なぜ心筋梗塞の症状で背中や肩などに放散痛が出ると言われるのか?

スポンサーリンク

 

心筋梗塞は症状がないと身近な病気ではないですよね。

心筋梗塞は一刻を争う病気なのですが、心臓付近の胸の痛みではなく、心窩部痛や背中や肩などの胸とは違った放散痛としても症状が出るということは知っていますか?

心筋梗塞を疑う場所の症状でなくても、心筋梗塞の可能性もあるということを覚えておいて、そのような症状があった場合にその部位を調べても異常がないということであれば、心筋梗塞も疑って病院へ行ってみてください。

スポンサーリンク

知らないと危ない!?心筋梗塞と放散痛

心筋梗塞と放散痛について調べましたのでご紹介します。

放散痛とは?

放散痛とは?

関連痛は痛みの原因と違う部位に現れる痛みのことを言います。検査しても痛んでいる場所は正常なのに、なぜかその部位が痛む。これは脳が勘違いして認識することによって起こる関連痛によるものです。

関連痛の中でも、病気や障害のある部位と全く違った場所に起こる痛みを放散痛と言います。痛みは末梢神経などに圧迫により末梢神経に沿って広がります。

放散痛は主な痛みの原因が内蔵に原因がある場合が多く、内臓以外にも筋肉や関節による痛みの場合もあると言われています。

放散痛のメカニズム

放散痛のメカニズム

内臓などに障害があった場合、その内臓から痛みの情報が末梢神経を通って脊髄に行く際に、同じレベルの脊髄を通る皮膚の領域に痛みを感じます。同じレベルの脊髄を通る末梢神経には内臓からと皮膚からと両方通っていきます。

一般的に内臓の痛覚神経は少なく皮膚の方が圧倒的に多いため、同じレベルの脊髄を通った痛みの情報は脳で認識される際に、内臓ではなく同じレベルの皮膚からの痛みであるという誤った認識を脳がするのです。



スポンサーリンク


心筋梗塞の放散痛はどこに出る?

では心筋梗塞の放散痛はどのようなものがあるのでしょうか?

  • 上腕部の痛み
  • 左前胸部の痛み
  • 肩の痛み
  • 首の痛み
  • 顎の痛み
  • 腹部の痛み
  • 歯の痛み
  • 背中の痛み

などがあげられます。

心臓の痛みを伝える神経は、頸椎神経の7番から胸椎神経の4番です。頸椎神経の7番は肩から上腕、胸椎神経の4番は乳頭から肩甲骨を結んだ線くらいまでです。

心臓由来の痛みはこの領域に痛みを感じるということです。

心筋梗塞での放散痛の対応

心筋梗塞での放散痛の対応

放散痛は主な痛みの原因が内蔵に原因がある場合が多く、内臓以外にも筋肉や関節による痛みの場合もあると言われています。

  • 肩が痛くて整形外科に行く
  • 歯が痛くて歯医者に行く
  • 診てもらったけど、異常がなかった
  • でも繰り返し痛みが起こる

そのような場合には一度内科を受診して、内臓に異常がないかどうか診てもらったほうがいいでしょう。

知り合いで左肩がとても痛くボルタレンを飲んでも改善したり、しなかったりという人がいました。痛みで寝辛い日もあったようです。

整骨院に行ってマッサージしてもらえばその時は改善しても、また痛くなる。その後、整形外科を受診してから内科に紹介になり、心筋梗塞と診断されました。

急性心筋梗塞の場合は度合いによってすぐ死に至る病気です。

発症から早い場合、詰まってしまった冠動脈の血流を再灌流させるために素早い治療を行うことができます。発症から時間が経過していた場合、心筋が死滅してしまっているのでこの治療が適用されなくなります。

どんな場合も早期発見、早期治療がその後の予後を左右します。怪しいな、おかしいなと思ったらすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

動脈硬化があると診断されている場合には、心筋梗塞や脳梗塞を発症するリスクがとても高くなります。

動脈硬化を悪化させないことが第一で、食事の改善や生活習慣の改善は必須ですが、心筋梗塞や脳梗塞の症状にどういったものがあるかということを事前に理解して、該当する症状がでたら早めの受診を心がけましょう。

心筋梗塞とは無縁だと思っている皆さん。心筋梗塞にならないようにするために、動脈硬化にならないような食事をとったり、生活習慣を見直してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す