納豆の肌や血圧への効果的な食べ方とは?毎日食べ過ぎるとどうなる?

スポンサーリンク

 

日本人に古くから食べられている発酵食品といえば【納豆】ですよね。

納豆は好き嫌いが分かれる食べ物ですが、納豆が嫌いな方はどのような栄養があって、どのような効果効能があるのか詳しく知らない方も多いですよね。

ここでは、納豆の栄養や健康への効果効能はもちろん、さらに納豆の効果を得ることができる食べ方などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

納豆の栄養って?

納豆の栄養って?

納豆は体にいいと言われる食べ物ですが、納豆に含まれる栄養価までは皆さんよく分かっていませんよね。

ここでは、納豆に含まれる栄養について詳しく見ていきましょう。

納豆は、体を作るために必要と言われる

  • たんぱく質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • ビタミン
  • ミネラル

という【五大栄養素】が含まれています。一つの食材で五大栄養素がすべて入っているということは、体にとってとてもいいことです。

しかし、それだけで納豆が体にいいと言われるわけではありません。

納豆には、他にも体にいい栄養素がたくさん含まれています。

例えば

  • 血圧を下げたり、筋肉などの活動を正常に保つ【カリウム】
  • エネルギーの代謝を助ける【マグネシウム】
  • めまいや立ちくらみなどを軽減する【鉄分】
  • 腸の健康を保つ【食物繊維】
  • 骨や歯の形成を助ける【カルシウム】

などです。

また、納豆特有の【ナットウキナーゼ】や大豆特有の【レシチン】【イソフラボン】【大豆サポニン】【大豆ペプチド】などの栄養も含まれています。

“ナットウキナーゼって?

日本食の納豆から抽出され生成される酵素である。須見洋行により発見、命名された。

納豆は、日本で食べられてきている発酵した大豆から作られる食品である。納豆は、煮た大豆を有用菌である納豆菌で発酵させて作られる。納豆菌が似た大豆に作用するとき結果としてナットウキナーゼが産製される。

大豆製品は各種の酵素を含んでいるが、ナットウキナーゼの酵素を生み出すのは納豆のみである。

引用元:ウィキペディア

このように納豆は大栄養素だけでなく、他の栄養素や大豆・納豆特有の栄養まで含まれている食べ物です。



スポンサーリンク


納豆の健康への効果効能は?

納豆の健康への効果効能は?

納豆の栄養について分かっていただけましたか?

それでは、これらの栄養素が健康にどのような効果・効能を与えてくれるのか見てみましょう。

高血圧の予防をする

納豆に含まれる【ナットウキナーゼ】には、血管内にできた血栓を溶かして血液をさらさらにする効果があります。

この効果のおかげで、血圧が上がるのを抑えることができるので高血圧を予防することができます。

悪玉コレステロールを下げる

納豆に含まれる【ナットウキナーゼ】にはもう一つコレステロールを下げる働きがあります。また、大豆たんぱく質にも同じくコレステロールを下げる働きがあります。

この2つのコレステロールを下げる働きによって、体に悪影響を与える悪玉コレステロールを下げることができます。

便秘を改善する

納豆には【食物繊維】が含まれているため、腸を刺激し便が出やすくしてくれるので便秘を改善することができます。

また、納豆には善玉菌のエサになる【オリゴ糖】が含まれているため、腸内環境も良くしてくれます。

脳を活性化させる

納豆に含まれる【レシチン】には、抗生物質コリンというものがあり、これは脳の神経伝達物質に変化をします。

この変化によって脳が活性化され、集中力が上がったり、記憶力を向上させたりすることができます。

女性ホルモンが低下すること現れる症状を予防

納豆には【大豆イソフラボン】豊富に含まれています。

この大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た効果を発揮してくれます。この効果のおかげで、女性ホルモンが低下することによって起こる

  • 乳がん
  • 更年期障害
  • 骨粗しょう症

などの症状を予防することができます。

これ以外にも、納豆は精神の安定など体にさまざまな健康効果を与えてくれます。

納豆のより良い効果的な食べ方は?

納豆のより良い効果的な食べ方は?

納豆の効果効能について分かっていただけましたか?

普通に食べても効果を発揮してくれますが、さらに効果を上げたいと思いますよね。ここでは、より良い納豆の効果的な食べ方についてみてみましょう。

納豆を食べる時間

納豆は朝食で食べる方が多いと思いますが、より良い効果を得るためには「夕食」に食べることがおすすめです。

寝る5~6時間前に納豆を食べることで、眠っている間に骨を作り、血液の流れが悪くなるのを予防することができます。

継続して食べる

納豆の効果は、即効性があるわけではないので1日だけ食べても効果が出ることはありません。

納豆の効果を得るためには、毎日継続して食べ続けることが大切です。

常温にしてから食べる

納豆には、納豆菌がたくさん含まれています。

この納豆菌は冷蔵庫の中に入っていると、冷えているため発酵が進まなくなります。そのため冷蔵庫から出してすぐに食べると、納豆の効果を得ることができません。

より良い効果を得るためには、冷蔵庫から出してすぐ食べるのではなく常温に戻して発酵が進んでから食べるようにしましょう。

発酵が進んでから食べる

納豆は、買って来てすぐだと発酵が足りず、納豆に含まれる栄養がまだ増えていません。最低でも買ってきてから2~3日冷蔵工の中で保管してから食べるようにしましょう。

一番の食べごろは、賞味期限が近くなった納豆です。その理由としては納豆の発酵が購入したときよりもさらに進んでいるからです。

加熱せずに食べる

納豆に含まれる栄養は、とても熱に弱く加熱してしまうと分解されてしまいます。

納豆に含まれる栄養が分解されてしまう温度は【約70℃】です。つまり、加熱調理はもちろん炊きたてのご飯の上に乗せるのも良くないです。

ご飯の上に食べるときは、炊きたてではなく少し時間をおいてから食べるようにしましょう。

砂糖を入れて納豆の効果を上げる

納豆を食べる際、普通納豆についているタレやしょうゆなどを入れて食べると思います。

もちろんそれでも納豆の効果を得ることはできますが、さらに納豆の効果を上げるためには【砂糖】を入れるのがおすすめです。

砂糖を入れると納豆菌のエサになり、納豆菌の効果をあげることができます。砂糖を入れる量は、1パックに対して小さじ1杯程度で、砂糖を入れてから5分ほど待って混ぜるようにしましょう。

納豆を食べ過ぎるとどうなる?

納豆を食べ過ぎるとどうなる?

納豆は食べることによって体に良い効果を発揮してくれます。そのため、毎食食べる方や1食でたくさん食べる方などさまざまいます。

しかし、納豆を食べ過ぎてしまうと体に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。それでは、納豆を食べ過ぎてしまうとどのようになってしまうのか詳しく見てみましょう。

食べ過ぎると太る

納豆のカロリーは思っているよりも高く、100g当り200kcalもあります。

毎日1パック食べるのなら太る心配はありませんが、1食で何パックも食べたり、毎食納豆を食べると太る可能性があります。

食べ過ぎると痛風になる

納豆には痛風の原因になる【プリン体】が、他の食べ物に比べ豊富に含まれています。

プリン体が多いということは、糖尿病の方や痛風の方は食べ過ぎてしまうと痛風になったり、痛風の症状をひどくする場合があります。

食べ過ぎると嘔吐することがある

納豆に含まれる【セレン】という成分は、厚顔作用や細胞の豪華を防ぐ効果があります。

しかし、このセレンを摂りすぎてしまうと中毒症状が起きてしまい、嘔吐や陣機能不全などの症状を引き起こしてしまう可能性があります。

食べ過ぎるとホルモンバランスを崩す

納豆には女性ホルモンと似た作用をする大豆イソフラボンが入っています。この大豆イソフラボンは、ホルモン不足を補い体に良い効果を与えてくれます。

しかし、過剰に摂りすぎてしまうと逆にホルモンバランスを崩してしまう原因になります。

このように、納豆を食べ過ぎると体に悪影響を与えてしまいます。そうならないためにも、食べる量は1日2パックまでにするようにし、一度にたくさん食べず毎日食べるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す