心筋梗塞の予防に効果のある適切な水分量や飲み物とは?

スポンサーリンク

 

人間の体は約60~70%が水分です。そして、健康な状態を保つためには、汗や排泄で失う水分と、体に取り入れる水分のバランスを保つ必要があります。体内の水分が不足すると、血液に粘り気が出るため、血栓ができやすくなります。

そのため、脳梗塞・心筋梗塞が発症しやすくなるのです。

では、水分バランスを保つためにどのように水分を摂れば良いのでしょうか。お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

適切なタイミングで摂取する

適切なタイミングで摂取する

水分補給は特に汗をかいていなくても、早め早めに摂取することが必要です。水分は摂取してから、体全体にいきわたるまで、15~20分程度かかります。

水を飲んでもすぐに血流が改善するわけではないので、こまめに補給しておくことが重要なのです。タイミングとしては、就寝前・起床時・入浴前後・のどが渇く前などです。のどが渇いたと感じた時は、すでに脱水状態であることがあるため、喉の渇きを感じる前に水分を取るようにしましょう。

高齢者は特に喉の渇きに対し感じる力が衰えているため、脱水になっても気が付かない事があります。そのため、1日のうちに水分を取る時間を決め、適切な量を摂取することが必要です。



スポンサーリンク


適切な量を摂取する

適切な量を摂取する

人間は1日に1.5~2リットルの水分が必要だと言われています。しかし、これらの水分の量は飲水だけで摂るわけではありません。食品に含まれている水分も摂取量に含まれます。

また、炭水化物やタンパク質を分解するときも水分が発生します。これを代謝水といいます。そのため、多量の水を摂取しなくても体内の出納バランスは保たれます。量としてはコップ一杯の水で十分といえます。

コップ一杯の水と、十分にバランスのとれた食事を摂取することにより、体内の水分バランスを保つことができます。水を過剰に摂取すると、「水中毒」という病気になり、腎臓に負担がかかる、または、体内の電解質バランスが崩れるという状態になります。

摂取するものに注意が必要

摂取するものに注意が必要

コーヒーやアルコールなどの嗜好品は好きなひとは摂取しやすいと思います。しかし、アルコールにはカフェインが含まれており、利尿作用があります。そのため、摂取した以上に尿として排泄されてしまう可能性があります。水分を摂取するときは基本的には水かお茶です。

より良いものは常温の飲み物です。冷たいものは体内で常温となり取り入れられます。常温にするために消化器管に負担がかかるため、吸収しやすくするためにも、なるべく常温の水かお茶を摂取するようにしましょう。

スポーツをするときは、水分と一緒に塩分も消失するので、スポーツ飲料で水分を摂取することが好ましいです。しかし、スポーツ飲料には糖分も含まれているため、飲みすぎには注意しましょう。

夏場とかくれ脱水に注意する

摂取するものに注意が必要

夏場は汗をかき、水分と電解質が消失します。そのため、特に注意が必要です。暑いと冷たい飲み物を飲みたくなりますが、できるだけ常温の物を摂取し脱水予防をしましょう。

また、気が付かないうちに脱水になる「かくれ脱水」にも注意が必要です。多いのは、運転中・就寝中・室内です。

脱水にならないだろうと思い、水分摂取を怠ると気が付かないうちに脱水になることがあります。そして、血流が不良となり、心筋梗塞を起こすことがあるのです。

まとめ

体内水分のバランスが崩れ、脱水に傾くと、血液の粘り気がでます。そして、血栓ができることにより、心筋梗塞を起こす原因となります。

心筋梗塞を予防するためには、適切な水分(常温の水かお茶)を1日コップ1杯程度かもしくは、2杯、起床時・就寝前などに分けて少しずつ摂取することが重要です。常に血液を良い状態に保つことが心筋梗塞の予防となるのです。

1日にコーヒーやカフェイン入りのお茶で水分摂取することが多い人は、カフェインの利尿作用により、飲んだ量より、排泄している量が多い可能性もあります。かくれ脱水に注意しましょう。

適切な水分を適切なタイミングで少しずつ摂取し、心筋梗塞の予防をしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す