心筋梗塞の検査にかかる費用相場は?何科で受診すればいいのか?

スポンサーリンク

 

心筋梗塞と聞いて、どのようなことを思い浮かべますか?

心臓の病気だということはわかるかと思いますが、どのような症状で、どのような病院に行って、どのような検査を行うのでしょうか?

心筋梗塞になってからでは遅いです。心筋梗塞の症状を理解して、疑わしい場合は病院へ行って検査をしましょう。

スポンサーリンク

心筋梗塞とは?

心筋梗塞とは?

そもそも心筋梗塞はどのような機序で起こるのか、ご存知ですか?

全身に血液を送り出している心臓の筋肉(心筋)は冠動脈という血管によって栄養や酸素が運ばれています。

この冠動脈がなんらかの原因で細くなり、結果詰まってしまったり、塊が飛んできて急に詰まったりして血流が流れなくなると、その流れなくなった血管が栄養していた心筋は死んで動かなくなります。

これを心筋梗塞といいます。



スポンサーリンク


心筋梗塞が起こる仕組み

心筋梗塞が起こる仕組み

脂肪分の多い血液はドロドロで、血管の壁にへばりつきます。これが石灰化することもあります。

血流の流れが悪くなり、この状態を動脈硬化と呼びます。動脈硬化になるとどこかで血の流れに滞りができやすくなり、血栓と呼ばれる血の塊ができます。

この血栓が心臓の細い冠動脈に詰まると心筋梗塞を引き起こします。またこの血栓が脳の血管につまった場合は脳梗塞になります。

一旦死んでしまった細胞は再生できません。

心筋梗塞になったら何科の病院に行けばいい?

心筋梗塞になったら何科の病院に行けばいい?

では実際に心筋梗塞になった場合の症状はどのようなものなのでしょうか。

  • 突然胸を締め付けられたような激しい痛みが出る
  • 数日間胸を締め付けられるような痛みがあったり、動悸息切れがある
  • 吐き気、嘔吐
  • 冷や汗や脂汗
  • 不整脈
  • 急な息切れ、呼吸困難

などです。

このような症状が出て、心筋梗塞かも!?と少しでも疑ったら、すぐに循環器専門の内科へ行きましょう。

同じ内科でも消化器専門、循環器専門など医師は基本的に専門にわかれて自分の専門領域を持っています。

内科となっていても先生により専門が違うので、早期発見、早期治療のために、できれば循環器の専門の先生にかかるようにしたいです。

心筋梗塞の検査

心筋梗塞の検査

心筋梗塞を疑う場合に行う検査は次のような項目です。

  • 心電図
  • 血液検査
  • 心臓超音波検査
  • 心臓CT検査

必要に応じて

  • 心臓CT検査
  • 心カテーテル検査

などを行います。

心筋梗塞検査の費用相場

  • 心電図:1300円
  • 血液検査:5000円くらい(検査項目によって変わってきます)
  • 心臓超音波検査:8800円
  • 心臓CT検査:約1万円
  • 冠動脈造影CT検査:3-5万円
  • 心カテーテル検査:日帰りで11万くらい

負担割合が3割であれば、これらの金額の3割を負担することになります。

他にも

  • 心臓核医学検査
  • 動脈圧モニター検査
  • MRI検査
  • 心音図検査

などが病院によってもできることが違うのですが必要に応じてオーダーされ検査します。

image

動脈硬化は心筋梗塞になるリスクの高い状態です。

心電図だけでは動脈硬化はわからないので、健康診断で高脂血症になっている場合、高脂血症の値が高くなってきていないかどうか注意してみておきたいです。

他にも高血圧、高血糖、高尿酸血症などが動脈硬化へ移行します。

50歳を過ぎた時点で一度動脈硬化があるかどうか、健康診断では検査しない頸動脈超音波検査を受けておくと自分の体の状況がよくわかります。頸動脈超音波検査は頭に行く首の太い血管である頸動脈を診るのですが、全身の血管状態も同じような状況と言えます。

血管も血液で作られています。人間の細胞も血液から栄養や酸素を供給されています。その血液は食べたものから作られています。

日々油モノや甘いものを好きなだけ食べていても、体が勝手に消化しているように思いますが、口に入ったものが血となり肉となります。

食べるものが人を作る全てです。血液をサラサラにして血管や細胞ごと健康に過ごしたいものです。心筋梗塞や脳梗塞になってからだと遅いです。今から食生活を見直してみませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す