捻挫を早く治す為に毎日の生活で購入できる食べ物9選

スポンサーリンク

 

捻挫になると湿布を貼ったり、温めたりして捻挫を治療する方が多いのではないでしょうか?

もちろん湿布を貼ったり温めたりするのも大事ですが、さらに捻挫を早く治すためには食事にも気をつける必要があります。

捻挫に効果がある食べ物をとることで捻挫を早く治すことが出来ます。

ここでは、捻挫に効果があって日常生活でも購入できる食べ物をご紹介していきます。

スポンサーリンク

捻挫って何?

捻挫って何?

捻挫とは、手首や足首などの関節に過剰な力が加わると、靭帯が切れてしまったり伸びてしまったりする外傷のことを言います。

いろいろな関節で捻挫は起こりますが、特に捻挫になりやすいのは足の関節になります。

捻挫にどうしてなるのかというと、手や足などの関節に強い力が加わり関節の可動域を超えてしまうと、関節にある靭帯が損傷してしまいます。

靭帯が損傷してしまうと周りの血管が切れてしまい、皮下出血や腫れなどの症状が起きてしまい、それと同時に痛みの物質が生成されるので痛みを感じるようになります。

捻挫のレベルも3段階あります。

  • 1段階目は、痛みや腫れも軽く、靭帯が維持的に伸びている状態。
  • 2段階目は、痛みや腫れもひどく、靭帯の一部が切れてしまっている状態。
  • 3段階目は、痛みや腫れもひどく、靭帯が完全に切れてしまっていたり、関節が不安定な状態。

このように捻挫とは、子供から大人、老人などさまざまな年齢の方が誰でもなる外傷です。



スポンサーリンク


捻挫に効果がある栄養って?

捻挫に効果がある栄養って?

捻挫については分かっていただけましたか?

捻挫を治すには湿布をして冷やしたり、温めたりすると思います。

しかし、捻挫に効果がある栄養を摂ることでいつもより早く治すことが出来ます。

それでは、どんな栄養素が捻挫に効果があるのか見てみましょう。

タンパク質

タンパク質は多くのアミノ酸が結合した化合物で体を作るのに必要な栄養素です。

筋肉や内臓・皮膚や爪・髪などもタンパク質で出来ていますし、靭帯や腱・軟骨などの関節部分もタンパク質で出来ています。

つまり良質なたんぱく質を摂取すれば捻挫を早く治すことが出来ます。

ビタミンA

ビタミンAは、脂溶性ビタミンの1つで細胞の成長や修復させるのに必要な栄養素です。

ただ取りすぎてしまうと肝臓に蓄積されてしまい、頭痛や吐き気・発疹などの体の不調を引き起こしてしまいます。

しかし、関節の修復に効果があるので捻挫を早く治すことが出来ます。

ビタミンB群

ビタミンB群は、ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・葉酸などを総称した言い方です。

ビタミンB群はタンパク質の分解や合成に欠かせない栄養素です。

そのためビタミンB群が不足すると関節の修復に時間がかかってしまいますので、ビタミンB群を不足しないようにすると、捻挫で損傷した関節を早く修復することが出来ます。

ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの生成を助ける働きがあります。

コラーゲンは靭帯や腱などを作っているタンパク質の1つで、摂取することで捻挫を早く治すことが出来ます。

グルコサミンとコンドロイチン

グルコサミンとコンドロイチンは、靭帯や軟骨などの関節に柔軟性や弾力性・保水性を与えてくれます。

そのため、関節障害の予防や改善にも効果があります。
つまり摂取することで捻挫を早く治すことが出来ます。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸には、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)・α-リノレン酸などが含まれています。

オメガ3脂肪酸は炎症を抑える作用や血液の循環を良くしてくれる作用があります。

そのため、捻挫した当初の痛みや腫れを和らげるだけでなく、捻挫で損傷した関節を修復してくれるので早く捻挫を治してくれます。

捻挫に効果があり毎日の生活で購入できる食べ物9選

捻挫を早く治すのに効果がある栄養素について分かっていただけましたか?

もちろんこれらの栄養をサプリメントなどで手軽に摂取してもいいとは思いますが、すべてサプリメントで摂取するには大変だと思います。

そこで毎日の生活で購入できる食べ物でこれらの栄養を取ってはどうでしょう。

ここでは、捻挫に効果があり毎日の生活で購入できる食べ物を9つご紹介したいと思います。

肉類

肉類

肉類は、牛肉や豚肉・鶏肉などさまざまな種類があります。

みなさんも毎日の食事で良く取るのではないでしょうか。肉類には、捻挫で損傷した靭帯を修復するための「タンパク質」が多く含まれています。

また、豚肉にはタンパク質の分解や合成に欠かせないビタミンB群の1つビタミンB1が含まれています。

肉類を摂取することで捻挫を早く治すことが出来ます。

魚介類

魚介類

魚介類は、マグロやカツオ・イワシやサンマなどの種類があります。

魚介類にも肉類同様捻挫で損傷した靭帯を修復するための「たんぱく質」が含まれています。

また、タンパク質の分解や合成に欠かせない「ビタミンB群」や関節障害の予防や改善に効果がある「グルコサミンやコンドロイチン」、炎症を抑える効果のある「オメガ3脂肪酸」が含まれています。

その魚介類にも含まれていますが、特に多く含まれているのがイワシなどの青魚です。
青魚をとることで捻挫を早く治すことが出来ます。

レバー

レバー

レバーは鉄分というイメージがあると思いますが、捻挫を早く治すことができる栄養素が多く含まれています。

例えば、細胞の成長と修復に効果のある「ビタミンA」やタンパク質の分解や合成に効果のある「ビタミンB群」が多く含まれています。

レバーを食べることで捻挫を早く治すことが出来ます。

乳製品

乳製品

乳製品とは、牛乳やチーズ・バターなど牛乳や牛乳で出来た製品のことを言います。

牛製品にも捻挫を早く治すための栄養が多く含まれています。

例えば、捻挫で損傷した関節を修復するために必要な「タンパク質」や細胞の成長と修復に効果がある「ビタミンA」、タンパク質の分解や合成に欠かせない「ビタミンB群」などが含まれており、乳製品を摂ることで捻挫を早く治すことが出来ます。

大豆製品

大豆製品

大豆製品は、豆腐や納豆・枝豆やおからなど大豆から出来た製品のことを言います。

大豆製品には損傷した関節を修復するために必要な「タンパク質」やタンパク質の分解や合成に欠かせない「ビタミンB群」、関節部分に柔軟性や弾力性・保水性を与えてくれる「グルコサミンやコンドロイチン」が多く含まれています。

野菜類

野菜類

野菜は、葉物野菜や緑黄色野菜などさまざまな種類があります。

野菜には、コラーゲンの生成を助ける効果がある「ビタミンC」が含まれています。

また、ホウレン草や菜の花などにはタンパク質の分解や合成に欠かせない「ビタミンB群」が含まれており、ニンジンなどの緑黄色野菜には、細胞の成長と修復に効果がある「ビタミンA」が含まれています。

卵

卵にも捻挫を早く治すために必要な栄養素がたくさん含まれています。

特に多く含まれているのは損傷した関節を修復するために必要な「タンパク質」です。

このほかに、細胞の成長と修復に効果のある「ビタミンA」やタンパク質の分解や合成に欠かせない「ビタミンB群」などが含まれています。

これらの効果によって捻挫を早く治すことが出来ます。

ナッツ類

ナッツ類

ナッツ類はクルミやアーモンドなどのことを言います。

ナッツ類にも捻挫を治すために必要な栄養素が含まれています。

例えば、炎症を抑える効果がある「オメガ3脂肪酸」やタンパク質の分解や合成に欠かせない「ビタミンB群」などが多く含まれています。

植物性食用油

植物性食用油

植物性食用油とは、ごま油やえごま油・アマニ油など植物から搾った油のことを言います。

この植物性食用油には、炎症を抑える効果がある「オメガ3脂肪酸」が多く含まれています。

炒め物などをする際の油を植物性のものに変えるだけでも年剤に効果を発揮してくれますし、青魚が苦手な方などで「オメガ3脂肪酸」を取りたい方は、油をスプーン1杯サラダなどにかけてとっても捻挫に効果がある栄養素を摂ることが出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す