ノロウイルスの時の食事はいつからうどんやゼリーに変えるべき?

スポンサーリンク

 

冬の寒い時期になると流行しやすいのがノロウイルスです。

ノロウイルスは、ウイルス性胃腸炎の一種で貝類などが原因で起きる感染症です。激しい嘔吐や下痢などの症状が現れて、食欲も落ちてしまいます。

ではノロウイルスの時の食事は、どのようにしたらよいのか例えばうどんやゼリーなどをいつから与えられるのかなどの点についてご説明します。

スポンサーリンク

ノロウイルスとは

ノロウイルスとは

ノロウイルスに感染すると一気に体の中でウィルスが増殖し、1日から2日ほどで嘔吐や下痢が突発的に起こり発熱などの激しい症状となります。特に、胃腸などの消化器系に症状が現れることが特徴で、しかも強いダメージを受ける場合があります。

症状にノロウイルスの場合には、個人差がありますが下痢症状はだれにでも現れます。普段の生活にも腹痛や下痢などで支障が出てきますので、応急処置として下痢止め剤を使用する方も多いのですが、これは大変危険です。

というのもノロウイルスになって下痢をするのは、必要な体の働きで体の中のウイルスを排出しようとするものだからです。それを下痢止めの薬によって止めてしまうと、一時的に症状が治まったようにみえますが、薬の服用を止めるとまた再発します。

しかも、症状がさらに悪化するということがあります。

学校などでは、集団感染することがあり感染経路は、患者だけでなく学校全体のさまざまな場所にノロウィルスが着くことで流行して行きます。

症状としては、子どもが急に腹痛を訴え滝のように嘔吐するということがあります。その後は1日位の間は食べることができず、脱水症状にならないようにスポーツドリンクなどを飲ませても、それらの飲み物もすべて戻してしまうといった状態になる場合もあります。



スポンサーリンク


初期のノロウイルスの場合の食べ物

初期のノロウイルスの場合の食べ物

ノロウイルスにかかると上述のような状態になるために胃腸が荒れた状態になり食欲も落ちます。

では、どのようなものを回復とともに食べていったらいいのでしょうか?

ノロウイルスに感染した時には、便と同じ固さの食事を選ぶことが大切だと言うことです。ノロウイルスの初期の感染したばかりの頃は、水っぽい便が出ていますが、このような時には無理をして食べる必要はありません。

梅干しをなめたりお茶を飲む程度で十分なのですが、何かもし食べたいのでしたら、水分量の多いおかゆや重湯などがいいですね。

ノロウイルスのピークを過ぎた頃にうどんやゼリーを食べよう

ノロウイルスのピークを過ぎた頃にうどんやゼリーを食べよう

1日目をピークにして嘔吐は段々と治まっていきます。そして、3日から4日はまだ下痢の症状が続きますが3日目くらいからは、食欲が少し出てきます。

この頃になるとおかゆややわらかめに煮たうどん等も食べ、様子をみましょう。お腹にも優しく消化の良いものであれば、子どもにも安心して食べさせることができますね。このような柔らかく茹で短めに切ったうどん等もいいですし、ゼリー状のものも食べられるようになります。

果物の場合には、バナナが良いでしょう。ただ、普段より噛む回数を増やすことが大切です。

体調が回復した頃の食べ物

体調が回復した頃の食べ物

すっかりと体調も良くなるのが4日から5日目頃で、その頃には下痢の症状も治まってきますので、普段の食事が徐々に食べられるようになります。ただ肉類やパンやなどの消化に時間がかかるような食べ物は、例えばパンを焼いたりして加熱しても胃腸に負担がかかります。

そのような食べ物で下痢や便秘がひどくなることもあります。また、野菜も食物繊維が多いですし、柑橘系の果物や辛い食物も消化に負担がかかりますので食べない方がいいですね。

このようにノロウイルスに罹った場合に徐々に食べ物を食べる場合には、消化のことを考え、胃腸に負担がかからないような食材を選びましょう。

そして、普段より食べ物を噛む回数も増やして食べると消化にもいいですね。1口20回から50回は噛むことで症状も改善していくようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す