食後に息苦しい症状が出てしまう原因と対処法とは?

スポンサーリンク

 

食後に「なんか息苦しいな」と感じる経験はないですか?それは「逆流性食道炎」の可能性が高いかもしれません。

え?逆流性食道炎って何?この病名聞いたこと無い方もいるかも知れません。

この病気は食道の働きと胃酸が関係しています。

スポンサーリンク

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは?

強い酸性の胃液や消化される途中の食べ物が食道に逆流して、食道の粘膜に炎症が起きます。その炎症によって粘膜のただれや潰瘍になる病気です。

そのため、食道あたりの胸の痛みや、胸やけ、呑酸(酸っぱいものが口に上がってくる)、喉の違和感、咳、息苦しさなどの症状がでてきます。

逆流性食道炎が起きるメカニズムは食道の働きが関係しています。

①食道は食べ物の通り道

食道筋肉の蠕動運動によって食べ物をのどから胃へ送り込みます。

②食道は胃酸や食べ物の逆流を防ぐ

胃液は食べ物を消化するために強い胃酸や消化酵素を含んでいて、強い刺激性があります。食道は胃液に対する抵抗力が弱いため、健康な状態では胃酸が食道に逆流しない仕組みになっています。

その働きをしているのが、「下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)」です。

これは食道と胃のつなぎ目(噴門部)にある筋肉で、食べ物が入ってくる時はゆるんで、それ以外は閉まっていて、胃からの逆流をブロックしています。

逆流性食道炎は、なんらかの原因で下部食道括約筋などの逆流を防ぐシステムが弱まるか、胃酸が増えすぎることで胃酸や胃の内容物が逆流して起こります。

では、なぜ息苦しさも関係してくるのでしょうか。

息苦しさ

胸やけや胸痛などの症状がでるのはわかるけど、食道なのに息苦しさは関係ないのでは?と思われる方も多いかもしれません。

実は食道と気管(空気の通り道)の入り口は隣同士になっています。

私たちの口は、食事の際は食べ物の通る道となり、呼吸の際は空気の通り道となります。その仕分けをしているのが喉頭(こうとう)です。

普段呼吸をしているときは開いているのですが、食べ物を飲み込むときには喉頭蓋(こうとうがい)というフタが閉じて食べ物が気管へ入らないように防ぐ役割をしています。

そういった隣同士の環境で逆流性食道炎になると、食道まであがってきた酸が喉付近まで上がってしまい、喉頭や気管に入り込んでしまうことによって、炎症を起こし息苦しい状態になるのです。

呼吸をする管に炎症がおきる。だから息苦しく感じるんですね。

その息苦しさの原因の逆流性食道炎。予防するにはどうしたらいいのでしょうか。



スポンサーリンク


逆流性食道炎はこんな人がなりやすい

逆流性食道炎はこんな人がなりやすい

逆流性食道炎の原因となる胃酸の逆流は、食習慣、肥満、加齢、姿勢などによって胃酸が増えすぎたり、逆流を防ぐ機能が弱まったりする事で起こります。

1:脂っぽいのをよく食べる方

脂肪の多い食事は、胃酸を増やす。胃液の逆流を起こしやすくなります。

2:暴飲暴食

たくさん食べることで、下部食道括約筋がゆるみ逆流しやすくなります。

3:タンパク質が多いものをよく食べる方

タンパク質は消化に時間がかかり、食べ物が胃に停滞するので逆流を起こしやすくなります。

4:高齢の方

加齢により下部食道括約筋の働きが悪くなったり、胃・腸の蠕動運動が低下するため。

5:腰や背中が曲がった方

曲がっていることで、お腹が圧迫され胃液などの逆流が起こりやすくなります。

逆流性食道炎にならないための予防策

逆流性食道炎にならないための予防策

上記の原因を取り除くことです。食生活や姿勢、服装などに気をつけましょう。

1:胃酸を増やす、胃液の逆流の原因となる食べ物を減らす

  • 脂肪分やタンパク質
  • 甘いもの(チョコレートなど)
  • 香辛料(唐辛子や胡椒など)
  • 消化の悪い食べ物
  • カフェイン飲料(コーヒー・緑茶など)
  • アルコール

アルコールは胃酸を増やすと共に、下部食道括約筋をゆるめてしまいます。

2:腹八分目を心がける(一度に食べ過ぎない)

3:適度な運動をし肥満を解消する

4:姿勢に注意する

  • 前かがみの姿勢をさける。
  • 寝る時は頭を高くし上半身を少し上げて寝る。逆流がおこりにくくなります。
  • 食後すぐに横にならないよう注意。

5:お腹を締め付けるような服装は避ける

6:禁煙

喫煙は逆流性食道炎を悪くします。

私も時々胃酸が戻ってきて、あれ?と思う時があります。これは逆流性食道炎の手前かもしれませんね。

食後に息苦しく感じるとまさに!かもしれません。とにかく胃酸を増やしたり、逆流しやすくする食事や行動は避けていきたいです。

そして食後に息苦しさがあったり、胸やけなどの症状が出たら、逆流性食道炎の可能性もあるので早めに受診をした方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す