インフルエンザのワクチンで予想される副作用3点

スポンサーリンク

 

インフルエンザワクチンは、打っておいた方がインフルエンザに感染しないし安心だと考えている方がほとんどでしょう。

しかし予防接種をしておいた方が良いというよりも、インフルエンザワクチンの副作用の方が怖いという研究者もいます。

その方達はそもそもインフルエンザワクチンは、薬事法上では劇薬だし病原菌なので打たないほうが安心だし安全だというのです。

ではインフルエンザのワクチンを打つことで予想される副作用というのは、どのようなものなものでしょうかご説明します。

スポンサーリンク

インフルエンザワクチンの副作用

インフルエンザワクチンの副作用

インフルエンザワクチンは強いアレルギー反応のような症状を起こし、重い障害や死をもたらすという深刻な事態になる事がわかっています。

それは、他の薬やワクチンなどと同様に引き起こすのですが、でもその頻度は極めて少ないとも言われています。

インフルエンザワクチンの接種を受けた人のほとんどには深刻な支障はないのですが、副作用としてあるものとしては次のようなものがあがっています。

①注射を打った部分の痛み

注射を打った部分の痛み

注射を打った部位の痛みが2日程度続くというのが、接種した方の中で10%から64%の割合で起こります。

②発熱

発熱

子どもの場合には注射の6時間から12時間後あたりに熱が出て、1日から2日ほど発熱が続くということもあります。

しかし日常の活動にはほとんど支障が出ない方の方が多いのです。

③危険性の高い副作用

頻度は少ないのですが、副作用として次のようなものがあります。

アレルギー反応

アレルギー反応

アレルギー反応で直接命に関わるというようなことはまれです。

しかし、ワクチンに含まれる構成成分の中に、その方のアレルギーとなる成分あるような場合には起こりやすくなります。

例えば多いのは、卵アレルギーでインフルエンザウイルスはニワトリの卵で培養されワクチンが開発されるからです。

卵のアレルギー反応が起きた場合には、アナフィラキシー症状が出て危険な状態になる可能性があります。

もし明らかな卵アレルギーという方は、インフルエンザワクチンは打たない方がいいですね。
そのような方や今までワクチンでアレルギー反応などを起こした方は、打つ前に医師に告げましょう。

ギラン-バレー症候群

ギラン-バレー症候群

感染症に続いて起こることがあるのが麻痺をひき起こすギラン-バレー症候群という病気です。
ギランバレー症候群は、主に細菌やウイルスによって感染症から発症しますが、1週間から3週間程度の期間で足が痺れたり、両足に力が入らないなどの症状が表れる病気です。

そして筋力の低下という症状は、足全体から上腕部にまで急速に拡大することがあります。

その原因というのは詳しくはわかっていないのですが、患者の致死率は6%程度です。
しかも年齢が上がると致死率も増加するようです。

ギランバレー症候群が悪化した場合には麻痺の状態が四肢麻痺、顔面麻痺と広がり、重症になると呼吸ができなくなるという呼吸筋障害にまでなることがあります。

さらに重篤化すると、生命を維持することが人工呼吸器を使用しないとできないというようなことになる場合もあります。
いずれにしても、早期に対応することが重要です。

ギラン-バレー症候群の場合には、上気道炎等との関係があるとも言われています。
もし、以前ギラン-バレー症候群にかかったことがあるという方はギラン-バレー症候群になる可能性が高いので、インフルエンザワクチンの接種については熟慮してください。

このようなワクチンの副作用がなければいいのですが、上述したような既往症のある方や接種日の体調にあわせてインフルエンザワクチン接種は、十分に検討してください。

特に高齢者の場合にはショック死などがありますし、その他の年齢の方でもギランバレー症候群や肝機能障害、黄疸、喘息、急性散在性脳脊髄炎などの命に関わる重篤な副作用も発生することがありますので十分に注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す