花粉症の症状で鼻がムズムズしたりなどの痛みが出る理由と対処法

スポンサーリンク

 

花粉症の時期になると鼻がつまったような感じになり、ムズムズし時には痛みが出たという方もいるのではないでしょうか。このような症状は、アレルギー性鼻炎に多いものです。

花粉症などで鼻づまりになると息苦しくその症状で、集中することもなかなかできない状態となります。

ではどうしてそのような症状が出るのか、またその対処法についてご説明します。

スポンサーリンク

アレルギー性鼻炎とは

花粉などでアレルギー性鼻炎になるその原因は、抗原抗体反応というものです。スギなどの花粉が空気中に飛散しているとアレルゲンとなる花粉が鼻の粘膜に付着します。

すると抗体が体内に作られて、肥満細胞とくっつきます。

そしてその後に花粉などのアレルゲンが再度侵入することがあるとヒスタミンなどのアレルギー誘発物質というものが、肥満細胞から放出されるのです。

その事が原因となり、鼻水や鼻づまり、鼻のムズムズや痛みといったアレルギー症状を起こします。



スポンサーリンク


アレルギー性鼻炎には

アレルギー性鼻炎には、通年性と季節性のアレルギー性鼻炎があり、花粉症は季節性アレルギー性鼻炎です。

季節性アレルギー性の鼻炎を引き起こすのは、花粉が主な原因となっていていますが、何らかの花粉が一年中飛んでいるので辛いですね。

季節や地域によって異なるのですが、ヒノキやスギが春先、夏にはシラカンバが飛び秋にはカナムグラやブタクサなどが原因となります。

鼻呼吸の大切さ

3a

出典:http://goodluckjapan.com/

花粉症などの原因による鼻づまりなどが起こると人間というのは、大半の呼吸を鼻で行いますのでどうしても体に悪い影響が出ます。

そして鼻が詰まっているからといって口呼吸をするとのどがどうしても乾燥してしまいます。

このように鼻による呼吸は、体にとって大切な機能なのです。

鼻は、空気清浄機の役割を担っています。鼻の中は、粘液で覆われた粘膜と小さな毛とが生えています。

これらの働きで花粉などのアレルゲンをキャッチして、くしゃみや鼻水にして体外に排泄するという役目をはたしています。

これが、鼻が詰まっていると口呼吸になり口には鼻呼吸のようなフィルター機能というものはありませんので、花粉などの異物が体内にそのまま入ってしまうのです。

さらに加湿器の機能もはたしています。乾いた冷たい空気が口呼吸で直接体内に取り入れてしまうとのどは冷えて乾燥してしまいます。

花粉が入ってきた時にもより炎症を起こしやすくなるのです。このような場合に鼻呼吸がきちんとできると鼻を空気が通過する時に適度に湿度や温度が調節できるので、のどや肺にも負担をかけません。

ほとんどの場合、片方ずつ鼻づまりが起き、両方の鼻が同時につまることがないようコントロールされているようです。

それは、少し安心できる機能なのですが鼻サイクルという現象があります。もし鼻の粘膜が腫れると自然と鼻の左右交互に詰まり方が変化します。

どちらかの鼻がつまると通常であれば2時間から3時間おきに自律神経がコントロールして、つまる側と鼻が通る側が入れ替わりのだそうです。

自律神経が正常に働いていれば、そのような機能によって酸素は、脳に送られます。

花粉症の鼻の症状の病型と重症度

花粉症などの鼻の症状というのは、人によって違うのですがその症状をみると病型とか重症度がわかります。

例えば病型としては、くしゃみや鼻水型というものでは、くしゃみや鼻づまり、鼻水が出て鼻水とくしゃみが密接に関わり合っています。

また鼻づまりの症状が他の症状と比較して特に強い場合が鼻づまり型となります。そして両型がほぼ同じように起きている場合には、充全型として分類されています。

症状の強さからの重症度では、くしゃみの1日の発作回数や鼻づまりでは口呼吸の時間、そして鼻水では1日に鼻をかんだ回数などで重症度を測るというものです。

一般的には、花粉症の症状としては鼻づまりや透明でさらっとした鼻水、そして発作的に出る連発するくしゃみなどです。

ただ重症化すると鼻が詰まっていることにより、酸素が脳に行き辛くなり頭痛や体のだるさ、不眠なども引き起こすことがあります。

鼻に症状の出る花粉症対策

3b

出典:https://hitohana.tokyo/

このように悪い影響の出やすいアレルギー性鼻炎ですが、自律神経が関係していることが多いのです。

そのために自律神経のバランスを整えるとつらい鼻の症状も少し緩和されます。

方法としては、自律神経を整えるためにバランスの良い食事をして、十分な睡眠を確保し適度な運動をするということです。

また本格的に花粉が飛散する前に、アレルギー専用鼻炎薬などを先手を打つ意味でも飲んでおくと症状を多少は軽くできるようですよ。

また耳鼻咽喉科を受診して、症状に合った治療を適切に行ないましょう。鼻の粘膜が花粉症で腫れたという場合には、診断を受けてください。

そして鼻づまりを軽く考えないで、治療を開始してください。鼻の粘膜の腫れというのは、自然にはなかなか治りにくいものなのです。

耳鼻咽喉科であれば、腫れの原因などもすぐにわかり適切に対処できます。

アレルギー性鼻炎の治療

鼻の粘膜が腫れているようなアレルギー性鼻炎の治療の場合には、元の原因であるアレルギー自体を治療すれば鼻の粘膜の腫れも少なくなります。

治療法としては、原因となっているアレルギーの原因の元の種類やそれを吸い込んだりした度合いによって異なります。

花粉症というイメ-ジでは、スギ花粉の影響を考えがちですが、先述しましたがイネ科の植物などによる秋の花粉症も実際には多いので、その季節が過ぎたからといって油断は禁物です。

治療方法としては、投薬などによる治療が一般的に行なわれます。

また鼻の粘膜を焼く手術もあります。アレルギー性鼻炎の場合に鼻の粘膜をレーザーなどで焼く治療が実施されます。

焼く方法としては、レーザーや超音波、ラジオ波、アルゴンプラズマなどを使用してそれらの専用の機械などで行ないます。それぞれの手術方法には、それほど大きな差はないようです。

少し怖い感じがしますし大掛かりな手術になるのではないかと感じますが、20分ほどで部分麻酔の時間も入れて終了します。

手術というよりもアレルギー性鼻炎の治療の一環といった雰囲気ですね。

施術の後は、日帰りでもちろん帰れますし仕事などにも支障はありません。手術の日も医師と相談して希望日を指定できます。

子どものアレルギー性鼻炎の場合

3c

出典:http://benesse.jp/

年々花粉症を発症する年齢が低下しているようです。

花粉症に罹る最年少の発症年齢は、現在2歳だそうです。もうアレルギー性鼻炎に子どもだからならないということはないのです。そして子どもでもアレルギー性鼻炎が長引いた場合には、粘膜の腫れも起こります。

口呼吸をすることが子どもの場合には、多いのですが、それが鼻の粘膜の腫れから起きているようであれば治療が必要となります。

小さな子どものうちに口呼吸の習慣がついてしまうと鼻呼吸に戻す時に時間を要します。早めに耳鼻咽喉科等で治療してください。

このように花粉を除こうとして起こる鼻のムズムズや鼻づまり、鼻の痛みは、鼻の粘膜についた花粉に対する免疫反応が原因となっています。

鼻水が出るのは、花粉などの異物を洗い流そうとする働きですので、無理のない範囲で鼻の花粉は出してください。

また鼻を噛みすぎたりして痛みが起きる場合には、もうすでに鼻の粘膜が腫れて鼻の通り道も狭くなっていることが多いのです。

特にモーニングアタックという朝の発作的な鼻炎の症状に、花粉症の方の多くは悩まされています。早めに耳鼻科に行って治療を開始する方が賢明ですね。

というのも上述しましたが、鼻の粘膜が腫れた場合には、なかなか自然治癒しないことが多いからです。

小さい子供の花粉症も増えていますので、症状をよく診て、早めの治療をて口呼吸を治すようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す