2017年の花粉症で薬を飲み始める時期はいつ頃がベスト?

スポンサーリンク

 

花粉症は、日本では国民病と言われるほど多くの方たちが悩まされています。スギ花粉などの春の時期だけでなく、最近では夏や秋に花粉が飛ぶ植物の花粉症も増えている状況です。

このような花粉症の薬はいつ頃飲み始めるのがよいのでしょうか。そのような点についてご説明します。

スポンサーリンク

花粉の飛散の状況

暖冬の影響などから2017年には、花粉の飛散が少し早まるようです。

スギ花粉などの飛散の時期は、全国的にみた場合には2月上旬から中旬にかけて飛び始めて4月中旬頃から下旬頃まで続く予想です。全国的なピークとしては、3月から4月上旬くらいでしょう。

例えば九州地方から近畿地方では、3月の上旬から4月上旬となるようです。中部地方から関東地方では、少し遅くなって3月の中旬頃から4月中旬で

東北地方から北海道では、4月の上旬頃から5月上旬となる予想です。

ヒノキのピークは、約1ヶ月ほどスギ花粉から遅れるのですが、3月から5月頃の間に飛散しますので注意してください。

花粉症は、ピークとなる約1ヶ月間というのは症状が本当に辛いものです。

しかしあらかじめ予防対策をして、薬を早めに飲むなどすると最悪の症状を軽減することができます。



スポンサーリンク


花粉症の予防薬を飲み始める時期

2a

出典:http://www.toshin-fuchu.com/

花粉症の症状がひどい方は、病院などで事前に飲み薬などを処方してもらい、花粉の飛散のピークまでに薬を飲んでおくと症状を緩和できますよ。

では、花粉症の薬を飲み始める時期はいつからがよいのでしょうか。

予防薬を花粉症対策として飲み始めるのであれば、時期としては該当する花粉が飛散し始めて、症状が出始める2週間前頃が効果的だといわれています。

服薬などの治療を花粉症の症状がでる前に始めると、花粉症の症状の発症の時期を遅らせる事もできます。そして症状も軽減できますので、飲み始めの時期を把握して薬を飲む事が重要です。

2017年の花粉症予防の薬を飲み始めるベストな時期

2b

出典:https://kango-oshigoto.jp/

スギ花粉などの春や夏、秋の花粉症の原因となる花粉の飛散予測から薬をいつ飲み始めたら良いのかなどについては、次のようになりますので参考にしてください。

  • スギ花粉・・・関東では1月の中旬頃から飲み始め、九州地方や関西地方では1月の下旬頃から飲んでください。東海地方では2月に入るとともに飲み始め東北では2月の上旬から飲むと効果的です。
  • ヒノキ花粉・・・関東地方では飲み始めるのは1月の下旬頃からで、九州地方では2月中旬頃、また関西地方では2月の下旬がいいでしょう。また東北地方では3月に入る頃で3月上旬に東海地方では飲み始めると効果的です。
  • イネ科の花粉・・・関東地方では4月に入ったらすぐに飲み始め、東北地方では4月の中旬頃に飲み始めてください。
  • ブタクサの花粉・・・全国的に7月の中旬頃から飲み始めるといいですね。
  • ヨモギの花粉・・・8月中旬頃には飲み始めましょう。
  • カナムグラの花粉・・・8月に入ったら飲み始めてください。

花粉症の初期療法が効果的なのは

2c

出典:http://superstar-okura.com/

このように花粉が飛散する前に花粉症の予防対策をすることで、強い花粉症の症状を抑えることができます。

初期療法は、治療薬を服用し始めるタイミングが重要ですので、上述した時期に注意して抗アレルギー成分を含む抗ヒスタミン剤などを服用してください。

該当する花粉に対して花粉症の薬を正しく服用することが、初期療法においては大切です。

医療機関などを受診して、ご自分に合った花粉症の薬を処方してもらい飲んでください。病院に行きにくく市販の花粉症の薬を購入することをお考えの方は、薬剤師に相談し症状や体質に合った薬を求めて飲んでください。

花粉症の薬を飲む場合には、花粉が飛散し始めて諸症状が出始めるおよそ2週間前くらいから服用し始めるのが効果的です。

2017年の花粉の飛散予測などを参考にして、ご自分の体質に合った薬でしっかりと予防対策をしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す