インフルエンザ予防接種!当日お酒を飲まない方が良い5つの理由とは?

スポンサーリンク

 

インフルエンザが流行し始めたこの季節、予防接種はできれば受けておきたいものです。

予防接種を受けることによって、感染を防ぐだけでなく、万一感染してしまった場合にも、重症化を防ぎ、症状が軽くなりやすいと言われています。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種

インフルエンザの予防接種

年末も近いこの季節、飲み会などの機会も増え、予防接種を受けた当日にもお酒を飲まざるを得ない場合もあるかもしれません。

そんなとき、予防接種を受けた後、

  • 飲酒は可能なのか?
  • いつから飲酒をしてもいいのか?
  • どの程度ならいいのか?

など具体的な目安がなく、判断に迷うところだと思います。

今回は、飲酒によってどのような影響が生じるのかをご説明したいと思います。



スポンサーリンク


インフルエンザの予防接種当日、お酒は飲んでもいいのか?

インフルエンザの予防接種当日、お酒は飲んでもいいのか?

インフルエンザの予防接種を受けても、実際に病院で予防接種後の飲酒に関する注意を受けることはほとんどありませんが、厚生労働省によると、摂種当日の大量の飲酒は避けた方がいいとされています。

(4)接種当日はいつも通りの生活をしてもかまいませんが、激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。

引用元:厚生労働省

「大量の」という前置きがあり、一口もお酒を飲んではいけないということではありませんが、体調に変化をきたすような飲酒は控えることが大切です。

インフルエンザの予防接種、その副反応

インフルエンザの予防接種、その副反応

インフルエンザワクチンは、弱毒化した生きた菌そのものを接種する生ワクチンとは異なり、病原性はなくしたものの、免疫反応を起こさせる成分からなる不活化ワクチンに分類されます。
不活化ワクチンを接種した後に起こりやすい副反応(副作用)には、局所症状全身症状があります。

局所症状には、注射した部位の腫れ、熱感、痛みなどがあり、全身症状には、発熱、倦怠感、寒気、頭痛などがあり、ときに重篤化することがあります。

特にもともと病気のある人や高齢者において、インフルエンザワクチン接種後の死亡例も報告されています。

飲酒によるインフルエンザ予防接種の副反応への影響

飲酒によるインフルエンザ予防接種の副反応への影響

大量の飲酒は少なからず、体に負担をかけます。

インフルエンザウイルスのワクチンによって、体にさまざまな副反応が生じることがありますが、飲酒はこの副反応に影響する可能性があります。

具体的にはどのような影響があるのでしょうか。

予防接種当日の飲酒によって悪化しやすい症状

予防接種当日の飲酒によって悪化しやすい症状

インフルエンザの予防接種の副反応のひとつとして、注射した部位が腫れることがあります。

飲酒をすると、血液のめぐりが活発になり、インフルエンザワクチン接種部位の腫れを悪化させることがあります。
ひどくなると、硬結(局所が硬くなる)や、痛みを伴います。

また飲酒により肝臓に負担がかかると、免疫が低下し発熱や頭痛などの全身性の副反応を起こしやすくなります。

このように、インフルエンザワクチン摂種後に飲酒することで、副反応が起こりやすくなったり、悪化したり治りにくくなってしまう可能性があるのです。

飲酒による影響が出やすい期間

飲酒による影響が出やすい期間

一般に副反応は、ワクチン摂種後24時間以内に起こりやすいといわれており、酩酊によって体調の異変に気づかなかったり、インフルエンザの予防接種の副反応による症状と、飲酒による体調不良の区別がつかなかったりすることによって、発見が遅れその結果重篤化してしまうことがあります。

そのため、インフルエンザの予防接種後24時間以内は、体調に変化をきたすような大量飲酒は控えることが大切です。

その間は体調の変化に特に気を使うようにしましょう。

まとめ

まとめ

インフルエンザ予防摂取当日の飲酒は

  1. 予防接種後の副反応である、注射部位の腫れを悪化させる
  2. 予防接種後の副反応である、発熱が起こりやすくなる
  3. これらの副反応の治癒が遅れる可能性がある
  4. 副反応が重篤化した場合にも、飲酒による体調不良と区別がつかない
  5. 酩酊により副反応による症状に気づかない

以上から、インフルエンザの予防接種当日の飲酒は控えるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す