心筋梗塞の予防に効果のある運動法やストレッチとは?

スポンサーリンク

 

心筋梗塞は、運動やストレッチが効果的です。

では、どのように運動やストレッチを日々の生活に取り入れれば良いのかお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

心筋梗塞の原因である動脈硬化を予防する

心筋梗塞の原因として動脈硬化が挙げられます。

そして、動脈硬化になる原因は高血圧です。そのため、適度な運動やストレッチを取り入れ、血圧を下げることが、動脈硬化の予防につながります。血圧の正常値は収縮期140mmhg未満(上の血圧)拡張期90mmhg未満と言われています。

高血圧になる要因として、喫煙・塩分の過剰摂取・アルコールの過剰摂取そして、運動不足があります。



スポンサーリンク


血圧を下げる運動

血圧を下げる効果的な運動は有酸素運動です。1日30分~60分取り入れると効果的と言われています。有酸素運動とは、ウォーキング・ジョギング・テニス・水泳・サイクリング・ラジオ体操などです。これらの運動を日常に組み込むことが、心筋梗塞の予防につながります。

しかし、日々の忙しい中で、運動を日常的に取り入れることは簡単な事ではありません。一番取り入れやすい事は、すぐに実践できるウォーキングでしょう。普段は車を使っている所を歩くようにするだけで、効果があります。

だらだらと歩いていては意味がありません。歩幅を大きくし、手をしっかり振り、呼吸を規則的にして、じんわり汗をかく程度にウォーキングをしましょう。

継続は力なり

運動はすぐに効果が表れるわけではありません。少なくとも、3か月は継続しましょう。有酸素運動を3か月継続することで、少しずつ血圧の変化が見られます。

逆に、短期で行う無酸素運動は血圧低下には適しません。日々の少しずつの努力が重要であると言えます。

血圧を下げるストレッチ

血圧を下げるためにストレッチとして、まずは足の指をぎゅっと閉じて、開く、というストレッチが効果的です。閉じて・開いてを5回ほど繰り返します。これならば、場所も選ばずにすぐにできます。

テレビを見ながら、寝る前など、実践すると良いでしょう。また、手首のストレッチも効果的です。戸を伸ばし、手首を後方にそらします。これを、10秒間続けます。片方ずつ、3セット実践しましょう。

高血圧や動脈硬化を引き起こしているひとは、体全体が固くなっていることが多いです。そのため、関節が固くなり、首が回らない、膝が曲がらない、足首が曲がらない、と言う事もあります。

これらを改善する為にも、手首と足の指ストレッチは効果的です。高血圧の人は、力を入れ、呼吸を止める運動やストレッチは非常に危険です。

そのため、筋力トレーニングではなく、ゆっくり呼吸をしながら、血流を良くするストレッチを行うようにしましょう。

まとめ

心筋梗塞を予防するためには、動脈硬化を予防する必要があります。動脈硬化を予防するために、高血圧予防が重要です。高血圧を予防するために、血圧を下げる運動やストレッチが効果的です。

血圧を下げるためには、筋力トレーニングのような無酸素運動では無く、ジョギング・ウォーキングのような有酸素運動が効果的です。それらを1日30~60分取り入れます。

そして、「ながらストレッチ」を日常的に行いましょう。テレビを見ながら、料理をしながら、手首や足の指を曲げ伸ばしすることで、血圧を下げるストレッチとなります。

適度な有酸素運動・ストレッチを日常的に取り入れ、心筋梗塞の予防をしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す