困難を生じることもあります。

12:肩こり頭痛

肩こりや頭痛がおこると喉の周りの筋肉がかたまり、喉の違和感につながることも。

様々な原因をあげましたが一概にこれだけとは言えません。

喉の異物感や違和感があり息苦しさがある時は、原因でもあげたように大抵何かしらの病気が潜んでいる可能性が高いです。早めに医療機関を受診して原因の追究と治療をしてください。

原因は色々あるかもしれないけど、とりあえず症状を緩和したい。

病気は見つからなかったけど何かいい方法はあるの?

という方に・・・

自分で出来る5つの対処法をお伝え致します。



スポンサーリンク


息苦しい時の対処法

①喉の加湿

口の中や喉が乾燥すると、違和感や咳が出てきます。また乾燥すると細菌などが増殖しやすくなり喉の炎症へとつながります。

こまめに水分をとり、喉を潤しましょう。また加湿器などの部屋の湿度も調整しましょう。

②うがい

こちらも喉を潤すと共に、のどから入る細菌を除去し喉の炎症の予防になります。

③マスクをする

口の中の乾燥を防ぐと共に、アレルギー物質や細菌、ウイルスなどの外的も防ぎます

④首のストレッチ

ヒステリー球や肩こりなど交感神経のバランスが崩れて起きている場合は、首のストレッチなどをして喉の周りの筋肉をほぐすと楽になります。

⑤リラックスできる環境をつくる

ヒステリー球など交感神経のバランスが崩れて起こっている場合は、ストレスや睡眠不足などが原因にもなります。

十分な睡眠、ストレスが少ない環境、入浴やマッサージなどリラックスすれば交感神経のバランスも整って、症状の緩和につながります。

何度も言いますが、やはり喉に異物感や違和感がある、息苦しさがある場合は医療機関で診てもらってください。癌などの可能性もあるので早期発見早期治療をおすすめ致します。

内科や耳鼻咽喉を受診されたらいいと思います。

異常がなかったら安心ですし、その方が不安や心配もなくなりますね。

軽い風邪やストレスなどに対しては自分で出来ることをやって、予防や緩和につながるのでそれも同時にやっていきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す