子供がマイコプラズマ肺炎に感染!自然治癒はするのか?

スポンサーリンク

 

マイコプラズマ肺炎は、子どもや年齢の若い人がかかる肺炎としては比較的多いものです。

肺炎マイコプラズマという細菌によって感染する呼吸器系の感染症です。

感染者の症状にもよるのですが、自然に治癒することも可能とも言われています。

では、マイコプラズマ肺炎の自然治癒というのは、どのようなものなのかについてご説明します。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎の感染

マイコプラズマ肺炎の感染

基本的に冬期にマイコプラズマ肺炎は増加する傾向があったのですが、近年では夏にも感染者が増加しており、1年を通してみられる感染症となりました。

また、感染者のうちでは14歳以下が80%を占め成人も感染します。

肺炎マイコプラズマは、細菌の仲間ですが通常の細菌より大きさは小さく、通常の細菌がもっているような体の外側の壁がないのです。

そのために抗生物質のペニシリンやセフェム系などの薬では、細菌の壁を壊して細菌を殺すという作用があるのですが、細菌の外側に壁がない肺炎マイコプラズマには全く効果がないとのことです。



スポンサーリンク


マイコプラズマ肺炎の症状

初期症状は、風邪のような症状で頭痛やのどの痛み、咳、37度くらいの微熱から39度くらいの高熱が出るときもあります。

疲労感や喘息がある場合には、ゼーゼーとする呼吸などになります。咳は最初は乾いた感じで徐々に重いような咳になって行きます。また、解熱してからも咳は1か月程度続くようなことがあります。

マイコプラズマ肺炎は、気管支炎程度の症状ですむこともあるのですが、乳幼児より上の年齢では、通常の肺炎のような重い症状を伴うことがあり、重症化すると胸水貯留等もあります。

マイコプラズマ肺炎の治療

マイコプラズマ肺炎の治療

マイコプラズマ肺炎の治療には、抗菌薬によるものが基本となります。

上述しましたが、セフェム系やペニシリン系の薬は効果がないので、テトラサイクリン系抗生剤やマクロライド系抗生剤、ニューキノロン系抗生剤を主に用います。

しかし、近年になってマイコプラズマ肺炎にマクロライド系抗生剤が効かないということが分かってきました。そのような場合には、ニューキノロン系やテトラサイクリン系の抗生剤を使用することがあります。

ただ、テトラサイクリン系抗生物質を2週間以上8歳以下の子どもに使用すると骨の発達に影響があり、永久歯が黄色くなるというような状態になるようです。

したがって、子どもには通常テトラサイクリン系の抗生物質は使用しないようです。もし使用しても1週間程度となります。

マイコプラズマ肺炎の自然治癒

マイコプラズマ肺炎の場合には、感染者の状況にもよるのですが自然治癒も可能なのです。もし自然治癒を選択するのであれば、医師とよく相談した上で行なってください。

医師の中には、自然治癒の方が良いと考えている方もいるようです。あまり、抗生剤などに頼った治療に疑問があるようでしたら、多少時間的に長くかかっても自然治癒の方を選択してもいいですね。

自然治癒のポイントとしては、水分補給をしっかりとして安静に過ごすことが重要です。

水分補給をしっかりとして安静に過ごす

ただ、症状が重症化したり、合併症が出たりするようなこともありますので、医師と必ず一度は相談した方がいいでしょうね。

例えば、咳がなかなか治らずに乾いた咳から湿ったような咳になってきたという場合には、咳以外の症状が出ていなくても1回は受診した方が良いでしょう。

このようにマイコプラズマ肺炎は、自然治癒も医師の判断のもとで可能なのですが、症状によって例えば咳が続くような時には、子供の体力を予想以上に奪ってしまいます。

加湿器などを使用して咳の症状が出た場合には、なるべく乾燥しないように夜間の水分補給などもすぐに取れるような状態にするなど気をつけてください。

そして、比較的軽い症状の場合には、自然治癒をする対応を選んでもいいのですが、様子をよくみて症状が悪化すると重症化することもありますので、医師とよく相談しながら治療してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す