豆乳の男性への効果!肌や髪の毛には良いが筋肉が落ちて中性化する?

スポンサーリンク

 

豆乳は女性が飲むイメージが強いですが、どなたでも飲むことで効果を得ることができます。特に男性は豆乳を飲む機会が少ないですが、男性にも嬉しい効果を得ることができます。しかし、その反面過剰に摂取してしまうと体に悪影響を及ぼすこともあります。

ここでは、豆乳を飲むことで男性が得ることができる効果と豆乳を飲み続けることによって表れる体への影響についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

豆乳の男性向けの効果って?

豆乳の男性向けの効果って?

女性は豆乳を飲むことによって、女性にとって嬉しい効果を得ることができます。男性も女性と同様豆乳を飲むことによって、男性に嬉しい効果を得ることができるのです。

ここでは、豆乳を飲むことによって男性が得ることができる効果についてご紹介します。

肌荒れ改善

男性にとっても肌荒れは気になるものですが、豆乳を飲むことで肌荒れを改善することができます。

豆乳には、健康や美容に効果を発揮する栄養素がたくさん含まれています。

その中でも【ビタミンB1】【ビタミンB2】【ビタミンE】などの成分は、肌にコラーゲンを与え老化を防ぐことができるため肌荒れに効果を発揮してくれます。

また、豆乳には【リノール酸】を含むたんぱく質が豊富です。

”リノール酸って何?

不飽和脂肪酸の一種で、多価不飽和脂肪酸。体内で生成できない必須脂肪酸。植物油に多く含まれる。

血中コレステロール値や中性脂肪値を下げる作用があるため、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病予防に役立つほか、血圧低下作用、コレステロール系胆石症の予防などの作用があるとされる。

また、酸化されやすい性質をもち、酸化すると体内で発がんの可能性がある過酸化脂肪酸を生じる。

引用元:コトバンク

このようにリノール酸には、肌の老化を防いだり、保湿を促す働きがあるのでアンチエイジングにも効果を発揮してくれます。

抜け毛・薄毛予防

男性の抜け毛や薄毛は【ジヒドロテストステロン(DHT)】という男性ホルモンが増えることが主な原因です。しかし、豆乳を飲むことによって薄毛や抜け毛の原因である男性ホルモンを抑えることができます。

なぜ男性ホルモンを抑えることができるのかというと、豆乳に含まれる【イソフラボン】には女性ホルモンに似た働きをします。この働きによって女性ホルモンが増え、男性ホルモンを抑えることができ、薄毛や抜け毛を予防することができます。

また、豆乳に含まれる【レシチン】には血行を良くする効果があるため、必要な栄養を頭皮に届けることができ、髪にハリやコシを与えることができます。

髭や体毛を薄くする

男性は、髭や体毛が硬く・濃くなりますが、これも髪の毛同様男性ホルモンが原因です。豆乳を飲むことで女性ホルモンと似た作用をする【イソフラボン】を摂取することができるので、男性ホルモンの働きを抑えることができます。

髭や体毛が濃い男性の方は、豆乳を飲むことによって髭などを薄くしたり、柔らかくさせることができます。また豆乳に含まれる【サポニン】は、皮膚を柔らかくして毛穴をきれいにしてくれる効果がので、髭剃りによって肌荒れを起こしやすい男性の強い味方にもなります。

筋肉をつけやすくする

男性は肉体改造のために筋肉をつけようとしますが、そんな時高たんぱく質の食事を取ることが必要になってきます。

豆乳には、植物性で質の良いたんぱく質が多く含まれています。植物性たんぱく質なので、動物性のような脂肪やコレステロールを含んでおらず、太りにくく吸収させやすいのが特徴です。

また、植物性たんぱく質なのに動物性たんぱく質と同様の体内に蓄積させやすいという性質を持っているので、太ることなく筋肉を効率よくつけることができます。

体臭の軽減

男性は年齢を重ねるごとに体臭が気になります。

その体臭の原因は、腸内環境が悪くなって腸内に溜まった老廃物が毛穴や汗から分泌されるために起こります。

豆乳自体に体臭を抑える成分が入っているわけではありませんが、豆乳に含まれる【オリゴ糖】が善玉菌の働きを良くし、腸内環境を整えることができます。腸内環境を整えることができれば、腸内に溜まった老廃物を減らすことができ、体臭を軽減することができます。

これら以外にも、豆乳には

  • 脳の活性化
  • 成人病予防
  • 糖尿病予防
  • 動脈硬化の予防
  • 脂肪肝の予防

など、体への健康効果も期待することができます。



スポンサーリンク


男性が豆乳を飲み続けると筋肉が落ちて中性化する?

男性が豆乳を飲み続けると筋肉が落ちて中性化する?

豆乳によって男性が得ることができる効果について分かっていただけましたか?

しかし、いくら効果があるからといって飲みすぎてしまうと体に悪影響が出たりします。ここでは、男性が豆乳を飲み続けることによって表れる体への影響についてみてみましょう。

豆乳を飲むことによって女性だけでなく男性にも嬉しい効果を発揮してくれます。

豆乳には、女性ホルモンと似た作用をする【大豆イソフラボン】が多く含まれています。1日の摂取量を守っていればいいのですが、過剰摂取してしまうと体内の男性ホルモンよりも女性ホルモンのほうが増えてしまいます。男性の体に女性ホルモンが増えてしまうと、筋肉が落ち皮下脂肪を蓄えやすくなってしまい、筋肉がつきづらくなるだけでなく女性らしい体になってしまいます。

また、イソフラボンにはバストアップ効果があるため、男性でも豆乳を飲みすぎてしまうと女性のように乳房が肥大化することがあります。

これ以外にも、豆乳に含まれるイソフラボンを摂ることによって女性ホルモンが増えるため、性機能が低下したり精子量が減ったりするなどの影響も出てきます。

このように、男性は豆乳を飲み続けることによってイソフラボンを過剰摂取してしまうと筋肉が落ち中性化してしまいます。そうならないためには、1日に摂取できるイソフラボンの上限を超えないようにする必要があります。

イソフラボンの1日の摂取の上限は【70~75mg】と食品安全委員会で決められています。つまり、この摂取上限を超えないように注意して摂取するようにします。

1日の豆乳の摂取量の目安は、大豆製品を食べることを考え1日200ml程度に抑えるようにしましょう。

女性だけでなく男性にとってもイソフラボンは大事な栄養です。きちんと摂取量を決め、体への悪影響が出ないように注意しながら摂取しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す