とびひの症状と原因を段階別に解説!発熱があれば要注意!

スポンサーリンク

 

夏が近づくと蚊に刺されたり、汗疹ができたりして身体中がかゆい感じになるというのは、良く経験していることではないですか?そのような時に気をつけたいのが、「とびひ」なのです。

小さい子どもが、かかりやすい病気と思われがちですが、大人でも感染することがあります。そして、その症状の現れ方や進行する早さには驚かされます。

では、とびひの症状やもし発熱が出たというような場合に気をつけなければいけないことは、どのようなことなりでしょう。ではご説明しますね。

スポンサーリンク

とびひになる原因

とびひになる原因

とびひは、皮膚病の一種で原因となるような病原菌に感染した場合におこる病気なのです。その病原菌は、2つの種類あると考えられています。でもそれらの菌は、健康な人の体に普通に存在する細菌で、黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌です。

ということは、体に菌がいるのですからとびひにすぐになりそうですが、感染症が起こるのには、そのほかにも要因があるのです。

まず、症状が起こる段階としては、まず蚊に刺さされたりしてその部分をかく等して皮膚が傷つきます。そして、体についている細菌が移り、さらにかゆみが出たりしてひっかくという悪循環になるのです。

そして、このような段階を通過してとびひが発症してしまうのです。

特にアトピーなどの湿疹やあせも、虫さされやすり傷、鼻のかみすぎなどでも粘膜や皮ふがダメージを受けますよ。



スポンサーリンク


とびひの初期症状

とびひを発病すると元の湿疹などのかゆみに加えて、細菌が増殖することによるかゆみが現れるといわれます。原因菌となっている化膿レンサ球菌や黄色ブドウ球菌は、皮ふが正常であれば異常にまで増殖することはないのです。

でも、傷ついた皮ふではすぐに増殖してしまうのです。

子供の場合

子供の場合

子どもに多い黄色ブドウ球菌の場合には、発症すると皮膚に水ぶくれができます。そして、そのかゆみで引っかいてしまいますので、皮ふはさらに傷ついて細菌が増殖すると悪循環がくり返されてとびひを発症するのだそうです。

さらにかゆいので、それを引っかいた時に細菌が指につき、体のほかの場所や他の人に触わることで感染が広まっていくのです。

大人の場合

大人の場合

とびひには、大人でもなることがあると言われています。主に大人の場合は化膿レンサ球菌、溶連菌というものが原因となるとびひです。季節や年齢に関係なく発症するもので痂皮性膿痂疹といわれるものなのです。

どの年代でも感染するのですが、特に高齢者がかかった場合には、体の皮ふが薄いので傷つきやすく注意が必要です。というのも細菌への感染が起こりやすいのですが、それだけでなく内臓の病気も関係するからです。

できるだけ感染が疑われるようであれば、早めに医療機関で診断を受けてください。

一般的には、とびひになると皮膚科を受診した方がいいのですが、子どもの場合には小児科の受診でも良いですよ。

症状として発熱が出る場合

症状として発熱が出る場合

また、とびひになると熱が出ることがあります。もし熱を伴うような時は、とびひでも症状が重い兆候なのです。

というのも通常のとびひの場合には、症状が患部である皮ふでとどまることですみます。でもとびひが全身に広がると37度から38度の発熱や皮ふの状態もやけどをしたような症状が現れると言われています。

これは、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群( SSSS)といわれる状態で、以前であれば命に関わるものだったのです。
このような場合には、必ずすぐに病院に行ってください。
抗生物質も近年開発されていて、早期に発見し治療すれば重症化する前に予防が可能ですからね。

このように大人でも発症することのあるとびひは、季節に関係なく発病します。症状が重くなるとびひもありますので、虫さされやあせも等の皮ふのダメージがないかという点を気をつけてください。特に小さい子どもさんの場合には、こまめに体をチェックして、とびひを予防してくださいね。

もし疑わしいなと思われる時には、自分で判断せずに医療機関を早めに受診することも大切ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す