マイコプラズマ肺炎の症状を抑える3つのおすすめ薬

スポンサーリンク

 

マイコプラズマ肺炎は早期発見と早期の治療が重要です。

マイコプラズマ肺炎の治療の方法というのは、どのようなものなのでしょうか。良く用いられるものとしては、抗生物質の服用です。

ではマイコプラズマ肺炎の治療には、どのような抗生物質などが用いられているのでしょうか。

そのような点についてご説明します。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎の診断

マイコプラズマ肺炎の診断

早期の診断がマイコプラズマ肺炎の場合には、難しいと言われています。というのも診断は、血液よる抗体検査で行ないますが、その結果が出るまでに早い場合でも1週間から2週間もの時間がかかるからです。

また、迅速検査という咽頭ぬぐい液によるものの検査制度があまりよくないのです。そのために確定診断の早期の結果が出にくいということもあります。

そのために医師は、検査データからよりも患者の諸症状からマイコプラズマ肺炎を疑い、早期に治療を開始するように勧めるドクターも多いようです。

早期の診断や早期治療が欠かせないのは、マイコプラズマ肺炎の重症化を防ぐためです。



スポンサーリンク


マイコプラズマ肺炎の治療

マイコプラズマ肺炎の治療期間としては、抗生物質を服用している期間症状がなくなるまでの期間と考えられます。処方される抗生物質の種類によって、抗生物質の服用期間にも違いが出てきます。

期間としては、短くて1週間長くても2週間とされています。

しかし、咳などが発病して2週間から1ケ月たってもまだ頑固に残っているというような場合には、咳の対応だけの漢方薬や咳止め薬などを服用するよりも、完治するまで抗生物質などの治療を継続した方がいいようですね。

マイコプラズマ肺炎の抗生物質による薬物療法

マイコプラズマ肺炎の抗生物質による薬物療法

マイコプラズマ肺炎の時の薬物療法としては、治療の効果は抗生物質による評価が高くなります。

ただ、抗生物質には多くの種類や系統があり、マイコプラズマ肺炎の治療においても有効な抗生物質とそうでない抗生物質があります。

細胞壁が、マイコプラズマという微生物にはないという特徴がありますが、抗生物質の中でも細胞壁を破壊するもので広く使用されているセフェム系やアミノグリコシド系のような抗生物質は効果がないのです。

マイコプラズマに効果があるのは、抗生物質でもマクロライド系やテトラサイクリン系のようです。

マクロライド系

マイコプラズマ肺炎の治療薬として、マクロライド系の抗生物質がよく使用されています。その中にはジスロマックやクラリス、エリスロマイシンという薬があります。

これらの薬では、医師の指示によって異なるのですが10日から14日間程度服薬するようです。

マクロライド系の抗生物質を服用すると、2日から3日以内に8割の患者は熱が下がります。もし2日から3日服用しても熱が下がらないような時は、感染症でもマクロライド耐性菌によるものが疑われます。

テトラサイクリン系

治療にマクロライド系の抗生物質を使用しても効果が出ない場合には、テトラサイクリン系の抗生物質を使用するようになります。よく使用されるテトラサイクリン系の薬には、ミノマイシンという薬があります。

1週間から2週間の服用が、医師の指示で行なわれます。

しかし8歳以下の子どもにテトラサイクリン系の抗生物質を使用すると、歯の色素沈着や骨の発育不全、エナメル質の形成不全などの副作用が懸念されることがあります。

ニューキノロン系では、オゼックスやトスフロキサシンがよく使用されるようです。

ステロイド薬

マイコプラズマ肺炎が重症化したり、髄膜炎を併発したり呼吸困難を起こした場合にのみステロイド薬を服用します。ステロイドの服用で免疫を抑制したり炎症を抑える作用があります。

肺炎が急に悪化した場合に対処剤として有効なのです。

近年、マイコプラズマに対して、マクロライド系の抗生物質が効かないということが起きているようです。これを耐性菌というようです。耐性菌とは、細菌が抗生物質に対する抵抗力をつけ、抗生物質が効かない状態になることを言います。

このようにマイコプラズマ肺炎にかかった場合には、早期の治療が重要です。マイコプラズマ肺炎が流行していたり、周りにマイコプラズマの感染者がいて、接するうちに風邪のような症状がもし現れたら、医療機関を早めに受診してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す