家族がロタウイルスに感染した時のカーペットや衣類の消毒方法

スポンサーリンク

 

強い感染力をロタウイルスは、持っていますので子どもが感染した場合には、看病している家族は感染する恐れがあります。手の消毒はもちろんのこと衣類や布団などの汚れ物の処理も大変なことです。

しかもさまざまな消毒剤に対してロタウイルスは、高い抵抗性を持っていますので、消毒剤にも注意が必要となります。

それでは、ロタウイルスに感染した患者のカーペットや衣類の消毒方法とはどのようにすればよいのかについてご説明します。

スポンサーリンク

ロタウイルスの消毒

ロタウイルスの症状である下痢や嘔吐によっての吐しゃ物や排泄物の処理も徹底する必要があります。

事前の服などの消毒

事前の服などの消毒

ロタウイルスに感染した場合には、水便になりますので便がおむつから漏れたり、幼児ではトイレが間に合わずに服を汚すということが多いのです。

吐しゃ物や便で汚れた服などは、できれば処分すると良いのですが全てを処分するという訳にはいきません。その場合に洗濯をしなければいけませんが、除菌をしっかりとしてから洗濯機などに入れないとロタウイルスに洗濯機が汚染されるということになります。

正しい洗濯方法でしないとロタウイルスがタオルや家族の衣服などの洗濯物にも付着して、家族全員が感染するということになってしまいますので注意してください。

まずは、0.1%、1000ppmの消毒液をスプレーしたキッチンペーパーなどで、服に付着している吐しゃ物や便をきちんとウイルスが飛び散らないように拭き取ります。

次にビニール袋に拭き取った吐しゃ物や便を入れ、同様の消毒液をかけてからビニール袋の口の部分をしっかりとしばります。

それをさらに別のビニール袋に入れて口の部分を縛って密閉します。同じ濃度の洗濯用の消毒液をバケツに入れて、吐しゃ物や便を拭き取った服を入れ10分以上浸けます。

この時に処理をする方は、空気中に舞うロタウイルスを作業中に吸い込まないように使い捨てのマスクやビニール手袋、ヘアキャップや袖付きエプロンをしなおゴーグルもしてしっかりとガードするといいですね。

絶対に直接触ったりすることのないようにしましょう。

浸け置きした洗濯液は、0.1%、1000ppm以上の濃い消毒液を使用後に入れ10分以上置いてから処分してください。

服の洗濯

服の洗濯

洗濯機で浸け置きして除菌した服を洗って後片付けと消毒を行います。

洗濯機で洗濯するのですが、もし85℃以上のお湯が使用できるのであれば1分以上洗うとより効果的です。またすすぎを念入りに行ってください。

乾かす場合には、日光に当て乾燥機で乾かす場合には、高温で乾かすとさらに効果的です。

洗濯後には、0.02%、200ppmの消毒スプレーを洗濯槽やバケツなどに吹きかけてください。

処理する時に使用した使い捨てのマスクや手袋などは、ビニール袋に入れてから消毒スプレーを吹きかけて密閉し処分してください。その後手洗いやうがいをしっかりと行ってください。

カ-ペットの消毒

カ-ペットの消毒

一日に複数回の嘔吐などで服だけでなく床も汚してしまいます。

例えば、嘔吐を1mの高さからするとフローリングでは2.3m、カーペットであればおよそ1.8m飛び散ります。もちろん側で看病している方にも汚物が飛び散ってしまいます。

カ-ペットは洗濯機洗いや手洗いが難しいですね。付着した吐しゃ物や便を服の消毒の仕方と同様の方法で拭き取り、汚れている部分には0.02%、200ppmの消毒スプレーを吹き付けてください。

まず何度もボロ布などで拭き、その後はできれば屋外で日光に当てるなどして乾燥させてください。その後スチームアイロンなどを浮かせて高温で殺菌してください。



スポンサーリンク


ロタウイルス消毒液の作り方

ロタウイルス消毒液の0.1%、1000ppmの作り方は、500mlの空のペットボトルに半分ほど水を入れます。そのペットボトルの蓋の7分目くらいが5mlになりますので、キッチンハイターやキッチンブリーチを先ほどのペットボトルに2杯入れます。ペットボトルに水を加えて満タンにすると完成です。

ちなみにペットボトルのキャップは1杯が約7.5mlです。

このように市販の消毒液が無い場合には、キッチンハイターなどで簡単に作れますので、予防のためにも消毒をしっかりとしてください。

なお消毒液を作る時には、換気扇をつけたり窓を開けたりして換気しながら、ゴム手袋やマスクを着用して作りますが、手で消毒液を直接触らないように注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す