福岡・広島・名古屋・札幌・東京の花粉ピークはいつからいつまで?

スポンサーリンク

 

今回は、日本の主要都市の花粉ピーク状況を紹介します。緯度や経度によってピークは変わりますので、事前に見ておいてください。

スポンサーリンク

福岡での花粉のピーク状況

338c282847df26c4abdc9d54da8c7f5d_s

2016年の春にはそれほど花粉が飛散していなかった九州では、2017年花粉の量が増える予想となっています。

2016年の夏の日照時間は各地とも平年並みか平年よりやや長かったため、2017年の春の花粉量は増える見込みなのです。

特に2016年の花粉の飛散量が少なかった九州では、2016年の1.5倍から2倍と予想されています。2016年の春と比較した場合には、2倍以上になるともいわれています。

7月の雨量が九州では、例年よりも少なかったということが影響して、ヒノキの花粉も予想よりも増加するということです。花粉の飛散量は、九州では3月の上旬から4月上旬に多くなります。

福岡でも同様の傾向となります。

一般的に花粉の飛散量としては、前年の夏の特に7月の日照時間が影響します。日照時間が長いほど、花粉の飛ぶ量は多くなり、前年の花粉量が少なかった地域においては、その翌年は多くなるようです。



スポンサーリンク


広島での花粉のピーク状況

d7b4d1176dff81668f06a73d37ca1d73_s

例えばスギの花粉の飛散量は、2016年と比較すると170%となります。例年と比較すると例年並で普通ということです。

スギ花粉が飛散する期間としては、1月末から4月の初旬頃までで、ピークとなるのは2月下旬から3月下旬頃と予想されています。広島では、2016年の春に比べておよそ2倍以上の花粉が飛散するという予想です。

またヒノキの花粉の飛散時期としては、3月中旬頃から4月上旬頃でしょう。

広島では、花粉の飛散は平年並みかやや早い2月の上旬頃になりそうですね。

その要因として気温が、7月には西日本で高くなり8月は全国的にも高くなりました。日照時間と降水量は、中国地方では平年並みでした。

このような事が影響し中国地方では、花粉の飛散は例年並みとなる見込みですので、広島でも同様の傾向です。

名古屋での花粉のピーク状況

a99563600906f90576646677fdc0940e_s

一番花粉症の要因となっているスギ花粉は、2017年にはどのような飛散状況なのでしょうか。

東海地域のスギ花粉の飛散量としては、2016年と比較すると160%で多くなる予想です。

また例年よりは90%でやや少なく花粉飛散の期間は、1月末頃から4月の初旬となります。スギ花粉のピーク時期は、2月下旬頃から3月中旬頃になり4月中旬頃まで飛散する予想です。

名古屋でも同様の花粉の飛散状況となるでしょう。

2017年には、暖冬の影響が出て花粉の飛散のピークも少し早くなる予想です。しっかりと予防対策をしてください。

花粉症の薬を飲み始めるのであれば、予防薬は2月に入るとすぐに開始すると花粉対策としては効果的です。

北海道での花粉のピーク状況

52c0a0e2c1a89e1f12676ec6f246346b_s

本州と異なり花粉が比較的少ないのが北海道です。しかし寒冷地の特性で家屋も気密性が高く、寒さのために換気で窓を開けることも少ないのですが、花粉症の患者は増加しています。

シラカバが北海道には自生しており、それが原因のアレルギー性鼻炎が多いからです。

北海道では、アレルギー性鼻炎でも通年性のものか、シラカバによる花粉症の可能性が高いようです。札幌でも同様の傾向があります。

カバノキ科のシラカンバ属の花粉は、北海道では4月から6月頃に飛散します。また春にはスギやハンノキ、イネ科の花粉も6月には少しの量ですが飛散します。

スギ花粉の飛散量としては、2016年と比較すると50%程度で少なく、例年と比べても非常に少なく30%程度と予想されています。そしてスギの花粉が飛散する期間としては、3月の初旬から4月末頃で、ピークとなるのは3月の中旬から4月初旬頃となります。

このように北海道では、2017年の春はスギの花粉の飛散量としては少ない見込みですので、札幌も少ないでしょう。

ただ、北海道では日照時間が多かったことや降水量が7月から8月にかけて多かったことが、他の種類の花粉の飛散量に関係するのではないかと心配されています。

低気圧やその前線、台風の上陸や接近などが影響してこの夏の降水量は、雨量等の統計の開始以来で1位となっているのです。

花粉の飛散には注意して早めの対策を講じてください。

東京での花粉のピーク状況

ae42b60b5ba5c3887942d5eb1bb12018_s

2017年度では、スギ花粉はどれくらい飛散するのでしょうか。関東では、去年はスギ花粉が飛散した量は70%でやや少なめでした。2017年は、スギ花粉が飛散する量としては、昨年よりもやや多い80%です。

それでも過去のデ-タから見るとやや少ないという状況です。

スギ花粉の飛散期間は1月の末から4月初旬にかけてとなります。そのピークとなる時期は、2月の下旬から4月初旬です。

この理由としては例年よりもやや花粉が少ないのは、関東では台風や湿めり気の多い空気などの影響によって雨や曇りの日が多くなったことが影響しています。そのために飛散量としては平年よりは花粉が飛ぶ量としては、少ないという予想なのです。

このように東京では1月下旬頃から、スギ花粉の場合には飛散し始めます。花粉症の症状としては花粉の飛散頃から出始めて、4月に入れば飛散量が減少してきますので、それとともに花粉症の症状としても治まってくるでしょう。

2017年は、花粉症の対策も通常レベルでの対処を行えば良いでしょうね。

スギ花粉についてまとめますと東京で飛散する時期は、早いと2月上旬には飛散し始めて、スギ花粉のピークとしては2月初旬から4月末の時期となります。遅い場合には6月上旬頃までスギ花粉が飛散します。

そのような予想から花粉症の薬は、予防薬を飲み始めるのであれば1月の中旬頃から飲み始めてください。

症状をみながら5月頃まで服用を続けてもらえれば効果的だと思います。

大阪での花粉のピーク状況

c065bd80a4db878361298a63dec8eb92_s

近畿地方では、雨が多く猛暑日も続きました。そのため2016年に比べると花粉の飛散は2倍以上となるようです。特に2017年の京阪神では、4年ぶりに花粉が大量に飛散するといわれています。

スギ花粉の場合には、2月の上旬頃から飛び始め、ピークとなる時期は2月の下旬から3月末になる見込みです。そして4月の中旬頃まで花粉は飛散しています。

前年に比べるとスギ花粉の飛散量は、非常に多く360%で例年に比べても130%のやや多いという状況になります。

関西では、ハンノキの花粉が3月に多く飛散し、4月になるとヒノキの花粉量も多くなる予定です。春先の花粉の飛散についてはよく注意されると思いますが、秋になってブタクサやヨモギにも注意が必要となります。

大阪でもこのような状況になるものと予想されています。

もし花粉症の薬を予防的に飲み始めるのであれば、1月の下旬から飲み始めると花粉対策としても効果を発揮しますよ。

スギの飛散状況

c9ebabb8fcd011b96c58f21442f9cb6a_s

九州のスギ花粉の飛散量としては、2016年に比べると非常に多い状態で270%増になります。例年と比較しても110%でやや多いとなっています。

スギ花粉の飛散期間としては、1月末頃から4月初旬となっており、ピークの時期としては、2月の中旬頃から3月中旬となります。

そしてスギ花粉は、3月下旬頃まで続きます。スギの飛散の開始に関係するのは、その前年の都市の11月からの気温に左右されるといわれています。

例えば気温が11月から12月に低くなると、スギの雄花は休眠からさめてしまいます。その状態で1月以降の気温が高くなると、花粉の飛散の開始が早まるのです。

2016年の秋からはラニーニャ現象が発生しましたが、このような年には暖冬になることが少ないので、雄花は休眠から覚醒することになりそうです。福岡でもこのような傾向になります。

花粉症の薬を予防のために飲み始めるのであれば、1月の下旬頃から飲み始める方がいいでしょうね。

ヒノキの飛散状況

d570ddb93491ad48f4a657e7ae0fdea2_s

ヒノキの花粉は2月の初旬から飛び始め、花粉のピーク時期としては3月上旬から4月上旬になる予想です。ヒノキの花粉は、4月の中旬頃まで飛散しそうです。

予防として花粉症の薬を飲み始める方は、2月の中旬頃から飲み始めると効果的ですね。

花粉の飛散量が多くなる時間帯

3c

1日の中で花粉が飛ぶ量が多くなる時間帯としては、特に昼前後と日没後となります。

昼前後が多くなる理由としては、午前中に気温が上がってきて飛散した花粉が都市部に流れ込みアスファルトの場合には、車の走行などでさらに飛ばされるためです。日没後では、上空に留まっていた花粉が気温の変化で地上に落ちてくるため、そのような傾向となります。

このように花粉症を誘発する花粉の飛散状況は、上述のようになりますが花粉が多い期間や多い日多い時間なども予測されています。

さらに花粉症が流行する時期が近づくと、気象庁やさまざまな機関などから予測情報がより正確に発表されますので、注意して情報をキャッチしてください。

貴方の地域での花粉の種類や飛散量を知って、ご自分の症状と合わせて早めに予防対策をすることで症状も軽く押さえられます。

少しでも辛い花粉症の時期を、楽に乗り越えられるようにしてください。

花粉症には早めの対策

スギやヒノキの花粉がピークが過ぎた後には、イネ科などの花粉が飛び始めます。そのような点からも気をぬかずにしっかりと花粉対策や予防をすることが重要です。

花粉症には、薬などの対策もあるのですがご自分で行うセルフケアもライフスタイルに合わせて開始してください。

食生活

花粉などのアレルギーの症状を軽減するには、食生活を規則正しいものにする必要があります。お菓子やお酒などは控えて、もちろん暴飲暴食も避けて負担を体にかけないようにしてください。

例えば野菜やお茶などをたくさんとって、体にとって栄養バランスの良い食事をしてください。青汁やてん茶、ヨーグルトなどの乳酸菌が入っている食品も良いと言われています。

>>花粉症に乳酸菌・ヨーグルト・カルピスが効果的な医学的理由とは?

花粉症の薬と併用しながら、ご自分の体質に合った食品を選んで気長く続けてください。

生活習慣

よく言われていることですが外から帰った場合には、服をよく払って花粉を落とし洗顔やうがいを徹底してください。花粉の飛散が多いと予想された日には、服装でもツルツルとした素材で花粉が落ちやすい服を選んで着ることをおすすめします。

症状がひどい場合は、市販薬などで症状を押さえるのもおすすめです。

>>花粉症に効くと言われる目薬・市販薬・サプリメント15選【2017年版】

福岡では花粉の飛散状況は、1月末頃から始まりそうです。

上述した内容の対策を実践し体を適度に動かして早寝早起きなどを心がけて、体調管理もしっかりとしてください。

このようなことで花粉症の辛い症状を多少緩和できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す