子供がマイコプラズマ肺炎に感染した時の入院すべき3つの判断基準

スポンサーリンク

 

空気が秋冬シーズンには乾燥し、インフルエンザや風邪が流行ります。そんな季節にマイコプラズマ肺炎も流行することがあります。

感染症のマイコプラズマ肺炎は、子供に頻繁にみられる肺炎ですが比較的症状が他の肺炎に比べると軽くすむこともあり入院するまでには至らない事が多いようです。

しかし重症化することもありますので、そのような時には入院という判断になる場合があります。

では入院をさせないといけないような状態とは、どのようなものかについてご説明します。

スポンサーリンク

子供のマイコプラズマ肺炎に見られる症状

薬や通院での外来処置で対処できるような肺炎が、マイコプラズマ肺炎だと思われています。

でもその症状には個人差があり、重症化すると合併症を引き起こすこともあります。

例えば

  • 高熱が続いて入院することになったり
  • 重症化して重症肺炎になったりする

というような場合もあります。

早めに症状に気づいて対処する必要があります。以下のような症状がみられたら早めに医療機関に行きましょう。

①咳や痰がひどく出る

咳や痰がひどく出る

咳の症状というのは、マイコプラズマ肺炎患者のほとんどに現れます。

マイコプラズマ肺炎では、頭痛や発熱から1日から2日遅れてから咳の症状などが現れはじめます。初めはコンコンという乾いたような咳が出て、次第にひどく咳込むようになります。

そして咳があまりにひどくなると胸の痛みを訴えたり、痰に血が混じったりすることもあります。また、熱が下がった場合でも3週間から4週間くらい咳が続くことがほとんどです。

小学生以上の場合は、特に後半になると乾いた咳から湿った痰が絡んだ咳に変化します。

このような場合には、病院で抗菌薬などによる早期の治療を実施しないと合併症の重症肺炎などを引き起こすことがあります。

②胸や耳が痛い

胸や耳が痛い

咳がひどい場合には、胸や耳を痛がったりします。咳や肺炎の症状として胸を痛がることが考えられます。

また耳を痛がっている場合には、中耳炎に合併症としてなっている恐れもありますので、重症化させないようにすぐに病院を受診する必要があります。

③持病として喘息を患っている

持病として喘息を患っている

喘息を持病として患っている子どもにとっては、マイコプラズマは咳が続くという点で怖い感染症です。

気管支が気管支喘息を患っていると常に炎症を起こしている状態ですので、マイコプラズマ肺炎をさらに患うとその主症状といわれている咳が激しさを増します。

さらに気管支をマイコプラズマの病原体が刺激しますので、喘息の発作もひどくなっていきます。

また、薬の服用の点でも注意が必要です。喘息を患っているとテオドールやテオフィリン、テオロング、アミノフィリンなどを服薬しています。それらの気管支拡張薬は、マイコプラズマ肺炎に効果があるとされる抗生薬と相互作用を持ちます。

服用している喘息の薬を医師に伝えて、お薬手帳も必ず持参し服用の際には充分に注意してください。



スポンサーリンク


入院について

入院について

上述のような症状や対象者の場合で重症の場合には、入院を余儀なくされる可能性が高くなります。ほとんどの場合はマイコプラズマ肺炎は軽症で済むのですが、

  • 脱水症状を起こしたり
  • 咳がひどくて食事や睡眠が充分に取れない

ような場合にも医師から入院が必要と判断されます。

入院期間としては症状の重軽度によって違いますが、最低でも3日から1週間程度にはなります。また合併症を起こしているような場合は、1ヶ月以上の入院になることもあります。

入院中は安静と抗生剤の投与は必須で、呼吸状態が悪い時には酸素吸入も行ないます。さらに合併症が心配される時には、検査や治療をおこないます。

このようにマイコプラズマ肺炎での感染では、さまざまな合併症が恐ろしいのです。

特に症状が悪化すると入院するということも十分に考えられますので、子どもの様子をしっかりと観察して対応してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す