パーソナリティ障害を抱える人と上手く付き合う接し方5選

スポンサーリンク

 

パーソナリティ障害という人格や性格に問題がある方達とうまく付き合うことはできるのでしょうか?

パーソナリティが機能不全を起こしているのがその方達の特徴ですので、その内容をしっかりと理解して接することが重要です。

では、どのように接したらいいのかご説明しますね。

スポンサーリンク

パーソナリティ障害とは?

パーソナリティ障害とは?

人格や性格に問題があると思われている人たちの中には、かなりな割合でパーソナリティ障害の方が含まれていると言われています。

そのような人たちは、周囲をイライラさせるような問題行動があったり考えられないような引っ込み思案だったりします。

そして、一生涯変わらない心理学的な意味のパーソナリティとは異なって、パーソナリティ障害者は治療が可能なのです。



スポンサーリンク


パーソナリティ障害の人との接し方

①ある程度距離を取り親身になりすぎない

ある程度距離を取り親身になりすぎない

パーソナリティ障害はさまざまなタイプを併発することが多くて、その判断は専門家でも難しいこともあるのです。
そのような点で障害を持っていると決めつけないことが重要です。

でも、実被害を被ったりした経験があるとパーソナリティ障害の方に振り回されたくないとどうしても敬遠してしまうことでしょう。
また、こちら側が感情的になってパーソナリティ障害の方の自尊心をさらに傷つけるというようなこともあります。

相手の障害を理解したうえで、ある程度距離をおいて付き合うことが大切ですね。

②冷静に見つめて、受け入れる

冷静に見つめて、受け入れる

他人をさまざまなことで振り回して遠ざけてしまうのが、パーソナリティー障害を持つ方の多くです。
でも、彼らは自分の思考や行動に問題があるとは思っていないということを理解しておきましょう。

そして、どうしてそのような行動や態度をとるのかを冷静に見つめて、できるだけ理解して受け入れましょう。

そうすることで病気の要因となっていることが解消されるとも言われています。
治療にも有効なのです。

③専門家の力を借りる

専門家の力を借りる

パーソナリティ障害の患者とのかかわり方について悩んだ時には、専門家に相談することも大切です。
家族などで本人の性格を変えようとしてもあなたが振り回され、本来必要なことであっても疲れてしまうのです。

長期的にこの病気の場合には付き合っていくことが必要ですから、一人で抱え込まないようにしましょう。

④無理のない範囲で付き合う

無理のない範囲で付き合う

職場などで柔軟性に少し欠ける人に出会い、この人は生きづらいのではないかと感じるような人でも即パーソナリティ障害だと見立てるのは危険です。

無理のない範囲で彼らに付き合うようにするのが良いでしょう。

パーソナリティ障害の特徴は、社会生活や家庭などの広い範囲で行動様式や内的体験に柔軟性が欠けるという場合です。
内的体験というのは、物事や考え方の捉え方、自然に出てくる発想やイメージなどです。

そして、一過性の環境による適応障害とは違って、相手や場所を問わずに生きづらいだろうと思えるような内的体験や行動様式を持続して行なっている場合です。

⑤適切な治療を一緒に行なう

適切な治療を一緒に行なう

近親者やパートナーなどがパーソナリティ障害の場合には、関係性も同時に改善する家族療法のような治療も効果があります。

場合によっては、カウンセリングを当事者と一緒に受けることもお勧めします。
適切な治療を受けることで、パーソナリティ障害の方達も社会生活が楽になります。

また、症状が年齢とともに軽快する方も多いですので、希望を持って気長に対応したり付き合ったりすることが大切です。

パーソナリティ障害の兆候というのは、早い場合には幼児や小学生頃から現れ、30代前半には遅くとも現れるようです。
パーソナリティ障害に有効な改善プログラムも近年では開発されていますから、ぜひ受診して治療を検討してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す