肩こりの頭痛からくる吐き気・めまいの原因は?7つの解消法!

スポンサーリンク

 

肩こりといっても特に心配をする必要のないものから、何らかの病気が原因となって起こっている肩こりもあります。

肩こりから頭痛になり、吐き気やめまい、腰痛などが起きているのであれば、特に注意が必要です。

スポンサーリンク

要注意の症状

肩こりの他に頭痛から吐き気があり、めまいや腰などに痛みが出るような場合などのように、肩こり以外のなんらかの症状がある場合には、ためらわずに病院で診察を受けた方がいいですね。

次のような症状の場合には、特に注意が必要です。

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 動悸
  • のぼせ

などを感じる場合です。

また腰などの痛みが日を追うごとに増してゆき、痛む場所も一定でなく様々な所に痛みが出るような時もです。さらに肩や首などが全体的に痛み、指や腕、足先、大腿部などが痛み手足にしびれが出ているような時です。

胸やお腹にも痛みが出る場合があります。



スポンサーリンク


肩こりは内臓疾患に繋がっている

肩こりが起きると首や肩の異常だけでなく、内臓の疾患にも繋がります。時として上述しましたが様々な症状が肩こりを原因として現れます。

そして、ただの肩こりでなくいつまでも症状が改善されないような場合には、他の病気も疑う必要があります。

原因不明の頭痛やめまい

原因不明の頭痛やめまい

原因がはっきりとしない頭痛やめまいの場合には、脳脊髄液減少症を疑った方がいいですね。

これは、脳脊髄液が、尻もちや転倒、落下、またスポーツや交通事故などの激しい接触や追突などで漏れて減少するというものです。

もちろんその患部の例えば腰などが痛むのですが、そのほかに頭痛やめまい、倦怠感などのような様々な症状も出ます。

そして、頭痛がする時には血管の拡張や血行不良などによって起こる場合が多いのですが、その時に肩こりや吐き気などが出ているかなども、しっかりと把握しておく必要があります。

肩こりと頭痛の関係性

肩こりと頭痛の関係性

首には動脈が通っているのですが、これは脳にたくさんの血液が必要なためにそれを送り込んでいるためなのです。

もし肩がこって肩周辺の筋肉が緊張すると、そのためにその筋肉が硬くなり動脈を圧迫して首周りの血流が悪くなるのです。 そして脳では酸素や栄養分が不足するために頭痛が起こると考えられています。

主に肩こりから起こる頭痛としては、緊張型頭痛が多く見られるとのことです。では、肩こりと頭痛との関係についてその原因となるものを確認してみましょう。

目の疲れ

仕事でパソコン等を操作していると目が疲れますよね。 そして目を酷使することで、目の周りやこめかみ等の筋肉に疲労が溜まるのです。

それが原因で肩がこり、頭痛までも引き起こします。

また、コンタクトレンズやメガネをしている方は、視力が低下し度数が合わなくなると目の焦点を合わせづらくなりますよね。それによって眼精疲労を引き起こすことになりそれも原因の1つとなるのです。

運動不足

社会人になり働き始めると、仕事が忙しくて学生の頃と違って極端に身体を動かすことが少なくなりますよね。

そして運動不足になると血流が悪くなり筋肉に老廃物等が溜まりやすくなります。 また、筋肉を動かすことも少ないので、筋肉が硬くなるのです。

さらに運動をしないためにメタボ体型にもなる方も出てきて、肩こりを引き起こすということになるのです。

姿勢の悪さ

姿勢が悪い方は、左右のボディバランスというものが乱れがちになります。

そしてそのまま座り続けていると、どちらかの肩だけに負担が掛かることになります。 それが肩こりの原因となり頭痛の原因になるのです。

さらに身体がバランスの悪さを無意識に直そうとするので、腰や足等に負担が掛かり、上半身と下半身のアンバランスにつながります。

このようなアンバランスがいつも起きていると、肩に負担がかかるという悪循環になり慢性的な肩こりにつながっていくのです。

ストレス

仕事や家庭でのストレスは、様々な悪影響を体に及ぼすのです。肩こりもその一つといえます。

緊張や不安等のストレスが血流や代謝を悪くして、栄養や酸素が十分に行き渡らなくなるのです。 そして肩や首の筋肉が緊張状態になってしまいます。

さらにストレスで悩み寝不足の状態が続くと睡眠不足になります。 自律神経を乱すことになり、この状態が続くと肩等に力が入った状態になるのです。

噛みあわせの悪さ

上側の歯と下側の歯の噛み合わせがきちんとしていないと、身体への悪影響が出て来るのです。 というのも、噛み合わせの悪さのために、顎周りの筋肉が緊張状態になります。

すると、側頭筋が緊張した状態になり筋肉が硬直するのです。 そのために血行が悪くなって筋肉が凝り筋肉痛が起こって頭痛を引き起こすのです。

高血圧

生活習慣や不規則な食事の影響等で、血液がドロドロの状態になると高血圧になり肩こりの症状が発生するということがありますよ。

高血圧になって血圧が高い状態が続いてしまうと、筋肉も緊張し肩こりになるのです。

さらに免疫力も低くなり肩こりだけでなく、倦怠感で悩まされることにもなるのです。 目がチカチカしたり頭が痛くなったりすると肩が凝っている証拠ですよ。

そのような時には、肩の肩甲骨の上の筋のあたりをつまんでみてくださいね。 最初は、痛みが走ると思いますが、続けてもみほぐすとしだいに頭痛や肩のこりがが消えていくようになると思います。

解消法等は、痛みが激しくなってから試す場合が多いのですが、なるべく日頃から対処しておくと悪化を防ぐことができますよ。

頭痛から来る吐き気の原因頭痛から来る吐き気の原因となっているのは

頭痛から来る吐き気は、肩こりに要因があるのですが、それはどのようなことから起きているのでしょうか。

人間が立って歩いている限り肩こりからは逃れられないのです。寝ている時以外は、毎日3kgから4kgの頭をずっと支えてないといけませんからね。

肩こりは次のようなことが原因なのですが、それに関連して頭痛が起こり吐き気につながっていると考えられます。

筋肉の疲労や血行不良

日頃から身体を適度に動かしていないと運動不足によって、筋肉が緊張状態になり疲労も起こりやすくなりますので、肩のこりがどうしても出てきます。

ストレスによっての緊張

仕事や様々なことでストレスがあると、自律神経が乱れてしまいます。

そのことが要因となって肩も緊張状態になり肩こりが起きるのです。辛い状態が日々続くことで慢性的な肩こりとなります。

体の冷え

女性に多いといわれている冷えがあると、自律神経が乱れがちになり肩こりになりますし、寒い中でいると身体に不自然な力がどうしても入ってしまい、筋肉が緊張することから肩こりになるということも多いのです。

自律神経の失調

頭痛から吐き気が出たりする場合には、自律神経の中の副交感神経が関係します。

この神経は、睡眠や食事などのリラックスした状態の時に働く神経ですが、この神経に障害が起きた場合に疾患が出ます。この副交感神経が存在するのが、胸鎖乳突筋という筋肉の一つとなります。

顎を突き出し猫背のような姿勢の方は、この筋肉が特徴的に硬くなるという傾向があります。同じ姿勢が続くデスクワークや眼精疲労なども首や肩周辺、目の筋肉などに筋肉の緊張が出て疲労が蓄積されますので肩こりに影響します。

次のページで、解消法を紹介します。

ページ: 1 2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す