豆乳の女性向けの効果!いつ飲むべき?不妊や髪の毛にもいい影響が?

スポンサーリンク

豆乳は大豆からできており、さまざまな栄養素が入っているので老若男女問わず飲まれています。特に、女性には豆乳を飲むことで嬉しい効果がたくさんあります。

ただ、女性にとっての豆乳がどのような効果があるのか、いつ飲めばいいのかなど毎日飲んでいても詳しく知らないという方もたくさんいると思います。

ここでは、女性向けの効果や飲む時期など豆乳について詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

豆乳の女性向けの効果って何?

豆乳の女性向けの効果って何?

豆乳は大豆を砕きさまざまな製造過程を経て、飲みやすくしたものです。

豆乳の中にはさまざまな栄養成分が入っており、その栄養成分は女性にとって嬉しい効果をもたらしてくれます。ここでは、女性に嬉しい豆乳の効果についてみてみましょう。

美肌効果

豆乳に含まれる「イソフラボン」には、肌を美しくする効果があります。

“豆乳に含まれるイソフラボンって何?

大豆に含まれている特殊な成分でフラボノイドの一種です。ダイゼイン、ゲニステインなど15種類ほどの成分があり、これらを総称してイソフラボンと呼びます。

主な機能は二つ。

それが【エストロゲン様作用】と【抗酸化作用】です。この二つの機能が相乗効果を発揮することで、健康や美容に大きな効果をもたらしてくれます。

引用元:イソフラボンの大百科

このほかにも、肌の新陳代謝を良くする「ビタミンBやサポニン」、血行を良くする「ビタミンE」が含まれているので、美肌を作ることができます。

便秘解消

豆乳には「オリゴ糖」が含まれているので便秘を解消することができます。オリゴ糖は、腸の中にあるビフィズス菌という善玉菌の栄養になります。

このビフィズス菌は、腸内環境を整えるのに必要で腸内で増やすことによって排便を促すことができるので、便秘解消に効果を発揮してくれます。

生理痛の緩和

豆乳に含まれる「イソフラボン」には、女性ホルモンの一つエストロゲンと似たような作用をしてくれます。

生理痛の原因は、女性のホルモンバランスが乱れることです。

豆乳を飲むことで、イソフラボンを摂取することができ、乱れてしまったホルモンバランスを整えることができるので、生理痛を和らげることができます。

不妊

豆乳には、不妊に効果を発揮してくれます。妊娠するためには、受精卵が子宮内膜に着床して育てる必要があります。

しかし、そのためには子宮内膜が着床するために十分な厚さでなければなりません。豆乳には、エストロゲンと似た作用をする「イソフラボン」が含まれているので、ホルモンバランスを整え子宮内膜を着床するために必要な厚さにすることができます。

また、豆乳に含まれるイソフラボンやサポニンには、抗酸化作用があるので卵子の質を良くしたり、卵子が老化するのを予防することもできます。ただし、効果があるとは言っても過剰にとりすぎてしまうと、逆にホルモンバランスを乱すことになるので注意しましょう。

薄毛や抜け毛予防

女性の薄毛や抜け毛は女性ホルモンが大きく関係しています。ホルモンバランスが乱れることによって、薄毛や抜け毛になりやすいのです。

例えば、出産後や閉経後など女性ホルモンのバランスが乱れると薄毛や抜け毛になりやすいのです。豆乳には、エストロゲンに似た作用をするイソフラボンが含まれており、髪の毛を作る細胞を活性化させることができます。

また、豆乳には髪の毛の原料でもある「たんぱく質」や血液の流れを改善させる「リノール酸」、髪の毛を作るために必要な「亜鉛」も含まれているので、女性特有の髪の悩みを改善させることができます。

これら以外にも豆乳は、「更年期障害」や「バストアップ」など女性に嬉しいさまざまな効果を発揮してくれます。



スポンサーリンク


豆乳はいつ飲むべき?

豆乳はいつ飲むべき?

豆乳の効果について分かっていただけましたか?

豆乳は女性にとってさまざまな効果を発揮してくれますが、どのタイミングで飲めば最大限効果を発揮してくれるのでしょう。ここでは、豆乳をいつ飲めば効果を最大限発揮させることができるのか見てみましょう。

豆乳の効果を最大限発揮させるためには、得たい効果によって飲む時間を変えるといいです。

例えば、

【夜寝る前】に豆乳を飲むと、脂肪を燃焼させる体を作ることができるので、痩せやすい体質にすることができます。また、夜寝る前に豆乳を飲めば女性ホルモンのバランスを整える効果も得ることができます。

【食事の30分前】に豆乳を飲めば、豆乳に含まれるサポニンの働きによって、コレステロールの吸収を抑制できるので、食事によって起こる血糖値の上昇を緩やかにできます。

【起床後】に豆乳乳を飲めば、豆乳の栄養をすばやく吸収することができるだけでなく、便秘改善にも効果を発揮してくれます。

これ以外にも、【小腹がすいた時】に飲むとお腹を満たしてくれるので間食しなくてすみますし、すぐ消化してくれるので胃の負担も少ないです。

このように、自分が得たい効果によって豆乳の飲む時間を変えると豆乳に含まれる栄養の効果を最大限に生かすことができます。

豆乳は生理前でも飲んでもいいの?

豆乳は生理前でも飲んでもいいの?

豆乳を飲む時間については分かっていただけましたよね。

ただ、ここで気になるのは女性ホルモンと似た作用をするイソフラボンが入っている豆乳は生理前に飲んでも影響がないのかということです。ここでは、生理前に豆乳を飲んでも影響が出ないのか見てみましょう。

生理前になると女性ホルモンである【エストロゲン】が体内で自然に増えていきます。

そこで、豆乳を飲んでしまうと【エストロゲン】の量が必要以上に増えてしまい、もう一つの女性ホルモンである【プロゲステロン】が不足してしまい生理周期が乱れてしまいます。

ただし、これは豆乳を過剰摂取した場合に起こることです。一日の摂取量の基準を超えなければ、生理周期が乱れることはありません。逆にPMS(月経前症候群)の症状や生理痛の症状を軽減させることができます。

食品安全委員会で、大豆イソフラボンの1日の摂取上限は70~75mgと決められています。つまりそれ以上にならなければ豆乳を飲んでも大丈夫ということです。

含まれているイソフラボンの量は、豆乳の種類によって変わります。調整豆乳よりも無調整豆乳のほうがイソフラボンの含有量は多く、200ml当り約30mgの大豆イソフラボンが入っています。

また、豆乳で摂取量の上限まで摂ってしまい、大豆製品を食べてしまうと1日の上限を超えてしまいます。つまり、大豆製品を食べてしまうことを考えて1日200mlの豆乳を飲むようにすれば、生理前でも安心して豆乳の効果を得ることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す