磁気ネックレスを付ける事で起こる可能性のある副作用とは?

スポンサーリンク

.

肩や首のこりが改善できるので、磁気ネックレスを付けている方は多いですよね。合う方にとっては、本当に助かる物だと思います。

でも中には磁気ネックレスが合わない方もいるようですよ。

このような方達にとってなぜ磁気ネックレスを付けると副作用的なものが起きるのか等についてご説明しますね。

スポンサーリンク

磁気ネックレスの副作用とは?

磁気ネックレスの効果は、人によって違っているようです。また、付けた為に体に悪い影響が出るということもありますよ。



スポンサーリンク


頭痛

頭痛

磁気ネックレスを付けた後、頭痛がしたという方もいます。

この副作用である頭痛は何なのかと不安に思いますよね。

理由:血行が良くなっている

では、なぜ頭痛が副作用のように出るのか不思議ですよね。

それは、副作用ではなく血行が良くなっているからなのです。というのも磁気ネックレスは、その仕組みとして強力な磁気が発生して血管内のヘモグロビン鉄に働きかけるので、血管内の血流が良くなるという効果があるのです。

それで磁気ネックレスを付けると血行が良くなっているのです。

では、どうして頭痛がするのでしょうか?

頭痛と血行の関係性というのは、例えば磁気ネックレスを装着したまま運動をしたり薬を飲んだりするとその作用によって、血液の流れが良くなり血管が膨張することがあるのです。

その結果として、血管の周りの脳神経が刺激されることで頭痛になることがあるのです。

また、コーヒー等のカフェインを含んでいる物等を飲むと副作用として頭痛がするという方もいるようです。

このような場合は、コーヒー等のカフェインを普段から取らないのに急に摂ったので血管が委縮し、頭部に痛みが出るということのようですよ。

そのような時には、磁気ネックレスをはずして様子をみてくださいね。

金属アレルギー

金属アレルギーがある方は、磁気ネックレスの使用は避けた方が良いですね。

チタンや金等の金属素材であれば、金属アレルギーが出にくいと言われていますが長時間にわたって、直接磁気ネックレスが肌に触れる状態になりますので出来れば装着しない方が無難です。

というのも付けた当初は問題がなくても、汗が付くとどうしても微量の金属が溶け出してしまうからなのです。

そのために金属のアレルギー反応が起こります。

また、その時の体調によって免疫力が低くなると、金属アレルギーが出る事がありますので注意してくださいね。

もし金属アレルギーがあるのであれば、素材としてメッシュやシリコン等の磁器ネックレスを購入するといいですよ。ただ、留め具のアタッチメントの部分に金属を使用している場合もありますからチェックして購入しましょう。

ペースメーカーを使用している方

命に関わる問題なのですが、ペースメーカーを入れている方は使用は絶対しないでください。

この点は、販売しているメーカーも磁気ネックレスの注意書きに明記しています。磁気ネックレスの肩こり用の中には、磁気以外でできている商品もあるのですが、ペースメーカーを使用している場合には、やはり避けたほうが賢明ですね。

携帯電話の微弱な電波でもペースメーカーは、影響を受けるのです。使用している方には、携帯電話をかける場合にも心臓から遠い方の右耳に当てることを勧めているようですよ。

おじいさんやおばあさんにプレゼント使用と考えている方は、必ずペースメーカーの確認をしてみてくださいね。

年齢制限や妊婦

年齢制限や妊婦

年齢制限を磁気ネックレスに設けているメーカーもありますよ。内容としては、12歳以下はご遠慮くださいというもので、理由としては誤飲防止の意味なのです。

また肩の血行不良ということは子供の場合にはないでしょうから、磁気ネックレスをする必要もないと思いますよ。

磁気製品の使用は、 妊婦さんの場合は注意してくださいね。多少の影響でも胎教に悪い場合には、避けた方が賢明です。

磁気ネックレスでの副作用については頭痛をはじめとしていろいろとありますが、人それぞれで違っていますので、必ずその副作用が出るというものではありません。

でも少しでも悪い影響が感じられるのであれば、不向きなのだと認識して磁気ネックレスを少しはずしてみたりしてチェックしてみてくださいね。

実際に付けてみないと磁気ネックレスの効果は分かりませんので、興味がある方は、まずは一度お試し下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す