熱中症の症状で手足がしびれ寒気があり汗が出ない時の対処法

スポンサーリンク

 

長時間にわたって屋外で夏場などにいた場合に気分が突然悪くなったというようなことはないですか?

そのような症状は、もしかすると熱中症になっていたのかも知れませんよ。

そのような時に体調が悪いというような気がするけど、これくらいであれば大丈夫だと軽く考えて放っておくと危険ですよ。

最悪の場合には、救急車を呼ぶような事態になることもあります。

そのような熱中症の症状で、手足がしびれて寒気があり汗も出ないような時の危険性や、その対処法などについてご説明します。

スポンサーリンク

熱中症の危険性

6035815a4a20fc94250d32e018272c34_s

夏場に多い熱中症に対しては注意が喚起されていますが、次のような熱中症の危険性があるのです。

熱中症の程度においては、死にいたることもある病気です。

熱中症は、主に湿気が多い場所や気温が高い場所などに長時間いることで起こるといわれています。

そして、汗を大量にかいているのに水分の補給ができない状態であったり、涼しい場所で移動して休養できなかったりする時などに起こりやすいものです。

というのも身体が、暑いと通常感じると体温の調節機能が働いて汗が出ます。
そして、体内の熱を汗をかくことで身体の外へ逃がすことができます。

でも、水分を汗が出ている状態なのに補給できないという場合には、脱水症状を起こします。
この脱水症状が悪化した場合には、意識障害を起こしたりけいれんを起こしたりするようになります。

さらに、脱水症状だけでなく重症化すると、体温の調節機能が働かなくなることで、汗が出なくなるのです。

その結果、異常に体温が上昇してしまい、細胞が破壊されたり変性したりして多機能不全となり、死にいたるということがあります。



スポンサーリンク


熱中症は乳幼児や高齢者が特に危険

f43448630e477ca739eff0abde245703_s
特に乳幼児と高齢者は、熱中症になりやすいと言われています。
というのも、汗腺が少ないために汗が出にくいということがあるからです。

また、体温の調節機能も低下しているので、体温が上昇しやすくなっています。
しかも、乳幼児の場合には暑さを自分で訴えるということができません。

そのために、乳幼児がぐったりしてしまってから気付くということがあるためです。
特に、アスファルトの照り返しは、真夏時には60℃近くになることがありますので注意が必要です。

また、高齢者の中には、喉のかわきや暑さも感じにくいということがあるために、エアコンなどを使用しないことが多いのです。

しかも、水分補給も少なめなので、自宅の中でも熱中症になるということがあります。

熱中症のサイン

9c7ea89c3b71098b8476f13351041b67_s

熱中症にならないようにするためには、帽子や日傘を利用し作業などは涼しい場所で行いましょう。

そして、水分の補給をこまめにするということも大切です。
このような小さなことが熱中症の予防に繋がるのです。

予防対策が取れていない時に、熱中症になっていると早く気付いて対処することで、重症化を防ぐことができます。

そのために、次のような熱中症のサインを見逃さないようにしてください。

口がたいへん渇き
立ちくらみやめまいがして
生あくびが頻発に出る
というような時です。

さらに

吐き気や嘔吐があり
頭痛がして身体がだるく
なったりします。

手足にけいれんが起こり、まっすぐに歩けないということもあります。

汗が出過ぎたり、反対に出なくなったりすることがあり、重症化すると意識が混濁したりなくなるということも起こります。

熱中症での寒気

e2407d5d4e1a1f2d9d7c2d0eb0d5fed4_s

意外と熱中症の症状で知られていないものに「寒気」があります。

暑いのに寒気がするという状態は、異常な感じですよね。
そして、このような寒気を熱中症で感じるということがあると要注意なのです。

その対応を誤ると、手遅れになるということがあります。

熱中症で寒気がする理由としては、血液に異常をきたして重症化しているからで、脳出血や意識障害などを引き起こすことがあります。

熱中症では、正常に体温調節機能が働かないために、体温がどんどんと上昇していく症状です。

そのような中で寒気が起きるということは、何らかの障害が脳に発生しているためなのです。

熱中症が重症化した証拠となり、脳が熱いはずなのに寒いと誤った判断をしてしまっているのです。

そのようになると、汗も寒気がある場合にはピタッと止まります。
このようになると、体温の調節機能も正常に働いていないということがわかります。

このような状態は、かなり重篤な状態ですので意識がもしあったとしても、救急車をすぐに呼んで緊急搬送しましょう。

熱中症による寒気が出た時の対策

fe60ed96ba278703552d6e803d3f370e_s

寒気が熱中症により出た時には、対策としてまず119番をすることです。

そして救急車を待っている間に取るべき応急処置としては、一般的に行われる通常の応急処置などと併せて、重点的に首の後ろを冷やすようにすることが大切です。

というのも、脳の障害を脳に送られる血液を冷やすことで、緩和できるという可能性があるからです。

寒気を感じるような重篤な熱中症に罹ってしまったという背景には、暑くて体調が悪いという状態を我慢して、運動や仕事を続けてしまったことが原因でしょう。

このような場合には、決して無理をせずに休息をして疲れをとり、喉の渇きなどを少しでも感じたら水分補給もしっかりとしましょう。

特に部活などでは、コーチや監督の指示がない場合には、なかなか選手は休憩を取れないという状況になっていることも多いものです。

サークルや部活の責任者は、熱中症指数計などを常に携帯して熱中症になる危険度が高いような状況の時には、休憩の回数を増やしたり、時には練習を中止したりするという判断を下すことが重要です。

まとめ

f68721bc7599a0784f8d4ae8bc6a07b3_s

一番大切なものは、生徒や選手たちの命です。
決して暑い中などで、無理をさせないように注意して欲しいと思います。

熱中症の症状で、特に手足がしびれて寒気があり汗が出ない時というのは、熱中症でもかなり危険な状態であるということがわかっていただけたでしょうか?

このようなサインを見逃さないで、救急に対処する事が重要です。

しかし、熱中症にならないようにまずは、予防することが大切です。
例えば、長時間暑い日に外出するという予定があるのでしたら、水分補給できるようなものを持って日傘なども準備しましょう。

そして何か症状がおかしいと気付いた場合には、まずは涼しい場所に移って水分補給などの応急処置をしてください。

熱疲労や熱失神では、脳に血液が回りにくい状態となっていますので、頭よりも足を高くして休ませるようにしてください。

このような対応をして、熱中症が重篤化しないように注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す