インフルエンザに感染した時はいつからお酒が飲める?

スポンサーリンク

 

肌寒い空気の乾燥する季節がやって来るとお酒や焼酎などが好きな方は、お酒と共に旬の食材を楽しむことができますね。

しかしこのような季節には、インフルエンザが流行し始める時期とも重なる事が多いのです。

ではインフルエンザに罹ってしまったら、アルコールを摂取するのはどうなのでしょうか。

アルコール好きの方が気になるそのような点についてご説明します。

スポンサーリンク

インフルエンザの治療中に飲酒すると

インフルエンザの治療中に飲酒すると

インフルエンザに罹ってしまったらその治療中に飲酒するとどうなるのでしょうか。

アルコール消毒にもなるから気軽に大丈夫だろうと軽い気持ちで飲酒をすると、実は次のような大変なことになります。

インフルエンザに感染すると症状として

  • 発熱で体が熱くなり
  • 体温が上がることで脱水症状になったり
  • 頭痛
  • 関節痛

などの痛みが起こります。

さらに熱性けいれんという熱の上昇によるけいれんを助長させることもあります。

そのような症状が出ている時に飲酒をすると利尿作用がアルコールにはありますので、血液中の水分を体外に出してしまいよりひどい脱水症状になりやすいのです。

このように飲酒をインフルエンザ中にすると症状として、発汗や発熱があるために体内の水分が体外に出やすい状態となるうえに、さらに脱水症状を起こさせるというリスクを上昇させることになります。

元気な時でも飲酒による脱水症状や血栓ができることを防ぐためには、水分を飲酒した量の2倍摂ることが大切だと言われています。

しかしインフルエンザに罹ると食欲も落ち何も食べたくなくなりますので、水分をたくさん摂るということも難しい状態となりますので、脱水状態に益々なりやすいのです。

インフルエンザにかかっている場合の飲酒は、控えることをお勧めします。



スポンサーリンク


薬との関係は

また、インフルエンザに罹って処方されるのが、タミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬です。

これらの薬を飲んでいる時には、アルコールが絶対に禁忌というわけではなさそうですが、基本的にどのような薬を内服している場合でもアルコールの規制は薦められています。

効果的にインフルエンザウィルスを攻撃するためには、アルコールは極力控えて薬の効果を変化させないようにすることが大切です。

インフルエンザに罹ってアルコールを飲んでも良くなる時期

インフルエンザに罹ってアルコールを飲んでも良くなる時期

アルコールを毎日のように飲んでいる方にとっては、飲酒を我慢しなければならないのは、かなり辛いことでしょうね。できるだけインフルエンザに罹っている時にはお酒を控えた方がいいのですが、影響が少なくなる期間というものがあります。

それは、インフルエンザを発症してから4日目から5日目あたりで熱がちょうど下がり始める頃です。この頃になってくるとインフルエンザウィルスとの体内での戦いはほぼ終焉を迎えていますので、少量の飲酒であれば問題も少なくなる時期です。

しかし、ウィルスを外に出すための抵抗力は大量の飲酒をしてしまうと弱まってしまいますので多くても350ml程度にした方がいいでしょうね。

インフルエンザの予防接種後

薬の効果とも関連しますが、インフルエンザの予防接種を受けた後に飲酒をするのはどうなのでしょうか。

この場合には、アルコールを多量に飲まないのであれば少量飲んでもいいのだそうです。

しかし飲酒によってアルコールが体中に周りますので、インフルエンザワクチンの吸収を体が温まると早めてしまうという可能性もあり効果が少なくなる場合があります。

このように身体の水分をアルコールを飲むと奪ってしまいますので喉も乾燥してしまい、その細胞が乾燥することでインフルエンザのウイルスの増殖が通常よりもひどくなります。

どうしてもお酒が飲みたいのであれば、卵酒や甘酒であればいいとのことです。

卵酒や甘酒は、タンパク質などの栄養価も高く消化も良いですし温めて飲むことでお腹まわりも温たまります。食欲が少しわいてきた時に飲むと回復も早くなるようですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す