心筋梗塞の予防に効果のあるサプリメントベスト7

スポンサーリンク

 

心筋梗塞とは、心臓を司どる主要な血管である冠動脈に血栓(血の塊)がつまり、閉塞した先の血流が滞ることで、心筋に壊死が生じる病気です。心筋梗塞が起こると、強烈な胸痛を自覚し、死に至ることもある恐ろしい病気です。

スポンサーリンク

心筋梗塞の原因

心筋梗塞の原因として動脈硬化や高血圧があげられます。動脈硬化になる原因としては、生活習慣に伴う血液の変化と加齢による血管の老化が挙げられます。加齢による老化は、年齢を重ねると避けられないこともありますが、老化とは酸化を表します。

そのため、抗酸化作用のあるものを取り入れることで、体の老化を抑えることができます。また、生活習慣による動脈硬化・高血圧を予防するためには、まずは禁煙です。

喫煙は動脈硬化を進行させる主な原因となります。そのため、禁煙をすることが心筋梗塞を予防する第一歩です。

次に肥満の解消です。肥満は糖尿病の原因にもなり、喫煙+糖尿病=心臓病といわれているくらい、糖尿病も心筋梗塞の原因となります。そのため、肥満に偏らないように、心筋梗塞を防ぐmにはバランスの良い食事をとることが必要です。

また、飲酒は適量とし、ストレスをためすぎない生活をすることが重要です。このように、心筋梗塞予防として、生活習慣を見直すことが第一ですが、心筋梗塞予防を助ける効果のあるサプリメントもあります。



スポンサーリンク


どのようなサプリメントが心筋梗塞の予防になるのか?

どのようなサプリメントが心筋梗塞の予防になるのか?

心筋梗塞予防に重要なことは、血栓(血の塊)を予防することです。この血栓を作らないためには、適度な血流を維持することが必要です。

また、高血圧を予防することも必要です。血管の壁に常に高い圧がかかっていると、血管の壁は固くなってしまいます。血管の壁は程よい弾力を保つことが必要です。

つまり、心筋梗塞予防のために、適度な血流を維持し、血管壁の弾力を保つことを助けるサプリメントが必要となります。

サプリメントの摂り方

サプリメントを摂取していてもなかなか効果が出ないひともいるのではないでしょうか。

サプリメントは一般的に冷たい水などで飲むのではなく、常温の水や白湯でのむと良いとされています。また、飲む時間も注意が必要です。空腹時の方が吸収の良いサプリメントもあります。

商品の飲み方を守って摂取することで、心筋梗塞を防ぐ効果が得られやすくなるでしょう。また、アルコールや喫煙など、健康を害するものをまずは除去することが必要です。健康を害する習慣を残して、体に良いものを取り入れても、期待される効果は得られません。

サプリメントの中には飲みあわせが悪い薬もあります。心筋梗塞後で継続して長期的に内服をしているひとは、薬剤師へ相談することをおすすめします。

薬剤師の中にはサプリメントの資格を持つ薬剤師もいるため、いろいろ相談すると心筋梗塞予防について詳しく教えてくれることもあります。

サプリメントも内服と同じで飲み方、量を守りきちんとのむことで徐々に効果が得られます。

また、即効性のあるものではないため、継続して長期的に習慣的に摂取することが大事といえます。

①大正DHA・EPA

大正DHA・EPA

出典元:大正製薬ダイレクト

DHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エンコサペンタエン酸)は血流をサラサラにする効果があり、血栓生成の予防ができるといわれています。

主に青魚に含まれており、心筋梗塞の予防には青魚の摂取が推奨されています。

食事が欧米化され、肉中心の食事になったことも心筋梗塞患者が増加した要因のひとつであるともいわれています。

しかし、食習慣をすぐに変えることは困難です。食事習慣の変化とともに、不足しがちなDHA・EPAを摂取することが心筋梗塞の予防につながるといえます。

②アリウムエクセラ

アリウムエクセラ

出典元:POLESTAR

アリウムエクセラは行者ニンニクに含まれる硫化アリルが血液をサラサラにします。そのため、高血圧の予防に効果があります。のみ続けることで、血管年齢の若返りも実証されています。

血管の老化により心筋梗塞が起こるリスクが高まるため、血管年齢の若返りが予防につながるといえます。

③ハピネスマンボウサンQ

ハピネスマンボウサンQ

マンボウ肝油にはDHA・EPAがいわしの5倍、さんまの10倍も含まれています。

そして、青魚に含まれないDPAも含まれており、さらに、ビタミンEやコエンザイムQ10なども含まれているため、ひとつのサプリメントで血液をサラサラにする効果のある複数の栄養素が補充できます。

④白井田七人参

白井田七人参

出典元:白井田七

田七人参の働きとして、血液中の酸素代謝を促進し、血流を改善させるという効果があります。

高麗人参にはこの効果はなく、田七人参にのみ期待できる効果です。

また、白井田七人参は田七人参の中でも、無農薬で作られた田七人参を使用しているため、人気があります。

⑤AOZA(アオザ)

AOZA

イワシに含まれているタンパク質・ビタミンA・ビタミンD・コエンザイムQ10が中性脂肪を降下させるはたらきがあります。また、タンパク質の中にはイワシペプチドも含まれており、このイワシペプチドは高血圧を予防するはたらきもあります。

中性脂肪や血圧を正常化することは血管年齢の若返りにもつながります。

⑥神の草ヒュウガトウキ

神の草ヒュウガトウキ

ヒュウガトウキは土壌の多種多様な栄養分を吸収し育つといわれています。

そのため、ヒュウガトウキには様々な栄養素が含まれており、続けて摂取することで高血圧の予防ができると言われています、高血圧予防は心筋梗塞予防にもつながります。

⑦わかめペプチドゼリー

わかめペプチドゼリー

出典元:Riken SUPPORT

わかめペプチドには、アンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害する作用があります。ACEの働きを止めると、アンジオテンシンⅡ(血管を収縮させ血圧を上昇させる物質)の生産の低下、さらにブラジキニン(血圧を下げる物質)の分解・減少というふたつの効果で血圧を安定させます。

血圧を安定させることで血管壁にかかるストレスを軽減させ、心筋梗塞の予防につながります。

まとめ

心筋梗塞の予防には、血液をサラサラにすることと、血管壁を若く保つことです。

そのために効果のあるサプリメントを継続して摂取することが心筋梗塞予防につながります。食事改善も重要であり、肉中心の食事から、魚中心の食事へ変える事で、心筋梗塞予防につながります。

しかし、食習慣を変えることは容易ではありません。また、魚も毎日摂取することも大変なことです。

そして、調理方法によっては、確実に栄養素が摂取できるとも限りません。そのため。食習慣に注意するとともに、サプリメントで必要な栄養素を摂取することが効果的です。

心筋梗塞の予防として有名な栄養素はDHAとEPAです。このふたつのサプリメントは様々な会社から、発売されているため、飲みやすく、続けやすいものを自分でえらぶことが重要です。また、高血圧予防のサプリメントもいろいろあります。

高血圧を予防することも心筋梗塞予防へつながるため、これらのサプリメントを取り入れることも効果があります。

しかし、いくらサプリメントを摂っていても、生活習慣を改善しない限り、心筋梗塞発症のリスクは高くなります。喫煙・食事バランスの改善・適度な運動・体重コントロール・ストレスのコントロール・飲酒バランスを整えたうえで、心筋梗塞予防効果を高めるためにサプリメントを取り入れると良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す