身長と成長ホルモンの関係に睡眠が大きく関わる理由とは?

スポンサーリンク

 

人生の中で絶対に一度は「寝る子は育つ」と言われたことがあると思います。

昔、成長ホルモンのことも睡眠のことも科学的に理解していなかった頃から言われていたのではないかと思います。先人の知恵ですね。

さて、この言葉が示す通り、ヒトの睡眠と成長には密接なつながりがあります。

それは、子供の成長だけでなく、成人も含め、ヒトに必要な「成長ホルモン」が睡眠中に分泌されるからです。

スポンサーリンク

成長ホルモンとは?

成長ホルモンとは?

成長ホルモンとは、脳下垂体から分泌されるホルモンです。

成長ホルモンの主な働きは、組織の成長を促進することと身体の代謝をコントロールすることです。

骨や筋肉を作り身長を伸ばすのは、このホルモンの成長作用であり、もう一方の代謝のコントロールは、成長ホルモンがタンパク質合成を促進する作用を有することから、身体の疲労回復や体細胞の修復を行っているものです。

身長は、乳幼児期と思春期に大きく伸びると言われており、その際に必要なのが成長ホルモンです。他に成長に必要なホルモンとしては、体内でタンパク質を合成し成長を促す「甲状腺ホルモン」というホルモンもあります。

一般的に成長期に身長が伸び性ホルモンの分泌が活発化すると、身長の伸びは治まる傾向があるようです。

結局は、成長においてもホルモンのバランスと、それぞれのホルモンが適切な時期に必要量分泌されることが大切なようです。



スポンサーリンク


睡眠と身長・成長ホルモンの関係

睡眠と身長・成長ホルモンの関係

「寝る子は育つ」と言われるのは、成長ホルモンは副交感神経が優位になる夜間や睡眠中に分泌されるからです。

特に、成長期は成長ホルモンが活発に分泌され身長を伸ばすのですが、睡眠時間が不足するとそれにともなって成長ホルモンの分泌が乱れ、夜間の分泌が減ってしまうため、結果として身長が伸びにくくなるなど成長に影響が出てしまう恐れがあります。

たっぷり眠ってホルモン分泌

47b

成長ホルモンだけに限りませんが、睡眠の質は色々な身体の機能に大きな影響を与えます。

成長ホルモンは深い眠りの間に分泌されるので、良質で安定した睡眠が必要です。

身長を伸ばすのに適した睡眠方法には下の3つがあげられます。

  • 十分な睡眠:たっぷり眠って成長ホルモンが分泌する機会を増やす
  • 質の高い睡眠:成長ホルモンが分泌される深い眠りを妨げない
  • 早寝早起き:睡眠時間を確保するだけでなく身体のリズムに合わせる

これら3つのポイントは、成長期の子供でなくても注意したいところですが、子供の場合は親が心地良い環境を作って、子供が深く眠れるようにサポートしてあげて下さい。

体内時計に合わせたメリハリのある生活をすることで、睡眠の質が高まり、成長ホルモンをはじめとする各種ホルモンがしっかり分泌され、機能するようになります。

大人も必要な成長ホルモン

大人も必要な成長ホルモン

身長は伸びきって、最近育っているのは腹回りのみ・・・という大人にも成長ホルモンは必要不可欠なものです。

確かに、成長ホルモンは生後から乳幼児、小児のころは分泌量が多く、思春期(=成長期)にピークを迎えます。

20歳前後からは減少に転じて、20~25歳の間に急激にし、その後も徐々に少なくなっていくものの、成人でもある程度の量は分泌されており、身体の疲れをとり、皮膚や筋肉などの体組織の修復や再生を行うなど、大切な役割を担っています。

最近は宵っ張りの子供が増え、ゲームやスマホ、TV、塾通いなど多種多様な理由で睡眠不足になる子供も増えています。

だからこそ、身長を伸ばす上で睡眠は大切な要素であると理解し、ちゃんと成長すべき時期に適切に成長できるよう、親や周囲も気を付けてあげて下さい。そして、成長期を越えた大人でも、適切な量の成長ホルモンが分泌され、健康な生活を維持できるように睡眠には十分注意したいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す