プール熱に妊婦が感染した時に考えられる影響とは?

スポンサーリンク

 

幼稚園や小学校に行っているお子さんがいるとプール熱に夏場にかかることは、多いですよね。それは、プールに入ることで感染するからなのです。

そのようなお子さんがいるお母さんの中で妊婦さんであった場合には、特に感染が心配です。というのも妊婦さんであれば胎児の影響を考えて簡単に薬を飲むわけにもいかないからです。

では、妊婦がプール熱に感染した場合に胎児への影響は、どのようなものなのか、またかかった時や予防するための方法等をご説明しますね。

スポンサーリンク

妊婦がプール熱に感染したときの主な症状と胎児への影響

妊婦がプール熱に感染したときの主な症状と胎児への影響

妊婦の場合には、ウイルスに対する免疫力が特に低下しているので、うつりやすいのです。

そして子どもと同様の症状が出ます。それは、高熱やのどの痛み、目の充血などの結膜炎の症状です。のどの痛みなどの症状は、薬が飲めないことから他の患者よりもきつく感じることがあります。

さらに体力が、妊娠中はどうしても落ちていますから、高熱が3日間から4日間は出ますが合併症はおきません。

それと気になる胎児への影響ですが、プール熱の場合には胎児への影響はありません。

とはいえ、プール熱では39度以上の高熱が、ひどい場合には1週間続くこともありますし熱の上下を繰り返します。

そのために、赤ちゃんの体温調節に影響が出るのではないかといわれています。それは羊水の温度が上がりすぎるのではないかと心配されるためなのです。でも研究はしているものの明確な検査方法は、現在はないそうです。

心配な方は、念のために産婦人科を受診してくださいね。



スポンサーリンク


病院での治療

病院での治療

プール熱などのアデノウイルスが原因の場合には、治療法がなく対処療法となります。プール熱に妊婦がかかった場合には、産婦人科を受診しましょう。

妊婦でも飲むことができる薬を紹介してくれますが、つらい症状を和らげる程度の薬となります。

病院に行かずに勝手に薬を飲むというようなことは、くれぐれもしないでくださいね。それとしっかりと体力をつけるために休息を取り、食事も量より質を重視して栄養補給を行って、水分と塩分も脱水症状の対策のために適時とりましょう。

感染しないための予防法

プール熱に子供がかかってしまった場合には、自分にまず感染しないように予防してください。

子どもがかかっている場合

子どもがかかっている場合

まず家の中でもマスクをして感染を防ぎます。

子供の衣服は、 プール熱にかかっているので他の家族や自分のものとは別に洗います。タオル等も共用しないでください。

感染した子どもとお風呂に一緒に入らないことです。というのもプール熱では、ウイルスが便にも含まれているため感染することがあるのです。できれば、かかった子供はシャワーだけにするか塗れたタオル等で汗や汚れを拭き取るようにしましょう。もちろん体を拭いたタオルは共用せずに使い捨てることをお勧めします。

日頃からの予防

子供には、プール熱にかからないように、手洗いやうがいの習慣をつけます。というのも咳やくしゃみなどの飛沫感染や唾液がついた手等の接触感染でプール病は、うつるからです。

さらにプール熱が学校や地域で流行った場合には、できればプールへ入ることを控えたりマスクを着用させたりして、感染者から守りましょう。

ウイルスに負けない体づくりが、感染症対策には大切です。そのために食欲が低下している場合でも、免疫力を補強するためにビタミンAやC、Eを意識した食材を摂るように栄養補給を心がけましょう。

22時以降は、休んで十分な睡眠をとり体に疲れをためないことが重要ですよ。

このようにプール熱に対する妊婦さんの対応や予防、赤ちゃんへの影響等についてお伝えしました。どうしてもプール熱にかかったお子さんの手当てなどをしないといけないので、2次感染が心配です。でも上述の対応をとっていただき、できるだけプール熱に感染しないようにしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す