熱中症の後遺症で体がだるい期間が長引くと自律神経に原因があるの?

スポンサーリンク

 

熱中症に罹ってからなんとなくだるいし、なかなか治らないなと感じた方もいるのではありませんか。
熱中症を一度でも罹うと、後遺症にその後も悩まされるということがあります。

そしてその原因として自律神経が関係しているとも言われています。そのようなことについてご説明します。

スポンサーリンク

熱中症での後遺症

6f8d28402b88654456fe140c75ce05dd_s

熱中症によって体内の様々な機能が崩れがちとなりそれらのバランスが整うためには、ある程度の時間がかかります。

少し休養をとって症状がよくなったと思ってもまた症状がぶり返し、その後も2週間から1ヶ月ほどは完治したとはいえないような状態の方が多いようです。

熱中症にかかった場合には体調が崩れてしまい、体内の様々な機能を回復させようと後遺症として次のようなものが現れます。

まず、耳鳴りや頭痛、食欲不振や微熱、そして筋肉や関節の痛みや体のだるさなどの症状が現れます。



スポンサーリンク


後遺症が続く原因

71f6363bb5020c2520ec4c51421c3c99_s

頭痛や耳鳴りや食欲不振、また微熱などが起こるのは、クーラーの使いすぎなどで室内と外気との温度差が開きすぎて、体がついていけない状態となっているのです。

そのために、体温調節を行う働きのある自律神経のバランスなどが崩れることなどが原因です。

また、体のだるさや筋肉や関節の痛みなどは、体温が上昇して損傷を受けた筋肉などに酸素が行き渡らなくなる状態が続くことが原因です。

このような後遺症は、ほとんどが2週間から1ヶ月程度で安静にしていれば治るのですが、重症化した場合には脳出血といった脳へも悪影響が出て、重篤な病気へと発展する危険性が高くなります。

自律神経に関係した後遺症

d9e11037ef632f429069dc9162cd737d_s

熱中症の後遺症として上述しました耳鳴りや頭痛が続くことがありますが、このような症状は体温調節を司っている自律神経のバランスが熱中症によって崩れたために起こるものです。

自律神経は、副交感神経と交感神経の2つの神経がバランスを取っているものですが、交感神経は体温が上がると緊張状態となります。

そして、それを解消しようとして血管を収縮させ血流を減らすことで、体温を下げる働きをします。

また、その逆に副交感神経は、体温が下がってくると血管の収縮を弱めることで、体温を血流を増やすことで上げると言う働きをします。

熱中症に罹った場合には、自律神経失調症という自律神経のバランスが崩れた状態となります。

食欲不振や頭痛、耳鳴りといった症状は、このような働きのある自律神経が正常に機能せず、体の様々な働きが崩れてバランスが悪くなることで現れるものなのです。

その他の後遺症

6da49b67952b42bf050b251b1cba98a1_s

体温が熱中症によって、異常に高い状態が続くと筋肉が損傷を受けます。

ミオグロビンという筋肉中の物質が、血中に遊離するためです。
このミオグロビンという働きは、酸素を血液から受け取って筋肉に渡すという大切な役割をしています。

ミオグロビンが、筋肉中に少なくなると酸素が筋肉に行き渡らない状態となりますので、体のだるさや筋肉、関節の痛みなどといった症状が現れるのです。

これらの症状も無理をせずに安静にすることで、自然に体の治癒能力によって体のバランスが元の状態に戻ります。

ただ、重度の熱中症で意識がなくなるほどになると、深刻な一生残るような後遺症が残るということも少なくありません。

重症化することで血液に異常をきたします。
そのために脳出血や腎不全、さらには重度の意識障害などを起こします。

このようになると組織が完全に破壊されてしまいますので、自然治癒で治るというものではありません。
後遺症が悪化しないように重症化する前に、適切な休息や病院での処置を行ってください。

熱中症の後遺症への対応

熱中症での後遺症の症状が起きた時には、2週間程度次のようなことに注意をして無理をしない生活を心がけてください。

無理な活動は避ける

1e76a4299b84907d007589743d6c6352_s

熱が下がり熱中症の症状が治まったからといって、すぐに炎天下の作業をしたり激しい運動をしたりするのはやめましょう。

そして、こまめに水分や塩分、また食事で充分な栄養を摂り体の再生をサポートしてください。

室内は適温に

8614bc0d6d9bef47113bb514ce19c06b_s

室内でエアコンをつける場合には設定温度は外気温との差を5度から6度程度までにして、適度に除湿も行ってください。

また、夏場でも寒さをコントロールするために電車やオフィスなどで、カーディガンやスト-ルなどで調節してください。

質の良い睡眠を

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s

体が再生すると言われている22時から2時の間を含む睡眠時間を確保して、しっかりと睡眠をとって体の免疫力を上げましょう。

特に夏場は、熱帯夜や湿度も高くなりがちです。

寝苦しい時にはエアコンを28度程度に設定して、タイマーを1時間ほどかけることで深い眠りにつくこともできるようです。

また、睡眠前の1時間から2時間は、スマホやパソコン、テレビの使用などを控えましょう。

ただ、1ヶ月以上に渡って酷い後遺症の症状が、以前として続くような場合には症状が重症化しているという危険性がありますので、病院での受診をお勧めします。

食事での回復を図るのは

d93f2f869624e0cfada11c032bb2decf_s

熱中症としては夏の盛りに起きると考えがちですが、真夏以外にも梅雨や冬場でもかかる場合があります。

また、夏場に貯まった疲れがピークに達する時期の9月に、また残暑などで体調を崩した時には特に注意が必要です。

このような時には、熱中症の原因となる体内にこもりがちな熱を放出する効果があるような食べ物を積極的に摂りましょう。

次のような野菜は、体の熱を摂る効果があります。
例えば、キュウリやトマト、ナスなどです。

固形の物を食欲がなく食べるのが辛いという時には、少量の岩塩をミネラルウォーターに溶かして飲むというのもお勧めです。

ただ、冷たい物ばかりを摂りすぎると体の中が、逆に冷えすぎてしまうこともありますので、温かい味噌汁なども時には摂り入れバランスをとってください。

熱中症の後遺症は、一生続くというものではありません。
特に、体内のバランスをご紹介した方法で整えれば元に戻り、後遺症も自然と解消されてきます。

より早く後遺症を治したいとお考えでしたら、とにかく安静にしていることが大切です。
また、症状が心配されるような状態になった時には、早めに病院に行って適切な治療を受けるようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す