肩こり解消に効果のある食事メニュー・栄養・食べ物とは?

スポンサーリンク

 

ひどい肩こりや首こりがあると辛いですよね。

そして良くなるかも知れないと整体やマッサージに通っている方も多いと思います。

そのような方に朗報ですよ。実は、肩や首のこりの解消に食べ物が深い関係があるという事が分かってきたのです。

では、肩や首のこりの解消に効く食べ物やメニュ-をご紹介しますね。

スポンサーリンク

肩や首のこりに関係する食生活の影響

肩や首のこりに関係する食生活の影響

辛い肩こりになってしまうのは、食生活が影響しているのです。

疲労の蓄積

乳酸という物質が、肩や首の筋肉が疲れるとたまりその周りの筋肉をこわばらせるのです。疲労を回復しないでそのままにしておくとより肩こりを悪化させます。

そのような時には、しっかりと栄養を摂ることで疲労の解消になりますよ。

血行不良

食生活が乱れていると栄養のある食べ物をしっかりと摂ることができませんよね。それが肩こりの原因となっているのです。

栄養のある食べ物をしっかりと食べないと肩まわりの血行が悪くなるのです。そのために体内の老廃物が蓄積することで痛みを引き起こします。

筋肉等への動力源不足

筋肉の働きを補助する栄養素が不足すると、筋肉はしっかりと動かないのです。そのために肩こりが一層ひどくなることがあります。

このような場合には、肩こりの改善に効果的な食べ物を意識して摂り入れることで肩こりを体の内側から解消してください。



スポンサーリンク


肩や首のこりに効く栄養素や食べ物

疲労回復に効果のある食べ物

疲労回復に効果のある食べ物

疲労回復には、ビタミンBが効果があります。

食品の中の栄養素から体内にエネルギーを生み出す時にビタミンBが必要となるのですが、特に過労時にはより多く消費されるのです。

そのような時にビタミンBを補給することで、効率よくエネルギーを生み出すことができるようになるのです。

ビタミンBが多く含まれる食べ物としては、うなぎや豚肉、レバー等がありますよ。

血行を良くする食べ物

血行を良くする食べ物

血行改善には、ビタミンEが効きます。

ビタミンEには、抗酸化作用があります。血液の流れが悪くなるのは、血管の細胞が酸化することが原因なのですが、ビタミンEを摂り入れる事で血行が良くなるのです。

ビタミンEが多く含まれる食べ物としては、サーモンやかぼちゃ、アーモンド等があります。

筋肉の働きを補助する食べ物

筋肉の働きを補助する食べ物

カリウムやタンパク質を摂る事が効果的ですよ。疲労を肩に溜めないようにするためには、その部分等の筋肉を強くする必要があるのです。

そして、より強い筋肉にするためにはタンパク質を多く摂りいれて筋肉を育てていくということが重要なのです。また、筋肉の動きとしてぐっと縮ませるということも大切な働きなのですが、そのためにはカリウムが必要となります。

カリウムをしっかりと補給して筋肉の働きを助けられるようにして下さい。タンパク質を多く含む食べ物としては、大豆類や肉、白米等です。

そして、カリウムが多い食べ物は、バナナや牛乳、じゃがいも等です。

ビタミンBの食材を使ったおすすめのメニュ-

①豚肉とキャベツの味噌いため

①豚肉とキャベツの味噌いため

普段の食卓に豚肉は、頻繁使用される食材ですが脂身が多いような感じがするので苦手な人も案外多いかも知れませんね。でも意外と豚肉の脂はあっさりしているので、食べやすくキャベツといためればよりあっさりして一層食べやすいですよ。

ビタミンEの食材を使用したおすすめのメニュ-

②かぼちゃのほくほく煮

②かぼちゃのほくほく煮

かぼちゃは、カロチンも豊富ですし煮物は誰にでも馴染みあるものですよね。

また、クッキーやプリン、ケーキ等のお菓子にも利用でき人気があります。

③鮭のちゃんちゃん焼き

③鮭のちゃんちゃん焼き

冷凍鮭と様々な野菜とフライパン一枚で簡単に調理できますよ。

また、鮭を一度焼いて骨を取っておき、それを冷凍しておくと食べやすく、野菜もたっぷりと摂れるちゃんちゃん焼きができますよ。

タンパク質が摂れる食材を使用したメニュ-

④アスパラの肉巻き

④アスパラの肉巻き

牛肉や豚肉、鶏肉でもできますが、アスパラをゆでた物を薄切りした肉でまき軽く肉に火が通るまで焼いて、焼肉のたれ等で味付けします。

アスパラの代わりにインゲンや人参等でも栄養バランスの良いメニューとなりますよ。野菜で肉の脂もあっさりとします。

⑤大葉の納豆ご飯

⑤大葉の納豆ご飯

栄養満点の納豆ですが、大葉と納豆のネバネバがうまくミックスしてクセになるご飯ですよ。また、ネギと納豆とでも勿論おいしいですよね。いろいろな物をトッピングして試してみてくださいね。

このようにしっかりと栄養を摂って、血行を良くし筋力を高めて疲労が蓄積しないようにすれば、肩や首のこりも解消できますよ。

毎日の食事を改善して効果的な栄養を補給するように心掛けて下さいね。

食生活が肩こりに関係

食生活が肩こりに関係

肩こりになったことと食生活は、関係がなさそうに思いますよね。でも仕事等が忙しくて、どうしても食事を簡単に済ませようとして、ジャンクフードやインスタント食品等に頼っているということはありませんか。

そのような方は、必要とする栄養素が不足しまいがちになるのです。

さらに胃腸の調子がストレス等によって悪くなり、体内の吸収能力や消化ができなくなるということもあります。そして血流や細胞の代謝には、栄養バランスの乱れがかなり影響を及ぼすのです。

この結果、栄養不足によって血行不良となり、栄養や酸素が細胞に十分に行き届かないために、肩こりが起こっている可能性もあるのです。

このように肩こりを解消するためには、外部からのストレッチ等と同時に食生活の見直しも重要ですよ。

肩こりを解消するための栄養素とは?

肩こりを緩和することができ、血行を促進したり疲労を改善したりすることに、役立つ栄養素とは、どのようなものなのでしょうね。

①ビタミンB群

  • ビタミンB群は、生きるためのエネルギーを作るのに必要なものなのです。ビタミンB群は、効果を単体では発揮しにくいのですが一緒に摂ることで互いの相乗効果が働くのです。
  • ビタミンB群は、動植物性食品のいずからも摂れますから、普通に食生活をしていれば不足することはあまりないのです。
  • ビタミンB1は、代謝を助けて疲労を回復する働きがあります。
  • ビタミンB12は、血液を作るのに必要なもので、特に造血ビタミンで赤血球を作り出すのです。不足すると末梢神経の修復ができにくくなり肩こりの原因になります。

②ビタミンE

血行を良くする働きがあり、不足した場合には肩こりや頭痛等原因となりますよ。

③ビタミンC

ストレス等があると消費されやすいのです。

疲労感があって肩がこるなという場合には、積極的に摂る必要のある栄養素なのです。

④カルシウムとマグネシウム

神経や筋肉の働きに関係していて、丈夫な骨や筋肉を作るためには欠かせない栄養素なのです。そして、マグネシウムが不足すると、カルシウムの値も一緒に下がるという関係性があります。

それぞれの細胞の中と外にマグネシウムとカルシウムがきちんとした割合で入っていることがとても重要なのです。

⑤クエン酸

疲労回復に役立つ栄養素なのです。クエン酸回路というもの構成成分となり、細胞のエネルギーを脂質や糖質から生み出すものなのです。

もしクエン酸が不足すると、脂質や糖質が十分なエネルギーに変換できないので、乳酸としてたまってしまいます。

栄養素がとれる食材等は?

栄養素がとれる食材等は?

  • ビタミンB1・・・豆や玄米、豚肉、ウナギ、チーズ、牛乳、そして緑黄色野菜
  • ビタミンB12・・・レバーなどの肉類や魚類、貝類、卵、牛乳
  • ビタミンE・・・・アボガドや植物油、アーモンド等のナッツ類、うなぎ。油に溶けやすいので脂質と一緒に摂取すると吸収率が上がります。
  • ビタミンC・・・ブロッコリーや赤ピーマン、レモンやイチゴ、キウイ、柿等の果物
  • マグネシウム・・魚介類や大豆、ナッツ類、昆布、ワカメ等の海藻類
  • カルシウム・・・牛乳や乳製品、魚介類、大豆製品、ナッツ類等
  • クエン酸・・・・グレープフルーツやレモン、梅干し等

このように肩こりを解消できる栄養素をしっかりと理解して、それらを含む食材を意識的にも摂り入れてくださいね。

そして、栄養医学等の知識をきちんと知って意識した食生活を心掛けることで、肩こりも解消できますし、疲労回復にも役立ち健康な体づくりができますからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す