汗が止まらない原因は自律神経異常の病気?【女性必見】

スポンサーリンク

 

暑くないのに汗だくになってしまう人は、多汗症かもしれません。
本来、汗をかくのは体温調節をするためで、体温が下がれば発汗は自然におさまります。

しかし、汗が止まらない人は、暑くもないのに全身汗びっしょりになっていたりします。

多汗症は、発汗をコントロールする交感神経に何らかの異常が起こり、発汗が止まらなくなってしまう症状ですが、原因は特定されていません。

可能性のある原因を探ってみます。

スポンサーリンク

緊張していませんか?

d9e11037ef632f429069dc9162cd737d_s

誰でも人前でプレゼンする直前や大事な取引の前など重要な場面で、汗をかいた記憶があるのではないでしょうか。

汗が止まらない人にも極度の緊張や不安感が関与しています。

緊張したときや怖い思いをした時のように精神的なストレスをうけた際、交感神経が敏感になり、汗腺の働きを活発化させ多量の発汗を起こさせるのです。

緊張すると心拍数が上がり血圧が上昇し、それにともなって体温が上がるため、脳が上がり過ぎた体温を下げようとして汗をかかせるのですが、緊張感や不安感がどのように交感神経に関与しているのかまではわかっていません。

さらに、喫煙やコーヒーの摂取などの生活習慣によって神経系が刺激されてしまう場合もあります。

ニコチンやカフェインには中枢神経を刺激する成分が含まれているので、これらを過剰摂取することで交感神経が刺激されてしまい、発汗を促してしまうことがあります。

カフェインだけでなく塩分の多い食事のようにバランスが崩れた食生活を続けていると交感神経に異常が出る場合もあるので、食生活や生活習慣には注意するようにしましょう。



スポンサーリンク


ホルモンバランス崩れていませんか?

4a2c980501f0cb70723afed63fe27210_s

更年期障害の一環で、ホットフラッシュや大汗を経験される方もいます。

これはホルモンバランスの乱れが交感神経の乱れにつながり、多汗症を引き起こすためです。

女性の方がホルモンバランスの変化が大きいので影響を受けやすいのですが、最近は男性にも更年期障害が出ることもわかってきています。

ホルモンバランスが崩れると自律神経に影響しますが、自律神経を自分でコントロールすることはできません。

そして自律神経とは交感神経のひとつで、副交感神経とペアで発汗や身体の代謝機能を調整しています。

そのため、自律神経のバランスを崩してしまうと、発汗だけでなく身体全体の調子が悪くなってしまうことが多いので、気をつけましょう。

病気?

b03a74a83e83986b678864e21b452659_s

先の2つより深刻なのは、循環器や神経系などの病気を患っているために多汗症が出ているケースです。
何らかの疾患が原因の場合、多くは全身性多汗症になるようです。

同じ病気を抱えていても多汗症になる方とならない方といるので絶対とは言えませんが、甲状腺機能亢進症や糖尿病のような特定の疾患を患っていると、自律神経やホルモンバランスに影響を与えるので、多汗症になる可能性は捨てきれないと考えておいて下さい。

大量の発汗だけでなく体重の増減が大きかったり、動悸を感じるなど、通常とは異なる諸症状が出るような場合には、病気の可能性を考慮し、医師の診断を受けることをお勧めします。

また、精神的な疾患である自律神経失調症のひとつの症状として多汗症になっている可能性もあります。

こちらの場合には発汗が手足や顔だけというように局所的に出るのが特徴です。

身体の一部だけにやたらと汗をかく上、倦怠感、慢性的な疲労、偏頭痛、不眠などが起きている場合には自律神経失調症が疑われるので、この場合にも医師の診断を受けるようにしてください。

発汗という日常的な生理反応であっても、あまりに汗の量が多かったり、局所的にかいたりする場合には、何らかの疾患が潜んでいることもありますので、自分の体の反応を見て、これは異常だと思ったら早めに医師に相談しましょう。

多汗症かどうかの判断基準

チェック1.まず発汗状態を注意してみよう

402148f47cef9ce784865294931ed519_s

多汗症の人の特徴は、とにかく明確な理由もなく半端ではない量の汗が出るのですが、汗の出方など自分の症状を注意してみてみましょう。

  • 生活に支障が出るほどの量の汗が出る(服の汗ジミがすごいなど)
  • 寝ているときはあまり汗をかかない
  • 1週間に1回以上は異常な量の汗をかく
  • 両手足、両脇など、局部的に汗をかき、その量は左右で同じ程度となっている

人は緊張すると汗をかきますが、滴り落ちるほど汗をかいたのでは、日常生活に支障をきたしてしまいます。

4項目をあげましたが、これらに心当たりがあり発汗量が異常に多い、暑いときや運動したとき以外に明確な理由がわからないけれど、汗が止まらないという自覚がある場合には、専門の医師の診断を受けてみた方が良いでしょう。

発汗量が多いことが不安やストレスとなって、さらに多汗症を悪化させてしまうことのないように注意しましょう。

尚、ここでの異常な発汗のチェックは、多汗の原因となる病気にかかっていないことが前提です。

疾患がなく、数か月から半年程度の間、同様の症状が継続して起こるかどうかも確認してください。

また、普段と異なることをした場合(例えば、辛いものをたくさん食べた、普段やらない運動を行ったなど)も対象外です。

チェック2.症状がでたのはいつごろ?

03c82727e7a1a40284309ee922eb7aa4_s

最初に多汗の症状が出たのは何歳ぐらいだったか覚えていますか?

もし汗の量が多いと気付いたのが25歳以下であれば、多汗症の可能性があります。
多汗症の平均発症年齢は25歳、局所的な多汗症だともう少し若く、手のひらが13歳、ワキは19歳ごろと比較的若いうち(思春期のころ)に症状が現れます。

その後は年齢とともに代謝が落ちてくるので、症状が落ち着いてくるようですが、人によってはかなり高齢まで症状が続く人もいるので、一概にいつごろまでーとは言えません。

逆に、成人になってから発汗量が増えた場合には、甲状腺疾患や更年期障害など他の病気が原因になっている(続発性多汗症)ことも考えられるので、検査を受けた方が良いでしょう。

チェック3.家族(親兄弟)に多汗症がいない?

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s

多汗症の中には遺伝的な影響が疑われているものもあります。

既に、ゲノム解析によって原因遺伝子の予測までは研究が進んでいますので、今後さらなる研究が期待されます。

ただ、緊張しやすい体質や、ストレス耐性、神経質な性格などは親から子に受け継がれることが多いので(もちろん子供の性格は子供次第ですが)、多汗症になりやすい体質が遺伝されていると考えることもできるのです。

いずれにしても、自己判断の結果、多汗症が疑わしいとなった場合でも悩みを抱え込まず、改善策を講じてみて下さい。

それでも改善されないときには、皮膚科などの専門医に相談するようにしましょう。

まとめ

以上、大まかに3点の可能性をあげてみました。

残念ながら、コレという原因は特定できないのですが、精神的なことが原因であることが多いようなので、日頃から心身ともにバランスの良い生活をおくるように心がけましょう。

まるこ
すごい汗っかきの人も多いよね。
とがわ先生
汗っかき多汗症は違うけど、一部分だけ以上に汗が出ていれば、多汗症の疑いがあるから、すぐに病院に行こうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す