プチ断食の回復食で豆腐とうどんが良いとされる理由

スポンサーリンク

 

断食の後、通常食に戻す前の段階的な食事である「回復食」は、消化しやすく、胃腸への負担が少ないことが重要です。

断食の後、急に通常と同じような食事を食べてしまうと、食べたものを消化できず、消化不良を起こしてしまう可能性があるのです。空の胃腸は、下がった血糖値を上げようとして糖分はもちろん食べた食事の栄養素を全て吸収しようとします。

断食をしていた期間(日数)と同じ期間、胃や腸に優しい食べ物を少しずつ食べることで、緩やかな回復を目指しましょう。

回復食で重要なことは、①断食日数と同じ日数の回復食が必要、②消化の良い食事を少量とることです。

そこで、回復食に良いとされる食べ物2種、豆腐とうどんを紹介します。

うどんがプチ断食の回復食として良いとされる理由

うどんがプチ断食の回復食として良いとされる理由

うどんは離乳食にも使われるように、茹で方次第で硬さを変えられます。柔らかくすれば、消化の良い食べ物になりますが、注意は柔らかいために噛まずに飲みこんでしまうことでしょうか。

柔らかく作ったとしても噛まないで飲んでしまうと胃に負担をかけてしまいますので、しっかり意識的に噛んで食べて下さい。よく噛むことで、食べたものを胃の中で消化しやすい形にし、内臓の負担を減らすようにします。

しかも、噛むことで満腹中枢を刺激し、満腹感を得やすくなります。逆に、噛まずにするっと飲みこんでしまうと満腹感が得られにくくなくなってしまいますので注意してください。

うどんは炭水化物とデンプンを多く含むので、断食からの回復食のメニューとしては「主食」になります。炭水化物は吸収効率が良いのがポイントです。

ちゃんと噛んで、唾液をしっかり出しつつ食べれば白米より消化が良く、回復食として非常に良いメニューになります。

肉や油揚げなどの具を入れたくなるのをグッと堪えて、素うどんで食べましょう。どうしても何か入れたいという時には、梅干しを足してみましょう。自宅で作る際に、茹で麺を使えば「おかゆ」を作るより簡単に作れるのも良いですね。

ただし、断食後に良質な炭水化物を摂ることは大切ですが、炭水化物は血糖値を上昇させるので、脂肪をためこみやすくなります。炭水化物以外も摂取するように注意して回復食を摂るようにして下さい。



スポンサーリンク


豆腐がプチ断食の回復食として良いとされる理由

豆腐がプチ断食の回復食として良いとされる理由

調理が簡単という意味では、お豆腐の右に出るものはないでしょう。豆腐は、柔らかく消化に良いだけでなく、大豆たんぱくの固まりですので、回復食としてはとても良いメニューです。

高タンパク(しかも植物性タンパク)で低脂肪な豆腐は、胃腸に優しい中にも筋肉量を増やすためには重要な栄養源です。お豆腐は非常にシンプルながら、温めても冷やしても食べられますので、暑い時期には冷奴で食べるのも良いでしょう。

冷奴で食べる場合には生姜も一緒に食べて下さい。代謝があがります。寒い時期には身体が温まる湯豆腐がお勧めです。さらに、お豆腐は味噌汁に入れることもできます。お味噌にもタンパク質と塩分が含まれているので回復食としてもバッチリです。

しかも、お豆腐には、高野豆腐や胡麻豆腐のように変わり種もあるので、普通の豆腐に飽きてしまった時に、違う味を試せるのも良いですね。

回復食でも少しレベルアップして固形物の量を増やしてもよくなったら、豆腐を納豆と食べると効果UPです。豆腐同様、貴重な植物性タンパク質を摂取できる上、発酵食品なので酵素が含まれているのもポイントが高い食材です。

せっかく断食をしても、回復期で手抜きをしてしまうと、断食の効果が薄れてしまうばかりか、体調不良の原因にもなりかねません。

断食の効果を最大限引き出せるように、回復期には十分な時間をかけつつ、その期間中に食べる食事(回復食)の内容にも配慮するようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す