RSウイルス感染症のピークはいつ?出席停止の期間はどれくらい?

スポンサーリンク

 

ウイルスの感染症で、流行するものには何種類かありますね。その中にRSウイルス感染症というというものがあります。幼児の場合には、100%の確率で感染すると言われているウイルス感染症です。

感染すると命に関わるほど重症になることもあります。

ではRSウイルス感染症のピークはいつで、感染した場合、園や学校の出席停止の期間はどれくらいなのでしょうか?そのような点についてご説明します。

スポンサーリンク

RSウイルス感染症とは

RSウイルス感染症とは

RSウイルスとは、どういったものなのでしょう?RSウイルス感染症を引き起こす原因となるウイルスで、2歳になるまでの子どもであれば、ほぼ100%感染するといわれています。

1度しか感染しないこともあれば、何度も感染する子どももいます。

症状としては、風邪ぐらいと考えがちですが月齢が低い子どもが感染すると免疫力が弱いために症状も重症になる場合が多いのです。



スポンサーリンク


RSウイルス感染症の症状とは

RSウイルスの症状は、軽度の場合には風邪ぐらいの場合もあるのですがさまざまで、重症になると肺炎のような症状になることもあります。

一般的な症状としては、

  • 鼻水
  • 咳発

です。

咳の場合には、乾いた感じの咳で熱はほとんど38度ぐらいまでのことが多いです。鼻水は、数日間続くような感じになります。

RSウイルス感染症になっても70%ぐらいの子どもは、1週間程度でこういった症状が出て治ります。でも残り30%の子どもが重症化することがあるのです。

最悪の場合には、危篤状態になることもある恐ろしい感染症で先述しましたが、月齢が低い子どもの場合には肺炎から重篤な状態になりますので注意が必要です。

RSウイルスの症状は、何日目がピークなのか

RSウイルスに感染すると鼻水や咳、熱などの症状が、1週間ほど続きます。そして、症状がピークになるのは発症してから3日目から4日目と言われています。

その間には、鼻水や咳もひどくなって熱もピークになります。そして、そのピークを越えればしだいに症状は治まってきます。

大人などが感染すると

2b

2歳以上の幼児や大人が感染した場合には、風邪のような軽症な症状なのでRSウイルスの感染症だと気が付かずに乳児にうつしてしまう場合があります。

乳児がいる場合に家族でうつしてしまうことになりますので、保育園の年中以上の幼児や大人も感染には注意してください。

成人や小学生以上の学童が感染する場合には、鼻からの感染が多く風邪程度で治まるということが多いようです。ただ、気管支炎から喘鳴を起こしたり肺炎を起こしたりすることもありますので、注意してください。

症状が悪くなると5日間程度、38度以上の発熱が続くようなことにもなります。

高齢者がRSウイルスに感染した場合には、重症化する急性の下気道炎を起こす要因となることもあり、長期療養施設内などでは特に集団の発生が危惧されます。

出席停止の期間は

保育園や学校への出席停止に関する基準になる法令の定めは、RSウイルス感染症の場合にはないのです。ですが感染症にはなりますので文部科学省の方からは、次のような目安が示されています。

RSウイルス感染症などの急性細気管支炎での登校や登園の目安

2c

咳や発熱などの症状が治まって安定し、全身の状態が良い者は登校や登園は可能になるが手洗いなどを励行するというものです。

ここに示されている内容から考えると症状や状態などをしっかりとみて、良い状態だと思われれば、登園や登校はできるというものです。登園や登校日について家庭で判断するのが難しい場合もあると思います。

そのような時には、かかりつけの医師と相談して判断してくださいね。

RSウイルスの感染者は、例年冬期にピークとなります。しかし2011年以降は、夏期に少ない状態だったものが7月頃から感染者が出始めるようになっています。

このようにRSウイルス感染症の発生時期が、早まる傾向になっていますので今後は、夏場でも注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す