パーキンソン病の症状で話し方や歩き方に影響は出てしまうのか?

スポンサーリンク

 

パーキンソン病は、50?60歳代で発症することが多い神経難病です。

神経難病の中では有病率が高く、高齢化社会が進む現在では今後より一層患者数が増えていくことが予測されています。

静止時の振戦(ふるえ)や、固縮(筋肉が固まる)、姿勢反射障害、運動症状の緩慢(無動)がパーキンソン病の代表的な症状です。

パーキンソン病の症状の進行度合いにより、歩行速度や歩幅に影響が出ると言われています。

原因は、パーキンソン病の代表的症状である無動や姿勢反射障害によるものとされています。

また、運動症状の緩慢(無動)の症状が顔に現れると、その影響で「話し方」にも影響が出ることがあると言われています。

スポンサーリンク

パーキンソン病による歩行障害とは?

パーキンソン病による歩行障害とは?

パーキンソン病が中程度まで進んでくると、歩行障害が症状として出現することが多いです。

下記にパーキンソン病による歩行障害の代表例を示します。

すくみ足

すくみ足

すくみ足とは、足を前に踏み出すことが難しくなってしまうことです。

患者さんの言葉では「足の裏が地面に張り付いてしまって離れない」という表現をされる方がいます。

これは運動症状の緩慢(無動)の影響で現れると言われています。
歩き出す時や横断歩道を渡る時、電車の乗り降り時などに症状が現れやすいです。

小刻み歩行

小刻み歩行

歩幅が狭く小刻みに歩く傾向です。
腕を振らずに足のみで歩く傾向にあります。

小刻み歩行は運動症状の緩慢(無動)の影響で現れます。

突進歩行

突進歩行

前のめりにまるで突進するように歩く傾向です。
歩き出すと止まらなくなってしまう歩行障害です。

パーキンソン病の代表的な症状である姿勢反射障害が原因と言われています。

このような歩行障害が現れると転倒の危険性があり、せっかく自分の足で歩けていたのに骨折などをしてしまい、パーキンソン病の治癒に時間がかかることから症状が進行してしまうこともあります。

特に、パーキンソン病は高齢者に多い疾患でありますので、パーキンソン病の症状にかかわらず元々高齢になると骨折などの怪我は治りにくくなっていますので、長期間の療養が必要になってしまいます。

ベットでの生活が長くなると活動量が低下してしまい、筋肉量も低下してしまうことから骨折や怪我が治癒しても、パーキンソン病の運動障害と合わせて筋肉量の低下が確認されるので、パーキンソン病の病状が進行してしまうリスクが高くなってしまいます。

安全な生活を送るためには患者さん自身が自分の歩き方を把握し、その歩き方で危険な点を家族や介助者も合わせて把握しておくことが重要になってきます。

下記がパーキンソン病の運動症状が現れている時の歩き方のコツになります。

  • 慌てないこと。
  • 自分でリズムをとりながら歩く習慣をつけること。
  • 前かがみや猫背にならないように注意し、胸を張って歩くこと。
  • 大股で歩くように心がけること
  • 家の中でぶつかりそうなものはあらかじめ排除しておくこと。

以上のコツを把握し歩けるように、パーキンソン病へのリハビリテーションに取り組みましょう。



スポンサーリンク


パーキンソン病患者さんの話し方について

パーキンソン病患者さんの話し方について

パーキンソン病の運動症状の緩慢(無動)の症状が顔に現れた場合には顔を動かすことが難しくなるので、表情がどこか無表情で、仮面をかぶったような硬い印象の顔つきになることが特徴です。

場合によっては、言語障害が現れることもあります。
話をしようと思う時に最初の言葉が出にくく、どこか抑揚のないボソボソとした喋り方になりやすく、どもってしまったりすることもあります。

また、逆に早口になってしまう場合もあります。

パーキンソン病の方は、大きな言葉を話しにくいので周りの人が言葉を聞き取りにくくなり、人前で話さなければならない仕事に従事していた患者さんの場合は精神的にも影響が出てきます。

言語障害の症状が現れるのは初期には起こりづらく、症状の進行に伴い出現することが多いです。

このような症状がある患者さんは、言語聴覚士によるリハビリテーションや顔の筋肉を動かすようなリハビリテーションを行います。

まとめ

まとめ

パーキンソン病患者の歩き方や話し方は、リハビリテーションを行っている医師や医療従事者よりも、患者の家族の方が変化に気がつきやすいと言えます。

歩き方や話し方が変化したと感じた際には、いつ頃からそのパーキンソン病の症状が現れたかを主治医に話せると、効率的なリハビリテーションが行われると思われます。

また、家庭でも工夫できることがありますので、通院している時だけでなく家庭でもリハビリテーションを心がけた日常生活を送れると良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す