プール熱の感染した時のうつるまでの潜伏期間と治療方法とは?

スポンサーリンク

 

夏になると子どもたちが楽しみにしているのはプールでの遊びや活動ですよね。でも、親ごさんが心配しているのは、プール熱ではないでしょうか?特に幼児や小学生がかかりやすいとも言われています。

では、プール熱とはどのような病気でその潜伏期間や治療法には、どのようなものがあるのかをご説明しますね。

スポンサーリンク

プール熱とは!

プール熱というのは、感染力が非常に強いアデノウイルス性のウイルス感染症なのです。そして、学校伝染病第2種指定の伝染病として文科省の指定となっています。そのため症状が現れた時点で早く病院で受診して、学校も停止になりますから自宅で安静にして治療をしてください。

というのも、アデノウイルスを予防するためのワクチンや病気を治療するための特効薬というのが、今のところはまだないので感染したとしても対症療法をとるしか方法がないからなのです。

また、アデノウイルスが原因となる夏場の感染病は他にも多いですので、見分けづらいのです。以下の症状の特徴をしっかりと確認してください。

初期症状

のどの痛み・・・扁桃腺の腫れでのどが痛くなって腹痛や頭痛が同時におこります。

急な発熱・・・・4日から5日間ほど37度から38度の微熱が続きます。でも突然40度近くの高熱が1日の間に出ることもあり熱は上がったり下がったりを繰り返すのです。

結膜炎・・・・・目やにやかゆみの症状や目が真っ赤になる炎症も起こします。そのため涙が止まらなくなり、まぶしくも感じます。

また、倦怠感や疲労感も出ます。



スポンサーリンク


プール熱の潜伏期間や病院への受診等は

プール熱の潜伏期間や病院への受診等は

プール熱の潜伏期間は、3日から7日とされています。主な原因は塩素処理がきちんとされていないような不衛生なプールに入ることで感染するのです。

プール熱の初期症状がみられた場合には、まず病院を受診して医師の診断を受けましょう。アデノウイルスは、のどを綿棒でこすって粘膜が付着したもので調べたり、血液検査を実施して調べたりします。もちろん初期症状の様子も親ごさんの方で報告してください。

また、子どもさんが通っている教育機関等でもプール熱が流行っていないか確認してください。

もし診察でプール熱と診断された場合には、学校へ連絡して出席を停止してくださいね。

プール熱の治療方法とは

プール熱の治療は、つぎのような対症療法をとってください。

水分補給

水分補給

プール熱になると下痢や嘔吐をすることがあるのですが、それはウイルス性胃腸炎にかかっている事があるからなのです。そして脱水症状になることがありますので、水分補給を充分にしましょう。水分補給をする場合には、経口補水液が良いのですが、無い時には麦茶やスポーツドリンクと一緒に塩を少し摂ることが大切です。

熱への対処

プール熱では、40度近い高熱が出ますので驚かされますし本人も辛いのです。でも、体はウイルスを熱を出すことで排出しようとしていますので、極力解熱剤の使用はやめましょう。

どうしても高熱が心配な時には解熱薬を使用しますが、時間がたてば再び発熱します。

また、部屋の温度をエアコン等で調節し、少しでも寝やすくして睡眠をしっかりとったり、通気性の良い衣服に着替えさせ安静に過ごさせましょう。

質の良い食事を摂る

質の良い食事を摂る

食事をとることものどの痛みで辛いので、のどごしの優しい消化のよい食事を用意しましょう。例えば、免疫力を上げる良質なタンパク質の豆腐や味噌汁、子どもの好きなプリンやゼリー、アイスクリームも水分補給になりますので、これらで体の回復を図りましょう。

入浴等

高熱が出ている時は、塗れたタオルであせも予防のためにも体を拭いて汗や汚れをふきとりましょう。熱が下がった後は、入浴ができるのですが家族内へ風呂を介して感染する恐れがありますので、シャワーのみにするとか最後に入るようにします。

体をふいたタオルからも感染してしまいますので、タオルは使用したら破棄し、うがいや手洗いもまめに行いましょう。

その他ノドが痛い場合には、うがいや鎮痛薬を用い、眼球結膜充血や眼脂、眼のかゆみにはステロイドや抗ヒスタミン薬、抗生剤入りの点眼薬を使用してください。

プール熱の初期症状やその潜伏期間、治療の際の方法や注意点についてご紹介しましたが、くれぐれも十分な睡眠と安静とで免疫力が落ちないようにすることが大切です。ひどい時には、肺炎を起こすこともありますので注意が必要ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す