熱中症対策にはお茶の中でも麦茶が予防に良い理由と適切な温度とは?

スポンサーリンク

 

熱中症対策にスポーツドリンクを飲むのが良いと一般的によく言われていますよね。

それは、失われたミネラルや水分を補うのに適しているということなのですが、意外とナトリウムが多く糖も多いためにカロリーが高かったりします。

その点では麦茶がよいと言われてしますが、その理由や飲むのに適した温度などについてご説明します。

スポンサーリンク

熱中症のメカニズムでは

6035815a4a20fc94250d32e018272c34_s

暑い季節には、気になるのが熱中症です。
近年は地球の温暖化の影響もあって、最高気温の記録なども更新し続けています。

仕事でも日差しを避けて作業をするとか、気温の高い時の外出を控えるようにと、さまざまな注意を喚起しています。

しかし、どうしても仕事によってはなかなかそうはいかないものですよね。

炎天下で頑張りすぎ無理して、仕事中に倒れるというような問題も起きています。

このような熱中症に罹りやすいのは、成人の場合では気温が高くて日差しも強く風が吹いていないうえに、湿度が高いという気象条件の時です。

また、睡眠不足や疲れ、体力が病中や病後で低下しているような場合には罹りやすいでしょうね。

しかも、このような時に長時間に渡って外で作業をしたり、強い日差しの中を何時間も歩いたりすると、熱中症になる確率はかなり高くなりますよ。

というのも、熱が体の中にたまって行き、塩分や水分が汗と一緒に体外に排出されるためです。
そして、極端に体の熱を外に出す機能が低下してしまい、熱中症を引き起こすことになります。

このような場合には、予防対策として水分補給が欠かせません。



スポンサーリンク


熱中症に効果的な飲み物

f9d3cd0a6ba779205c25cac648aac1c7_s

熱中症にいったん罹ってしまうと、回復するのに時間がかなりかかります。
そうならないようにするためには、熱中症に効果的な飲み物を予防的にも飲むことが大切です。

一般的に熱中症には、スポーツドリンクが良いと言われているのを聞きますが、確かに失われたミネラルや水分を補給するのには適しています。

>>熱中症対策に効果のあると言われるドリンク4選!

ただ、糖分が意外と多くカロリーも高く、ナトリウム量も多いのです。
常時飲むと糖分が多いために、口腔内の衛生面でも虫歯になりやすくなります。

熱中症の予防には、飲みやすさと過剰摂取のバランスも見極めながら飲み物を選びたいですね。

そのような点で、最適なのは麦茶です。

熱中症予防の飲み物として麦茶が良い理由

3d2c9613ec0081e275916a4023fdc202_s

麦茶は、夏の風物詩ともいえる飲み物で美味しいですよね。

昔からなぜ夏と言えば水ではなく麦茶なのでしょうか。
それには、次のような理由があるのです。

昔の人たちは、体に良いということを経験上で知っていたのでしょうね。

水分補給

6d54bdd60837a3ff433d69255402c416_s

まず水分補給になり、糖分や塩分を制限している方でも飲めます。

利尿作用はあるのですが、必要以上に飲まなければカフェイン入りの飲料と比較すると低いようです。

やはり水分補給としては、優秀な飲み物です。

身体を冷やしてくれる

da1a488abc1956c9bac8665fd13d9385_s

身体を冷やす効果が麦茶にはありますので、熱中症などで体の熱がこもっている場合には非常に適した飲み物です。

ある実験結果では、温まった体で麦茶を飲んだ場合と水を飲んだ場合とでは、水よりも麦茶を飲んだ時が2℃ほど体温が低下したという報告もあるようです。

さらに、カリウムが麦茶には含まれていますので、利尿作用があり排泄と汗との両方から体温を下げるという効果があります。

ミネラル分補給

8e797680053e77eb79f3972e4241c616_s

身体のミネラル成分は、汗とともに失われるのですが麦茶はこれを補ってくれる働きもあります。

上述したようにナトリウムや糖分がスポーツドリンクにも入っていますので、運動をしたような時には良いですが日常的に飲んだり夜間に飲んだりするのには、適していません。

ノンカフェイン

7f1c189daa3464c83123a15117ccafd3_s

また麦茶は、ノンカフェインですので子どもにも安心して飲ませることができます。

カフェインの入りのお茶やコーヒーを夜に飲むと眠れないという方にも、麦茶であれば大丈夫ですよ。

ジュースを飲むと余計に喉が渇くことがあるので注意してください。

血液がサラサラになる

ad44cf7afe343129b368b54f96a26a8a_s

脱水症状で体内の水分が少なくなると、血液もドロドロになり様々な支障が起こります。

麦茶に含まれる成分が、血液をサラサラにするという効果があります。
麦茶であれば水分とその成分との両方を補えますので、大量に汗をかく夏には飲料として適しているのです。

ミネラルウォーターでもミネラルと水分を補うことができますが、血液をサラサラにするという働きまではしません。

熱中症の時に飲料の適した温度

熱中症の時には、比較的冷たい飲み物の方が効果的です。

理由としては、体温も熱中症の時には上昇していますので、冷たい飲み物を飲むことで直接体温を身体の中から下げることができます。

温度としては、5℃から15℃が適しています。

麦茶を普段の水分補給用として飲む場合には、常温でも冷たくても構わないのですが、身体にあまり冷たすぎるのは負担がかかりますので気をつけてください。

お茶の種類の中でも麦茶が熱中症対策に効果があるのは

1b4e3c4df32737b1ea43f89bc2c023b8_s

麦茶が熱中症対策に効果があるのは、麦茶や緑茶は発酵させていないお茶となりますので、体を冷やすという効果があるのです。

その点でいうと、紅茶やプーアル茶などは発酵させていますので、体を温めるという効果がありますから、熱中症の時には適していません。

また、濃い緑茶には、カフェインが含まれているので同様に適していませんね。

そのようなことからも、麦茶が適しています。
さらに麦茶には、抗酸化作用や胃の粘膜を保護するという働きもあります。

麦茶に塩を加える場合

c52cd32b15aaa8f607ae579b403ef5e5_s

麦茶だけで熱中症対策には十分なように思いますが、さらに熱中症に効果的にするためにを加えることもあります。

それは、排泄と発汗とによって体内のナトリウムが不足がちになるためです。

身体のナトリウム濃度が低下するとふらつきやめまい、筋肉のけいれん、脱水症状などの原因となます。

このようなことを防ぐために、麦茶に塩を加えてナトリウムを補給する必要があります。

麦茶に塩を入れることで、麦茶の体温を低下させる効果と塩からのナトリウムの補給で、熱中症対策もしっかりとでき安心です。

麦茶に塩を加える場合の量

6862e56c088fa42da14af90185ae8abf_s

塩入り麦茶を作ろうとして目分量で塩を入れると、塩分濃度が高くなりかえって体に害となりますし、風味も悪くなりますので、次のような適量にしてください。

麦茶1?に対しては、1gから2g程度の塩を加えるだけで十分ですよ。
そして、できるだけ塩の少ない分量から麦茶の風味を損なわないように、飲み始める方がいいですね。

ミネラル入り麦茶

a81bf53a124915273cb275faac4bfc3f_s

最近では、ミネラル入りの麦茶が販売されていますね。
最近の研究でこの麦茶は、熱中症に効果的だという研究結果が出ているとのことです。

このようなミネラル入り麦茶では、水分とミネラルの両方が取れます。
そして、ミネラルウォーターとの違いについても、次のような結果が出ています。

体温の変化をミネラルウォーターとミネラル入り麦茶とを飲んだ場合に実験すると、ミネラルウォーターでは0.6上昇し、麦茶は1.7度下がったのです。

やはり熱中症には、麦茶の方が適していますね。

まとめ

このように麦茶には、水分補給だけでなく体を冷やしたり血液をサラサラにします。
また、活性酸素を抗酸化作用で断ち切り、熱中症対策だけでなく夏バテの予防にも効果があります。

さらに、胃の粘膜まで保護してくれて子どもや赤ちゃん、妊婦さんも飲めるノンカフェインであるという素晴らしい飲み物です。

熱中症予防や対策には、ぜひ麦茶を試してくださいね。
そして、少しでも暑い夏を安全に快適に乗り切れるようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す