とびひの時はお風呂やプールにいつから入れる?他人にうつる?

スポンサーリンク

 

幼稚園などに通っていると子供がとびひをうつされてしまうということは、よくありますよね。湿疹のようなものが肌にできているので、その部分をさわるとうつると思いますが、ではお風呂やプール等でも水を介してうつるのでしょうか?そのことについてご説明しますね。

スポンサーリンク

とびひって何?

とびひというのは、伝染性膿痂疹(でんせんせいかのうしん)というのが正式名称です。原因としては、虫さされやあせもの炎症部分を子どもが掻きむしることで、細菌が傷口から進入して感染する皮膚の病気なのです。

治療としては塗り薬のステロイド軟膏などで治しますが、内服薬等も併用する治療が必要なのです。しかも重症になると点滴の投与も必要になることがあります。



スポンサーリンク


とびひにかかっている時にお風呂に入ってもいいの?

とびひにかかっている時にお風呂に入ってもいいの?

とびひでは、黄色ブドウ球菌等が掻いた傷に繁殖してしまいます。清潔を保つ必要はあるのですが、家族等にもうつりますから風呂は共有しない方がいいです。

でも、暑い時期に何日間も入浴できないのは辛いですし、患部を清潔に保つこともできません。そのような場合には、シャワーだけにして湯船につからないようにするといいですよ。

もちろん、体を拭くタオル等も家族と別々のものにすると他の家族にとびひが伝染する心配も少ないですし、傷口を清潔に保てます。

シャワーだけでも本当にお風呂からあがった後は、スッキリしますし気持ちよくなれますのでお勧めです。

冬季にとびひになった場合のお風呂の入り方

最近では、真冬であってもとびひになることがあるのです。というのも現代の住宅は、高気密高断熱の施工がなされているせいか冬場でも室内はかなり温かいので、何か活動をすると汗をかくことも多いからなのです。

病院に行くと医師から風呂にはなるべく入らせない方がいいと言われるのですが、身体を冬場に温められないのも辛いですよね。

そこで、お風呂に入る順序を変えてとびひになっている人を最後に入浴させるようにします。というのも、湯船に細菌がどうしても入ってしまいますから、最後に入浴し浸かったお湯は排水して使いまわさず浴槽の清掃も徹底する必要があります。このようにすれば冬場でも温かい湯につかる事ができますよ。

いつからお風呂に入れるの?

いつからお風呂に入れるの?

結論から申し上げると、湯船にはつからない方が賢明です。入るとしても、家族の中で最後に入るようにし、入浴後は殺菌消毒するようにしてください。

出来る限りシャワーを使用する方が良いと思います。

いつからお風呂に入れるの?という疑問を持つ事も多いそうですが、とびひの時でもお風呂は可能です。ただ、他の人にうつらないように配慮してあげてください。

とびひにかかっている時にプールに入ってもいいの?

とびひにかかっている時にプールに入ってもいいの?

とびひがうつって、夏の暑いときに肌がひどい状態になってしまったら、プールで他の子ども等にうつさないか心配ですよね。また、とびひの場合にプールにはいつから入れるのかも気になります。

実はとびひは伝染性が強いので、登校や登園停止対象の伝染病として文科省でも指定されているのです。そして、スイミングスクール等学校以外の場にも通うことはできないのです。

もし、とびひになったら周りの人へのマナーを守って、医師とプールにいつから入れるのかなど再開の判断をしてもらいましょう。

とびひの症状が出ている時は、膿や汁が水ぶくれが破れて出てきます。それを媒介としてうつってしまいますから症状が出ている状態では、他の人にまだうつる期間だと考えた方がいいですね。感染力と症状とが強い期間はおよそ3日間なのです。

プールの水を介してとびひが感染することはないといわれているのですが、プール内でとびひの人の傷口に接触することで感染するのです。ということでプールには、とびひが完全に治るまでは入らないようにしましょう。

このようにとびひは水ぶくれなどが皮膚にできる症状で、主に夏に子どもたちの間で流行するものです。そして感染力が非常に強いので、流行しやすく大人も感染する事がありますので気をつけてください。上述しましたが、とびひの場合のお風呂やプ-ルは注意する必要があります。

とびひかどうかはっきりしない時に大したことではないと放置すると症状が全身に広がってしまいますので、なるべく初期の段階で病院に行き治療をしてもらってください。はやめに気づいて病院で適切な処置を受けると3日以内にはおさまりますので、できるだけ早く病院に行きましょう。

プールはいつからは入れるの?

プールはいつからは入れるの?

プールはいつからは入れるの?という疑問ですが、とびひは感染力が強い病気なので発症してから1週間はプールに入ってはいけません。

入るとしても、完治してからにしましょう。

おおよその目安は発症してから10日くらい経過すると、他人への感染する可能性も非常に低くなるので、プールに入っても問題ないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す