2018年のインフルエンザの予防接種はいつの時期にするのが効果的?

スポンサーリンク

 

乾燥して寒さが感じられる季節になるとインフルエンザの話題は登場しますよね。
冬の時期には必ずといっていいほど、新型ウイルスなどの流行のニュ-スが気になります。

インフルエンザは、1週間は感染すると完治までにかかりますから油断できない感染症です。
では、このようなインフルエンザにかからないために予防接種は、いつの時期にするのが効果的なのでしょうか。

スポンサーリンク

予防接種の効果

予防接種の効果

インフルエンザワクチンの予防接種の効果というのは、どれくらいなのでしょうか。
実際に予防接種を受けた場合に、インフルエンザを予防できる確率は60%から70%だと言われています。

インフルエンザワクチンが効かないという意見もありますが、受けておけばインフルエンザの症状の重症化は防ぐことができるようです。

というのもワクチンの役割は、防衛反応を体に侵入してきたウイルスに対して行なうというもので、その免疫を利用した予防方法が予防接種です。

ウイルスに対して身体の免疫システムというのは、抗体を作って闘うようになっています。
そして、ウイルスと闘った経験が身体に記憶されて、同じようなウイルスが体に再び入ってくるようなことがあると素早く抗体を作ります。
その抗体で身体を守るのです。

健康な成人の場合には、インフルエンザの発症をワクチンが抑える効果は約60%だと言われています。

健康な成人

その年に接種されるワクチンは、流行すると予測したインフルエンザウイルスを感染性がないようにするために用いられます。
免疫システムにワクチンを記憶をさせることで、ウイルスの感染を防ぐことができるのです。

実際には化学処理した不活化ワクチンを使用します。
安全に不活化ワクチンは、処理されていますからワクチンを接種したからといってそのことが原因で、インフルエンザを発症するというようなことはありません。

また、毎年の様にインフルエンザは変異しますので、ワクチンも日々改良が進んでいるのです。
去年打ったので、今年は大丈夫だろうというわけではありませんので2018年も必ず摂取するようにしてくださいね。



スポンサーリンク


2018年の予防接種について

2018年の予防接種について

では、2018年はインフルエンザの予防接種をいつの時期にするのが効果的なのでしょうか。

インフルエンザのワクチンは接種したからといって、すぐに効果が出るというものではありません。
免疫が生まれるのに数週間はかかりますし、1回だけというよりは2回は受けた方が安心だと言われています。

そして、2018年の接種時期は例年より早くした方が良いと言われているようです。
というのも、2017年の流行が比較的遅くなり、夏場に入っても一部では流行していたとのことですからね。

過去の例をみますと、前年の流行が遅かったような場合には、次の年は例年並みか前年よりも早くなるという傾向があるのです。
ということで、例年より早く2018年のインフルエンザは流行する可能性があるようです。

2018年の予防接種の受ける時期

2018年の予防接種の受ける時期

例年であれば11月に入って受け始めるような方が多いのですが、2018年では例年より早めの10月には接種した方が良いですね。

10月にまずインフルエンザのワクチンも接種しておいて、体内に抗体を作っておくことがベストです。
10月と11月の2回接種すれば、流行が早まっても万全の体制で迎えられますよ。

ちなみにワクチンの効果は最大でも6ヶ月だと言われていますので、10月に接種しておけば、インフルエンザの流行時期の12月から3月までは、効果が十分に持続します。

2018年には、このように早めにワクチンの接種を受けて欲しいのですが、それだけでなくマスクの着用や手洗いうがいなども意識して実行して下さい。

特に高齢者や小児の場合には症状が重症化しやすく、死亡する事もあります。
このように恐ろしいインフルエンザを予防するために、早めの予防接種を心がけてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す