首の寝違え時の湿布の正しい貼る場所と貼り方は?お勧めの種類も!

スポンサーリンク

 

首を寝違えて痛みを感じた時、患部の痛みをとるためなどに湿布を使うと思います。

首の寝違えを早く治すためには、湿布を上手く使うことが大切になってきます。

ただ、湿布には冷感と温感という種類があり、首を寝違えた時どちらを使えばいいのか悩みますよね。

また、寝違えた時どこの場所に貼れば効果があるのか、湿布を貼るのに正しい貼り方はあるのか気になるところだと思います。

ここでは、首の寝違えで湿布を使う時の正しい使い方やお勧め湿布などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

首を寝違えた時は、冷感か温感どちらの湿布を貼ればいいの?

首を寝違えた時は、冷感か温感どちらの湿布を貼ればいいの?

首を寝違えた時、早く治すためにも湿布を使うと思います。
しかし、湿布には種類がありどちらを使えばいいのか悩むと思います。

ここでは、首を寝違えた時どちらの種類を使うと効果的に治すことが出来るのか見てみましょう。

湿布には「冷感」「温感」という2つの種類があります。

これらの湿布は、冷やす効果と温める効果の違いがあります。
そのため、首を寝違えた時両方の湿布を上手く使い分けるようにすると早く治すことが出来ます。

まず、寝違えた直後に使用するのは「冷感湿布」です。

寝違えた直後は、寝違えた部分が炎症を起こしてしまっているため、冷やして炎症を抑える必要があります。

そのため、寝違えた直後は「冷感湿布」を使用し、患部を冷やすようにしましょう。

次に、痛みが治まってきたら「温感湿布」を使用しましょう。

痛みが治まってきたということは、患部の炎症も治まってきているので、今度は血流を良くする必要があります。

冷やしたままにしていると血流が悪くなってしまい、筋肉が固まったままになったり内出血を起こしたりしてしまいます。

「温感湿布」を使い、患部を温め血流を良くすると筋肉の凝りなどを改善することが出来るので、寝違えを早く治すことが出来ます。

このように、2種類の湿布を使い分けることで首の寝違えを効果的な治すことが出来ます。

ただし、痛みがあるときに「温感湿布」を使ったり、痛みが取れても「冷感湿布」を使ったりすると症状が悪化することがあるので注意しましょう。



スポンサーリンク


首を寝違えた時に湿布を貼る場所はどこ?

首を寝違えた時に湿布を貼る場所はどこ?

首を寝違えた時、痛い部分に湿布を貼って痛みや炎症を抑えるたりすると思います。

もちろん、患部に貼るのも間違えではないですが症状がひどい場合だとそれだけだと炎症を抑えることができないかもしれません。

ここでは、首を寝違えた時の症状の度合いによる湿布を貼る場所についてご紹介します。

症状が軽い場合

首を寝違えて痛みなどの症状が軽い場合は、まず痛みのある患部に貼るようにします。

また、患部以外に首の後ろに湿布を貼るとさらに効果を得ることが出来ます。

首の後ろには神経などがたくさんあるため、炎症を抑えるためには首の後ろを冷やすと効果的に痛みを抑えることが出来ます。

症状が重い場合

症状が重い場合、首を左右に動かすことが出来なくなったり、左右どちらかの方向に向けなくなったりしてしまいます。

その場合、首の後ろを冷やしたり、患部を冷やすだけでは効果がありません。

症状が重い場合に湿布を貼るときは、

  1. 首の付け根あたりから肩甲骨の内側あたりに貼る
  2. 痛みを感じる方と逆側の鎖骨の上の当たりに貼る
  3. 痛くてむけない方向側お首から肩にかけて貼る
  4. 痛みを感じる側の耳の下あたりに貼る

この4点に湿布を貼るようにすると、炎症を抑えたり痛みを和らげたりできるので首を寝違えた時は効果的な場所です。

このように、寝違えによる症状の度合いによって湿布を貼る場所を変えると、湿布の効果をきちんと得ることが出来るようになります。

湿布の正しい貼り方は?

湿布の正しい貼り方は?

首を寝違えた時、湿布を貼る位置を変えるだけで症状の緩和が出来ることは分かっていただけたと思います。

ただ、この湿布ですが張り方によっては剥がれてきたりしてしまいます。

ここでは、首や肩に貼るときはがれにくくする、正しい湿布の貼り方や注意点などについてご紹介したいと思います。

首に貼るときの正しい湿布の貼り方

  1. 湿布を横向きにして幅の短い方の左右の端2か所に切れ目を入れる。
  2. 切れ目を入れた上の部分を首に張り付けるようにします。
  3. 切れ目を入れた下の部分は、首から背中にかけて斜め下に伸ばすように貼り、全体がはがれないように抑えて密着させるようにします。

(この時、剥がれそうな場合は湿布をテープでとめたりすると更にはがれにくくなります。)

肩に貼るときの正しい湿布の貼り方

  1. 湿布を横向きにし、幅の長い方を半分に折って折った線のところの端から切れ目を入れる。
  2. 切った上半分を胸のほうに向けて引っ張る様に貼ります。
  3. 残りの下半分を背中のほうに向けて引っ張るように貼って、全体が剥がれないように抑えて密着させようにします。

(この時、剥がれそうなときは湿布をテープでとめたりすると更にはがれにくくなります。)

湿布を貼るうえでの注意点

  • 湿布の貼る部分に汗やクリームなどが付いていると剥がれやすいので、きれいいふき取ってから貼るようにする。
  • 湿布の角から剥がれてくる時は、湿布の角を丸く切ると剥がれにくくなる。
  • 皮膚が薄い部分は、湿布を貼るとかぶれたりして痒くなってしまう場合があるので皮膚の薄い部分には貼らないようにする。

首の寝違えにお勧めの湿布3選

首の寝違えにお勧めの湿布3選

首を寝違えた時の湿布の使い方や貼る場所・正しい湿布の貼り方など分かっていただけたと思います。

ただ、病院に行って湿布をもらえばもちろんそれが一番良いのですが、症状が軽かったりして病院に行かない時は市販で売っている湿布を使うと思います。

ここでは、首を寝違えたときにお勧めの湿布を3つほどご紹介したいと思います。

のびのびサロンシップ

のびのびサロンシップ

出典:爽快ドラッグ

テレビCMでもおなじみの久光製薬の「のびのびサロンシップ」

サルチル酸メチルとサリチル酸グリコールという成分が入っており、患部の痛みを和らげたり、炎症を抑えったりする効果があります。

また、同じ種類で温感シップもありこちらは、トウガラシエキスなど配合しており患部の血行を良くしてくれます。

それだけでなく、始めから角を丸くしてあるのではがれにくく、他のシップよりも伸びやすいので貼りやすいのが特徴です。

フェイタスシップ

フェイタスシップ

出典:ケンコーコム

こちらもテレビCMでおなじみ久光製薬の「フェイタスシップ」です。

フェイタスシップは抗炎症・鎮痛効果のある「フェルビナク」を配合しており、痛みに関係する物質「プロスタグランジン」の生成を抑えてくれます。

また、こちらにも温感タイプがあり、冷感用に含まれる「フェルビナク」や「トウガラシエキス」を配合しているので浸透力も良く血流の流れも良くしてくれます。

のびのびサロンシップ同様、フェイタスシップも角が丸くなっているのではがれにくいです。

ボルタレンEXテープ

ボルタレンEXテープ

出典:サツドラNETショップ

バンテリンもテレビで名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

インドメタシンという成分が配合されており、患部に浸透し痛みと炎症を鎮めてくれます。

優れた伸縮性と粘着性があるので、どんな部分に貼っても剥がれにくいです。

また、水分をたくさん含んでいるので肌に優しい使用感があります。
この他にも塗るタイプやスプレーするタイプもあります。

まとめ

まとめ2

皆さん、いかがでしたか?

首の寝違えには、冷感と温感の湿布を使い分けることで早く治すことが出来ます。

また、湿布を正しい場所に貼ることで湿布の成分を効果的に得ることが出来ます。

ただ、間違った貼り方をしてしまうと剥がれたりしてしまうので、正しく貼ることが大切です。

首の寝違えに湿布を使うのは、効果的な方法なのできちんとした知識を持って湿布を使うようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す