肩こりの原因として歯痛が関係しているのはなぜか?

スポンサーリンク

 

最近肩こりがこるなと思う方のなかには、歯も痛いという場合がありませんか。肩も歯もどちらも慢性的に痛む状態になっているということも多いものです。実は歯痛と肩こりとは、関係があり歯痛があることで肩こりが起きることがあるのです。

では、そのような点についてご説明します。

スポンサーリンク

肩こりと歯痛の関係

肩こりと歯痛の関係

ひどい肩こりがあるが歯痛がある時になりやすいという方は、多いと思います。どちらも大変辛いものです。歯科や整骨院や整形外科などの病院へ行くほどではないと思われるかも知れませんが、慢性的な痛みとなっているのでしたら、その原因をはっきりとさせる必要があります。



スポンサーリンク


肩こりと歯痛、考えられる原因は?

歯に痛みがあると、意識的にまたは無意識のうちにその場所をかばおうとして、不自然に振る舞うことになります。それが歯が痛くなると肩もこるという原因となっていることがあります。

歯が痛くなった時に痛さを意識して不自然な噛み方をしてしまって、その結果として噛み合わせがおかしくなるようなくせがついてしまったということも考えられます。

それには首や顎、そして肩というのは筋肉でつながっているということも関係しています。そのバランスが崩れ筋肉に緊張を与えてしまったことによるものなのです。その結果として歯痛から肩こりになったと考えられます。

歯のくいしばりから

歯のくいしばりから

歯に痛みを感じる場所があった場合には、それをまず早い段階で治療することが大切です。そのことで二次被害となる肩の痛みなどを防ぐことができます。

また歯痛の痛みやそれに伴う肩のこりは、歯の食いしばりなども原因として考えられます。このような時に歯痛があるので虫歯になったと考え、歯医者に診てもらっても虫歯が見つからないという場合も多いのです。

というのも

  • 力を入れる動作を無意識にした時
  • 怒りを抑える時
  • また集中する時
  • ストレスを感じている時

などに人は、奥歯を食いしばっているということがよくあるものです。また寝ている時にも歯ぎしりをするような方もいます。

このような習慣が慢性化している場合には、肩や顎まわりがいつも凝っている状態となり虫歯ではなくても、歯痛が出たり、ひどくなると知覚過敏や頭痛も伴うこともあります。

そのような時には、マウスピースの着用などが効果的です。これは、無意識に歯を食いしばることから守る役目があります。できれば自分の歯型から製作したマウスピースを歯科で作ってもらった方が使い心地などはいいですよ。保険も適用できる治療の範囲です。

さらに歯を噛みしめすぎたために歯に小さなひびができて、その部分から虫歯菌が侵入し虫歯になるということもあります。歯を噛み締めすぎた場合には、知覚過敏の原因にもなるそうです。

マウスピースを使用すると効果的だそうです。マウスピースを着用することで口元の緊張が緩和され、肩こりによる痛みも治まるということがあるからです。

姿勢が悪いための歯痛から

姿勢が悪いための歯痛から

姿勢が悪くそのために歯痛が起こっているという場合があります。圧倒的に多いのが、この姿勢の悪さからくるものです。鏡の前に立ち普段している自分の立ち姿を見てください。

きれいな立ち姿でしょうか、頭が少し前のめりになっていたり猫背やO脚ではないですか。

また人は日常生活の色々な動作で、肩こりの原因となる姿勢を実によくしているものです。

例えば

  • 普段のデスクワークやパソコン
  • 車の運転
  • 読書やスマホを見る時

など、それらは全て少し前のめりで、そのために歯の噛み合わせなどが悪くなり歯痛が起こっている場合が在ります。

姿勢からと歯の痛みから特に首や肩に緊張を与え、肩こりの要因のひとつとなっているのです。

そのような時には、正しい姿勢に改善することで症状を良くする事ができます。横から見た時に肩の中央、耳の穴、骨盤の中心が一直線上になるといいのですが、そのためには顎を引き背筋をピンと伸ばすという点を意識してください。

物を噛む時の噛み方から

また歯痛から肩こりが起こる原因として偏った噛み方も原因となります。歯に痛みが出た場合に痛みのない歯でどうしても噛むということになります。

偏った噛み方が原因となって肩こりが起こります。というのも噛む時に使用する筋肉は、首や肩とつながっているので偏った噛み方をしていると筋肉のバランスが崩れるからです。

そのため首や肩の筋肉に負担がかかって肩こりの症状が現れるのです。

このように様々な原因で、歯痛が起こりそれに関連して肩こりが出ていると考えられます。まず、歯の痛みがどこから起きているのかを調べて、治療を開始してください。そして姿勢などの上述した内容で改善できる事があれば積極的に取り組むことで、歯痛もおさまり肩こりも徐々に解消できるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す