熱中症の症状はオフィス内エアコンのクーラーによる冷えで悪化?

スポンサーリンク

 

熱中症は、回復したように思うけど会社などでエアコンのクーラーがかかっていると、だるくて寒いし頭痛もするという方が多いようです。

そして妙に身体が重くだるいと感じているのでしたら、エアコンのクーラーで体が必要以上に冷えて熱中症が悪化しているのかも知れませんよ。

そのような点についてご説明しますね。

スポンサーリンク

熱中症の回復とクーラーとの関係

6035815a4a20fc94250d32e018272c34_s

熱中症に罹ると体内の様々な機能が、どうしても崩れがちとなります。
そして、それらが回復するまでにはある程度の時間がかかります。

少し休養をとって症状も回復したと思って、会社などでエアコンのクーラーにあたると症状がぶり返すということがあります。

これは、クーラーでの外気と室内との温度差が開きすぎのために、熱中症に罹った体がついていけないという状態になったためです。

そして、体温調節を行う働きをする自律神経などのバランスが崩れるためだと考えられています。



スポンサーリンク


クーラー病とは

ff1da3b857c8a6de0ceac954d6c97886_s

オフィスなどのエアコンのクーラーが効いた寒い環境の中でいる時間が長くなった場合には、冷房病であるクーラー病にかかるという可能性があります。

クーラー病というのは5度以上の温度差がある環境にいると、人間の体にある体温調節機能に支障が出るというものです。

このような温度差が激しい場所に出入りするということで、身体では様々な温度に対応するために自律神経が調整するのですが、このようなことを繰り返すと自律神経はバランスを崩してしまいます。

このように自律神経失調症の一種がクーラー病ということです。

>>熱中症の後遺症で体がだるい期間が長引くと自律神経に原因があるの?

熱中症に罹ってからなんとなくだるいし、なかなか治らないと感じていた方のなかには、後遺症に悩まされているという場合が多いのです。

そして、その原因には自律神経が関係しています。
そのような状態でクーラーで身体が冷えた場合には、自律神経がさらに乱れがちになります。

クーラーによる冷えへの対策

90d3c7e19633dd097a2d0c2d6af2b676_s

夏場の暑い日には、室外とエアコンが付いている室内との温度差は10℃以上となる場合もあります。

そのために寒い室内と暑い屋外とを何度も出入りしたりすると、5℃以上の急激な温度変化に自律神経が対応できずに、自律神経失調症になってしまいます。

そうならないように下記のような方法を試してください。

首、手首や足首などを冷やさない

711501cd8954d986ed7a10d433fa5952_s

体の部位で首が付く場所は、皮膚の表面に血管が非常に近い場所です。

その血管を冷やさないようにするために首にスカーフを巻き、長袖で手首も守り、靴下を履いて足首も冷やさないようにすることが重要です。

ブランケットや上着、腹巻で暖かく

1309daaf23f6e3c8e4a77039d67b34da_s

さらにオフィスでは、エアコンの温度は個人で変えるということはできません。
冷房の温度を変えることができない場合には、自分自身で暖めましょう。

腹巻で内臓を暖めて、カ-ディガンなどの上着を携帯して寒い時には羽織ると違いますよ。
また座っている時には、ブランケットを足に掛けることも良いですね。

それでも寒さを感じる場合には、ホッカイロなども使用しましょう。

軽い運動をする

db74ce13a59ee1f6a2745b4777987faa_s

ウォーキングなどをすることで汗をかくというのも、自律神経の調整には最適です。
軽い運動を1日に10分でもするといいですね。

そのような時間が取れないという方は、休憩時間などに屈伸やストレッチなどを取り入れると体の血の流れをよくすることができますよ。

室外に1、2時間に一回程度は出る

4969ba841a8b94fb29aeb69f4f5e2fb1_s

クーラーの効いたオフィスなどから問題がない範囲で、外気に触れる時間を持ってください。
室外に出て、外気に触れるという時間が非常に重要なポイントとなります。

体温の調節機能である自律神経の乱れを正しくさせるためにも、バランスを外気に触れて保ってください。

熱中症がなかなか回復しないのは、クーラーなどの冷えや急激な温度変化の繰り返しによって起きる自律神経の乱れです。

クーラー病だと原因がはっきりしている場合には、対策をしっかりとすることで予防することも可能ですので、試してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す