ロタウイルスの予防接種いつまでに受けるべきか?金額はどれくらい?

スポンサーリンク

 

ノロウイルスのようにロタウイルスというのは、感染性胃腸炎の一種です。

激しい下痢や嘔吐を起こし、重度の脱水を起こした場合には入院による点滴治療も必要となります。ではこのようなロタウイルスを予防するための予防接種は、いつまでに受ける必要があるのでしょうか。

またその費用はどれくらいかかるのかなどについてご説明します。

スポンサーリンク

ロタウイルスとは

ロタウイルスとは

ウイルスの中でも主に感染性胃腸炎を起こすものは、

  • ノロウイルス
  • アデノウイルス
  • サポウイルス

があり、ロタウイルスもその1つです。

しかし、ロタウイルスは感染力の非常に強いウイルスと言われています。

というのも1個から10個程度のごく微量のウイルスでロタウイルス感染を起こします。

生後6か月から2歳頃までの乳幼児を中心に感染します。世界中では、ロタウイルスに5歳までの子どものほとんどが感染するとも言われているほどです。



スポンサーリンク


ロタウイルスのワクチンとは

現在国内で承認されているロタウイルスワクチンは、2種類あります。

  • ロタリックス
  • ロタテック

というもので、ワクチンの採用については各医療機関の自由となっています。どちらも生ワクチンで生きたウイルスの毒性を弱めて生成したものです。

  • ロタリックスは2回の接種
  • ロタテックは3回の接種

が必要となります。

ただロタテックに関しては、同じロタテックワクチン同士であっても違うワクチンを受ける場合にも次のワクチンを接種をする時は、4週間空けなければいけないようです。

そういったこともありロタリックスを採用している医療機関も多いようです。

効果は殆ど変らないのですが、ロタテックは接種の仕方が簡単で口の中に1滴入ればよいという簡便さがありロタテックを採用している場合もあります。

ロタウイルスワクチンの接種時期の違い

ロタウイルスワクチンの接種時期の違い

ロタリックス・・・初回の接種は、生後14週6日までに遅くとも受け生後6週から生後24週までの間に2回受けます。そして生後24週を過ぎると接種はできなくなります。

ロタテック・・・初回接種の接種はロタリックスと同様で生後14週6日までに受け、生後6週から生後32週までの間に3回受けなければいけません。また生後32週を過ぎると接種は不可となります。

どちらのワクチンの場合にも、生後6週から15週までの間に初回を接種しなければいけません。というのも、15週を超えてしまうと腸重積を副反応として起こしてしまうリスクが高くなるからです。

しかもどちらのワクチンの場合にも推奨月齢や接種の間隔は週単位で計算しており、もし1日でも過ぎた時には適応なしとされたり補助の対象もなくなったりすることがありますので注意してください。

ロタウイルスワクチンの費用

ロタウイルスワクチンの費用

日本では、ロタウイルスワクチンは任意接種となっています。

ロタウイルスワクチンの価格は、

  • ロタリックス⇒1回(14,000円から15,000円)2回(30,000円)
  • ロタテック⇒1回(9,000円から10,000円)3回(30,000円)

自治体によっては、補助金を出している場合もありますが、自己負担はそれでもかかります。

また、ロタウイルスワクチンは、ロタウイルス以外の胃腸炎に罹っても効果はないですし、費用がかなり高額で自費診療になるために接種をためらう方も多いのです。

しかも、生後6週で開始しないといけませんので、定期接種の他のワクチンよりも先に受けなければいけません。そのために認知度も低くなり半数にも接種率が届いていないのです。

ロタウイルスは命に関わる感染症です。そしてロタウイルスワクチンは、乳幼児に起こる重症ロタウイルス胃腸炎を予防するためにも重要なワクチンとなっています。赤ちゃんが受けるべき最重要ワクチンとWHOも位置づけているほどです。

ただ日本においては、医療制度が整っていて脱水症状を起こした場合に点滴治療を容易に受けられるためにあまり重要視されていないのが現状です。

しかし毎年数人は、国内でもロタウイルスの感染が原因となって亡くなっている子どももいます。もしワクチンで防げるのでしたら接種しておきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す