ノロウイルス予防対策にヨーグルト・乳酸菌が有効な2つの理由

スポンサーリンク

 

「ノロウイルス」ここ数年で患者が増え、一気にこの言葉が広がり、今や知らない人はいませんよね?

このウイルスの特徴は、他のウイルスより菌の耐性が強いことから患者が増え、流行したと考えられます。
近頃では色々と予防対策が言われていますが、最近良く聞く「ヨーグルト」について真相をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

乳酸菌の有効性

乳酸菌の有効性

ノロウイルスは人間の腸管内で増殖し、発症するため、腸内環境を整える事でノロウイルスの発症を抑える効果を狙うことが必要となります。そして、この乳酸菌は善玉菌を増やし、悪玉菌の働きを抑制する作用があるため、小腸や大腸にある免疫受容体を刺激して腸の免疫力を活性化させます。

また、予防だけでなく、ノロウイルスに感染した後に乳酸菌を摂取しても、乳酸菌は同じ働きをしてくれるので症状を軽減します。



スポンサーリンク


なぜヨーグルトが有効なの?

なぜヨーグルトが有効なの?

そして、ヨーグルトは乳酸菌が豊富に入っていますが、ヨーグルトと言っても含有される成分が商品によって異なります。このノロウイルスに効果があると言われているヨーグルトというのは「ラクトフェリン」が含まれるものを言っています。

ラクトフェリンは人間の免疫力を高めたり、抗ウイルス作用があり、母乳にも多く含まれる成分です。免疫力が弱い赤ちゃんが飲む母乳と同じ成分って聞くと効果ありそうですよね?

なので、ヨーグルトでノロウイルスをやっつけるのではなく、ヨーグルトに含まれる「ラクトフェリン」が免疫力を高め、「ノロウイルス」を寄せ付けない、と認識しましょう!

ラクトフェリンでノロウイルスにはかからない?

ラクトフェリンでノロウイルスにはかからない?

いくら免疫力を高めても100%ノロウイルスにかからないとは断言できません。

例えば食生活が乱れていて、栄養バランスの悪い人がラクトフェリンばかり摂取しても基本となる体力が落ちている状態ではウイルスが侵入してしまいます。 規則正しい食生活、基本的な除菌対策をして初めて「ヨーグルト効果」が発揮されます。

まとめ

非常に感染能力が高いノロウイルスから身を守るには何か一つやっておけば良い訳ではなく、日ごろ自分でできる事は徹底して行う習慣を身につけましょう! あくまでの「ヨーグルト」は補助対策と考えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す